FC2ブログ
ADMIN TITLE LIST
 久々に中町信を一冊。ものは『榛名湖殺人事件』。
 1986年に刊行された作品で、当時人気のあったトラベルミステリにあやかって、それらしいタイトルはつけられているが、もちろん中町作品ゆえそこらのトラベルミステリと一線を画しているのは言うまでもない。

 榛名湖殺人事件

 こんな話。駅の階段から転落して入院中の“私”有馬悦子は、深夜、謎の侵入者によって危うく殺されそうになる。犯人の手がかりは、先の欠落した指が二本あったこと、手紙を“私”から受けとったという犯人の言葉だった。
 命を狙われる覚えもない“私”だったが、そんなとき以前に勤めていた開堂商事の元同僚・城井広子から電話がかかってくる。それはかつて開堂商事が原因となって起こった、ある事件についてであった。
 開堂商事は金持ちの老人を騙して金(きん)を売りつける悪徳商法で知られていた。それが社会問題になろうとする頃、会社はお客である老人たちの矛先を収めさせるため、彼らを榛名湖の温泉ホテルに招待して言いくるめる作戦に出る。ところがそのホテルが火災を起こし、同じ会社に勤めていた悦子の姉やスーパー営業ウーマンの大和田浪江をはじめ三十人あまりが死亡したのだ。
 城井広子はこのとき死んだ大和田浪江が火事ではなく、誰かに殺されたのだと考えていた。そして、とうとう犯人と思われる人物を突きとめ、犯人にあてて告発状を送ったのだが、文面をぼかして書いたため、間違って犯人が悦子を襲うかもしれないから注意しろというのだ。
 果たして“私”を襲った男は、大和田浪江を殺した犯人なのか? 姉の死因にも疑問をもった“私”は当時の関係者の話を聞こうとするが、その矢先に城井広子も殺されてしまう……。

 なんだか長い粗筋になってしまったが、まあ、これはほんの触りである。ネタバレに影響ない範囲で少し続けると、城井広子に代わって“私”が調査を進めていくというのが大きな流れであり、調査によって新たな推論が生まれ、そこから新たな容疑者が浮かび上がる。ところがその容疑者もまた次々と殺されていくという寸法である。
 その際に残された手がかりによって、“私”だけでなく読者をも誤誘導させていくのがミソであり、著者の腕の見せどころでもある。もちろん“私”が襲われる件という思わせぶりなプロローグも当然ながら仕掛け満載であり、中町ファンであれば、この一点だけでも読む価値はあるだろう。

 ただ、引っかかる箇所もちらほら。特に“私”というキャラクターには難があって、彼女は開堂商事でテレホン嬢、いまでいう電話セールスとして勤めていた女性だ。立場上、会社の実情についてそれほど詳しくなかったとはいえ、トラブルが明るみになった今もそれほど罪悪感を感じておらず、自分の獲得したお客は二、三百万ぐらい無くなっても平気なお金持ちだったから問題ないとまで宣う始末。あまりにヒロインらしくないセリフに思わずのけぞってしまった。
 また、初っ端から男に襲われているというのに、その後の調査ではけっこうな頻度で怪しい男と二人きりになるなど、あまりにも脇が甘いところもある。自らが犯人だと指摘した男の誘いに乗って旅行に出るというのは、婦人警官の囮捜査じゃあるまいし、いくら何でもあり得ない。
 中町作品は基本的にパズル性重視であり、人間ドラマにはそこまで重きは置いていないのだけれど、ときどきこういう無神経な描写があるのはいただけないところである。

 まとめ。上にあげたような納得いかない部分もあり、初期傑作群に比べればやはり一枚落ちるのは否めないだろう。とはいえ推理小説としての要素だけを見れば決して悪くない作品であり、中町作品の特徴もしっかり感じられる。中町ファンであれば押さえておきたい一冊である。


テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌


 坂口安吾の『不連続殺人事件』を読む。これがおそらく四度目ぐらいの再読である。新潮文庫で復刊されたのを機に久々に読んでみたのだが、やはりこれは傑作としか言いようがない。パズルやゲームとしての本格探偵小説を愛した坂口安吾は、読むだけではおさまらず、本作をはじめとしていくつかの探偵小説を残したが、やはりそのなかにあっても『不連続殺人事件』は別格でああろう。

 山中深くで酒造業を営む歌川家。その跡取り息子にして詩人の歌川一馬があるとき東京を訪れ、私(友人の作家・矢代)に、一夏をこちらで過ごさないかと声をかけてきた。
 もともと歌川家には疎開だったり何かと親交のある者が集まってはいたが、それに応じられない理由が私にはあった。私の妻・京子はもともと一馬の父・多聞の妾であり、それを強奪する形で結婚していたからだ。しかし、数日後、一馬から犯罪を予期させるような不吉な手紙が届き、止むを得ず私は京子、そして素人探偵として仲間内で知られる巨勢博士を伴い、歌川家を訪れる。
 だが、そこに集まっていたのは日頃からトラブルの種を播いてばかりいるような、素行不良の文人画人の面々。果たして悲劇の幕が開いた……。

 不連続殺人事件

 読めば読むほど面白くなる探偵小説もそうそうないが、本作はその数少ない例外。初めて読んだときこそ登場人物たちの多さと彼らの言動の破天荒さ・淫猥さに辟易したのだが、読むたびにその真価がわかり、凄い作品であることを実感できる。
 だいたい今挙げた登場人物云々にしても、それ自体がまさしく安吾の狙いであったのに、そこを汲み取れないこちらの甘さ、理解の低さ、加えてそれを楽しめない人生経験の未熟さがあった。

 何より凄いのは、安吾があくまで謎解きゲームとして本作を書き、犯人当ての懸賞までやっている作品だというのに、ゲームゲームしたところがなく、むしろそういうところを超越した愛憎邪淫のドラマとしての面白さを持っていることだろう。
 それなのに最後にはきっちり本格探偵小説としてすべてをクリアにさせる。まさにオールタイムベストテン級。こんな幸せな作品は数えるほどしかない。

 あ、そういえば映画版は観ていなかったな。あの人も重要な役で出ているし、これもそのうちに。


テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌


 本日の読了本はアメリア・レイノルズ・ロングの『死者はふたたび』。先月に読んだ本邦初紹介の『誰もがポオを読んでいた』に引き続いての一冊。

 私立探偵のダヴェンポートは、「溺死した夫の名前を名乗る男が現れたので調査してほしい」という依頼を受ける。死亡したはずの夫は映画俳優のブルース。依頼人は妻のリンダである。
 指定されたホテルに赴いたダヴェンポートだったが、リンダはそこで「男はやはりブルースだった」と話し、依頼を取り下げられてしまう。納得のいかないダヴェンポートだったが、夫妻をよく知るキンケイド医師から思いもよらない秘密を打ち明けられる。実はブルースの生死は彼の遺産の行方が大きく影響するため、ブルースを名乗る男はそのために雇われたのではないかというのだ。
 あらためてキンケイドによって依頼を受け、調査を再開するダヴェンポートだったが、遺産相続に関係する女性と車にいるところを襲われ……。

 死者はふたたび

 『誰もがポオを読んでいた』の解説で、著者は“貸本系アメリカンB級ミステリの女王”である、みたいなことが書かれていて、思わず納得するぐらいの面白さはあったが、本作もけっこう頑張っている。

 前作とは一変して、こちらでの主人公は私立探偵。しかも軽ハードボイルド調の一人称というスタイルである。したがってストーリーとしては一本道ながら、名乗り出た映画俳優が本物かどうかという興味に加え、殺人事件の犯人探しもあるため、決して単調な感じにはならない。むしろプロットは意外に凝っていて、しっかり構成されているという印象である。
 ラストはスレたミステリマニアなら予測の範囲内だろうが、うむ、貸本をメインに書いていた作家さんがこれだけやってくれれば十分でしょ。

 惜しむらくは軽ハードボイルド調というそのスタイル。“軽”という但しは付くにしても、文章が平易すぎること(つまりキザさが足りない)、主人公の言動がけっこう日和っていることについては、ハードボイルドとしてはかなり不満が残る。ハードボイルドは内面も重要だが、実はスタイルこそ第一義だったりするわけで、そういう意味では残念である。
 まあ、この点についても貸本系B級ミステリということであれば、そこまで目くじら立てることではないのだけれど。

 ということで不満もあるが、全体としてはよくできた作品である。他の作品も紹介されれば、ぜひ続けて読んでみたいところだ。


テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌


 R・オースティン・フリーマンの『キャッツ・アイ』を読む。ソーンダイク博士シリーズの長編としては六作目にあたる。かつてROM叢書で同人版として訳出されたものが、全面的に改訳され、ちくま文庫版として刊行されたものである。

 まずはストーリー。弁護士のアンスティが帰宅中のこと、助けを求める若い女性ウィニーの声が闇夜に響き渡った。急いで駆けつけたアンスティの目前には、激しく争う男女の姿があった。男は逃走するが、女性は腹部をナイフで刺されており、アンスティは彼女を近くの屋敷に運び入れる。ところがその屋敷でも主人が殺害されており、どうやら同一人物による強盗の犯行と思われた。だが、被害者の弟ドレイトンは納得せず、捜査をソーンダイク博士に依頼する。

 キャッツ・アイ

 ソーンダイク博士シリーズといえば、鑑識や指紋といった当時としては目新しい科学的捜査を盛り込んだこと、また倒叙という形式を生み出したことなど、特に注目すべき点がいくつかあるのだが、結局はロジカルな興味をきちんと満たした本格探偵小説であることが最大の特徴といえるのではないか。
 ソーンダイク博士ものはこの二十年ぐらいで十作近くの長編が訳されており、なかには地味なストーリーだったり、やや冗長な場合もあったり、あるいは科学知識を多用したがために今読むとかえって古く感じるなどの欠点もある。管理人もソーンダイクものの長編を読み始めた頃にはそういう印象をもったこともあったのだが、今はむしろそういう部分はあまり気にならない。先にあげたようにソーンダイク博士ものの魅力は、いずれの作品においてもロジカルな興味を最優先としたところにあり、だからこそ派手さはなくても良い本格探偵小説を読んだという気持ちにさせてくれるのだ。

 本作でもお得意の指紋に足跡や毛髪の謎、たびたび姿を見せる怪しい人物の正体、暗号など、とにかく様々な手がかりやギミックが出てくるのだが、これらがラストの謎解きにおいてきれいにつながるところは、まさに本格探偵小説の醍醐味である。
 加えて本作では、新聞連載ということもあってかストーリーもいつになく躍動しており、語り手のアンスティやヒロイン格のウィニーがアクションパート&サスペンスパートをしっかり盛り上げるなど、読み物としても十分に楽しいものになっている。ともすると人間味のなさを指摘されるソーンダイク博士だが、著者としては別に主人公格のキャラクターを置くことで全体にバランスをとったのではなかろうか。

 とりあえずこれまで出たソーンダイク博士シリーズのなかでは文句なく上位にくる作品。翻訳ミステリやクラシックをなんとなく敬遠している人にも、ぜひ試してもらいたい一作である。
 なお、訳者の渕上痩平氏はSNS等でソーンダイク博士ものの短編全集?を匂わせるような発言もしており、これもぜひ実現してほしいものだ。


テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌


 西荻窪の古書店、盛林堂書房さんへ出かけて、予約してあった渡辺啓助『悪魔館案内記』、ヘイワード『パスカル夫人の秘密』を回収し、ついでにルヴェル『遺恨』、フットレル『思考機械【完全版】第一巻』も購入する。今月はまだ論創社やミステリー・レガシーもあるし、そうそう『金時計』も届く予定なのだ。
 古書店へ行かなくとも新刊や同人でいろいろレアなところが買えてしまうというのは嬉しくもあり恐ろしくもあり。本当にいまは令和なのかという不思議でもある。

 で、その帰りになんとなく多磨霊園へ寄って乱歩と大下宇陀児のお墓を参ってくる。実はGW中に親戚の法事で多磨霊園へ出かけたのだが、そういえば、ここ何度か来ているけれど、乱歩のお墓とか見たことがなかったなぁということで。

多磨霊園1
▲とにかく広くて車がないと移動は厳しい。写真は大下宇陀児の墓付近


多磨霊園2
▲江戸川乱歩の墓前。平井家の墓だが、右手前には江戸川乱歩の石碑が


多磨霊園3
▲その乱歩の石碑がこちら


多磨霊園4
▲こちらは大下宇陀児の墓前。本名の木下家のお墓


多磨霊園5
▲大下宇陀児の墓であることが記されているが、石碑の色のせいでかなり読みにくい

テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌


 湘南探偵倶楽部さんが復刻した楠田匡介の『都会の怪獣』を読む。小学館の学習雑誌『小学六年生』 で昭和二十七年四月号~二十八年三月号にかけて連載された探偵小説である。

 こんな話。ニューヨークへ赴任することになった外交官の石井氏が、家族とともに東京駅を発とうとしていたときのこと。石井氏の娘、由子が発車寸前の列車から消失するという事件が起こる。さっそく田名見警部を筆頭に警察も駆けつけ、由子の捜索が始まったが、あとにはなぜか首吊り死体を模した人形が見つかるだけであった。
 そんななか、由子の捜索に協力した良夫少年は列車内でダイヤらしきものを発見する。しかし、それも帰宅中になぜか消え失せ、しかも家には「石を捨てろ」という脅迫文が届き、さらには「自分は殺される」という助けを求める電話がかかってくる。果たして何が起ころうとしているのか……。

 都会の怪獣

 ううむ、これは何というか、とにかく荒っぽい(笑)。とにかくストーリーが乱雑すぎて、本当に途中まで何が起こっているのかよくわからないのである。
 子供向けの連載という性質上、次号に興味を繋げるよう意識しているのはわかるが、肝心のストーリーが繋がっていない。それでも当時の子供たちはわからないなりに楽しんだとは思うのだが、正直ここまでとっ散らかったストーリーは当時としても珍しいのではないか。そのくせ犯人だけはけっこうわかりやすいという(苦笑)。
 連載とはいえボリューム的には中編レベルなので、プロットをそれほど練らず、けっこうぶっつけで書いた可能性もあるかも。

 ただ、こういうものも含めて読まないと、それこそ当時の子供向け探偵小説の実像はわからないわけで、復刊自体は今後もどんどん続いてくれるとありがたい。
 本作でも見どころというほどではないかもしれないが、登場人物の「田名見警部」が大人向けのシリーズ探偵「田名網警部」と同一人物なのか気になるところだし、序盤の少女消失トリックなどは著者らしいといえば著者らしいネタである。また、「怪獣」の扱いが意外とストレートなのもちょっと驚きであった。

 湘南探偵倶楽部さんの復刻した楠田匡介の子供向け探偵小説はもう一冊、『深夜の鐘』があるが、どうやらこちらも良夫少年のシリーズ作のようだし、今からドキドキであるな(笑)。

テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌


 令和最初の読了本は、ピエール・ルメートルの『監禁面接』。
 まずはストーリーから。
 企業の人事部長だったアランが失業してはや四年。六十歳を目前にしてアルバイトで糊口をしのぎながら職探しを続けているが、年齢もあって思うようにはいかず、家族とも気まずくなりがちな日々だ。
 そんなアランについにチャンスがやってきた。一流企業の最終試験に残ったのだ。しかし、その試験内容は驚くべきものだった。
 就職企業先の重役会議を襲撃し、重役たちを監禁して尋問せよというのだ。
 そこには重役たちの危機管理能力と、採用試験を同時に行うという意図があったが、あまりに馬鹿げている。妻の反対を受けるアランだったが、仕事はどうしてもほしい。アランはこれまでの経験をフル動員して就職企業先を調査して対策を進めるが……。

 監禁面接

 カミーユ・ヴェルーヴェン警部シリーズが終わってノンシリーズの作品が続いているルメートルだが、本作は『その女アレックス』以前に発表された初期の作品である。カミーユのシリーズ化をはじめ、いろいろと模索していた時期だったとは思うのだが、その根底に流れるのは社会や犯罪によって押しつぶされる人間の姿だ。
 ただ、ルメートルの場合、そういったメッセージをストレートに伝えるのではなく、ミステリという枠をこねくり回してエンターテインメントとしても最高のものにしようとする姿勢がいい。

 本作でも高い失業率と就職難に苦しむフランスを舞台に、その状況が人を圧迫してゆく様子を描いているが、その描き方がなんとも突飛で痛快。
 企業を襲撃して重役を監禁・尋問するという就職試験。企業のコンプライアンスや倫理観はどうなっているのだという疑問は当然ありつつ、主人公アランがその難問をどう突破するのかというドキドキ感はなかなか類を見ない。
 しかもその襲撃シミュレーションが思いも掛けない結果を生み、さらにはその後の予想もしない展開。二重三重の仕掛けが施されているのは見事としかいいようがなく、あまりに強引なストーリー展開に少々あきれながらも、ここはその力業を堪能するのがよい。
 最後は必ずしもすべてがハッピーに終わるわけでもないけれど、これがまたフランスミステリっぽい印象を残し、まずは極上のエンターテインメントといってよいだろう。


テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌


 平成最後の読了本はカトリーヌ・アルレー『犯罪は王侯の楽しみ』でありました。ということで令和最初のブログ更新はカトリーヌ・アルレー『犯罪は王侯の楽しみ』の感想から。

 こんな話。引退を間近にひかえるロンドン警視庁のCID長官のスコット。そんな彼の自宅へ大富豪のウィリアム・ウィスランドが突然やってきた。ウィスランドはより刺激を求めて強盗を計画することにしたので、スコットに協力してくれと依頼する。初めは冗談だと思ったスコットだが、旅行中の娘サマンサがすでに誘拐されたことを知らされ、協力を拒否すればその命は保証できないという。
 悩むスコットを尻目に、着々と計画を進めるウィスランド。彼は完全犯罪を実行するため、絶大な権力と資金をもとに仲間を集めるが、そこにはなぜか自殺志願者の求人までが含まれていた……。

 犯罪は王侯の楽しみ

 アルレーの作品は、こちらが想像するフランスの心理サスペンスをいつも変な角度で超えてくる。とにかく妙な趣向の作品が多いのだけれど、本作もなかなかユニークな設定だ。
 一応は倒叙ものというスタイルなので、興味の中心は当然、その完全犯罪がどのようなものかというところになる。警察の重要人物を脅して情報を入手し、さらには金と権力にものをいわせて実行犯を集め、強盗計画が遂行される……これだけでもサスペンスとしてはまずまず面白いのだが、とはいえこれぐらいだったらまだ想定範囲内。
 アルレーの本領が発揮されるのは終盤に入ってからだ。
 ウィスランドの妻と自殺志願者のやりとり、最終的に明らかになるウィスランドの狙い、そして、その結果としての皮肉な結末。さすがはアルレーと唸るしかない。
 通常のミステリ作家だとやはり完全犯罪の技術的な部分に神経を集中させると思うのだが、アルレーはそこに人間の愚かさや哀しさを盛り込んでいく。というか、アルレーの興味は結局そこに行き着くのだろう。

 ただ、ラストのサプライズも含めアルレーらしいドラマは楽しめるものの、本作は弱点もまた多い。
 まずは完全犯罪という割には犯行計画が粗いこと。共犯者の多さ(しかもアマチュア)や証拠の多さだけでも相当に脆弱だし、計画も大雑把。これは普通に警察が捜査すれば、けっこう簡単に逮捕までもっていけるレベルではないか。
 先に書いたように、アルレーの意図がおそらくそこにはないのだけれど、ラストをより効果的にするためにも、もう少し完全犯罪も練ってほしかったところである。

 もうひとつの弱点は重要な登場人物であるはずのスコットが中盤からメインストリームを外れ、その存在感を失ってしまうこと。彼こそがこの物語、犯罪計画の大きなポイントだと思っていたのだが、そういったスコットからのアプローチは本作にはほとんどなく、あっさりと実質的に退場してしまうのである。
 ついでにいうなら娘のサマンサも出だしは面白いキャラクターなのだが、これまた中盤以降は精彩を欠いてしまう。

 そういった弱点の結果、本作はアイデア自体はかなり面白いが、そのアイデアを存分に活かしきれなかった作品といえるだろう。アルレーの作品はどれもコンパクトにピシッとまとめるところがいいのだけれど、本作ばかりはもう少し膨らませるべき点があったようだ。惜しい。


テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌


 昨日、わざわざ高崎まで行って「ミステリー小説の夜明けー江戸川乱歩、横溝正史、渡辺啓助、渡辺温ー」展を鑑賞したせいか、今のうちに近場で行けるものは行っておこうという気持ちになり、本日は六本木の森美術館で開催されている「ムーミン展 THE ART AND THE STORY」を訪問する。

 ムーミン展内観

 メインは作者トーベ・ヤンソンが残した原画、スケッチの類。ムーミンの全著作ごとにそれらの絵を展示するという構成で、とにかくその膨大な数に圧倒される。
 トーベ・ヤンソンの原画は過去にも何度か展覧会で見たことがあるが、基本的に挿画として描かれたものが多いせいか小さいスケッチがとにかく多い。だが、その不満を埋めてくれるのが膨大な数なのである。しかも今回は著作の発表順に展示してあるので、ムーミンのデッサンがどういう具合に変化していったかもよくわかり、ナイスな構成である。
 また、イースターカードやアドベントカレンダー、銀行の広告などに描かれたムーミンの原画というのもボーナストラック的で実によい。実際、この類は初めて見るものばかりで大満足であった。

 ついでに書いておくと図録も素晴らしい。判型はやや小ぶりながらも上製本312ページ、綴じ込みまであって2千円はかなりお買い得だろう。だいたいムーミングッズはいつも割高感があるのだけれど、今回はかなり頑張ったといえるだろう(笑)。あと、昨日の「ミステリー小説の夜明け」展の図録がひどかっただけに、余計よく見えるところはあったかもしれない(苦笑)。

 ムーミン展パンフ&図録


 少しはゴールデンウィークらしきことでもと思い、天気がよかったので高崎まで車を飛ばす。目的は土屋文明記念文学館で開催されている企画展「ミステリー小説の夜明けー江戸川乱歩、横溝正史、渡辺啓助、渡辺温ー」展である。

 「ミステリー小説の夜明け」展

 最初は探偵小説と土屋文明もしくは群馬県との関連がわからず、「なぜここで探偵小説の企画展が?」と思っていたのだが、公式サイトなどによると、渡辺啓助が昭和二十年代に二年ほどを群馬の渋川で過ごし、そこで執筆や地元有志らとの同人活動を行なっていたらしい。なるほど渡辺啓助はわかったが、じゃあ実弟の渡辺温や乱歩、正史はどうなんだという話で、どう考えても渡辺啓助ではもたないから無理やり関係ある作家を引っ張ってきて、「ミステリー小説の夜明け」としてまとめた感は無きにしもあらず(苦笑)。
 まあ、堅いことは言いますまい。乱歩や正史クラスならともかく、渡辺啓助や渡辺温がこういう文学展で取り上げられること自体なかなか珍しいので、ここはありがたく鑑賞させていただく。

 展示内容はごくオーソドックスな文学展仕様である。作品が収録された雑誌や著書、直筆原稿などが中心だが、企画展そのものの規模が圧倒的に小さく、また、乱歩や正史関連ではほぼ新味がないのが残念。
 とはいえ先ほども書いたように渡辺兄弟関係のの展示は珍しく、そこがチェックポイントか。特に渡辺温の直筆原稿を生で見たのはおそらく初めてかもしれない(兄とは異なり、けっこう可愛い字を書く)。他では渡辺啓助のラジオ番組出演時の音声が面白かった。

 ということで展示内容については不満はいくつかあれど、まあこんなものだろうとは思うのだが、図録だけはお粗末だった。たった12ページ、しかも中身もパンフレットレベルで、これで金を取りますかというレベル。せっかく関係各位に協力を取りつけて実現した企画なのだろうから、もう少し内容と価格についてきちんと相場感を勉強してもらいたいものである。というか関係各位はこの図録の監修とかにはタッチしなかったのかしら?

 「ミステリー小説の夜明け」展パンフ

テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌



| HOME | Next

Design by mi104c.
Copyright © 2019 探偵小説三昧, All rights reserved.
ネット小説