FC2ブログ
ADMIN TITLE LIST
 マイケル・コナリーの『汚名』読了。
 薬局の経営者とその息子が店で銃殺される事件が起き、その裏には薬局を舞台に暗躍する麻薬組織の大掛かりな薬物犯罪があった。ボッシュは正義を貫いたが故に殺された青年の無念を思い、自ら命をかけて潜入捜査を試みる。
 一方、ボッシュが過去に解決したはずの事件に、今頃になって新たな証拠が出たという。しかもそれは冤罪どころかボッシュの証拠捏造にまで話は及ぶ。ボッシュの刑事生命の危機にリンカーン弁護士ミッキー・ハラーも力を貸すが……。

 汚名(下)

 いやいや、これはいいじゃないか。最近のハリー・ボッシュものの中では一番好きかもしれない。
 正直、完成度やサプライズだけでいうなら、シリーズ前作の『訣別』やその前の『贖罪の街』の方が上であろう。本作は謎解きに関してはそこまで驚くようなネタはない。むしろ、これまでの作品が本格ミステリでもないのにサービス過剰であったのだ。その点、本作はむしろ本来のハードボイルド・警察小説というジャンルに寄り添った物語となっている。

 構造としては、最近の作品に非常によく見られる二つの事件を並行して進めるパターンである。著者がなぜ、この形にこだわるのか、まったくの想像ではあるが、二つの理由が考えられる。
 一つはテイストの異なる事件を絡めることで、ストーリーをより複雑にし、盛り上げるため。緩急もつけやすいし、二つの事件が最後にどう交わるのかという必殺技(笑)を使えるのも魅力だろう。二つの並行する事件を描くミステリは、たいていこれが大きな理由である。
 コナリーの場合、理由はもう一つあるように思う。それは人物像の深堀りのためにどちらかの事件を使うためである。つまり主人公なり重要な人物の内面を描くために、あえてもうけた事件といってもよい。この場合、もう一方の事件がどうしてもサイドメニュー的になりがちだけれど、コナリーほどの小説巧者になると手は抜かず、両事件に主従の差はほとんど感じさせないのが見事なところだ。

 本作に関しては、二つの事件をそれぞれ派手な警察小説、地味な法廷小説という具合に位置付け、しかも前者で生命の危機、後者で刑事生命の危機という難局を設けるなど、まずは対比が鮮やか。
 加えてストーリー的には一方で、正義にこだわるボッシュの姿を描きつつ、もう一方の過去の事件に関しては、その正義(そして刑事という職業)に対する誇りが、どの程度、家族や仲間に理解されているかというところまで見せてくれる。ボッシュの信じる正義とはどういうものか、もちろん長年の読者はボッシュを信じているけれども、本書でボッシュの魅力にあらためて感じいる人もいるのではないだろうか。

 まあ、こんな解釈をしてみたものの、要はストーリーが実に面白い一冊なのだということ。若干、上巻でのボッシュに余裕がありすぎる嫌いはあるけれど、下巻はのっけからノンストップ。ボッシュの潜入捜査や飛行機内でのアクション、生還後のトラブルに至るまで息つく暇もない。しかも二つの事件のクロスもなかなか予想外の手を使っていて、こちらもニンマリ。さらには、それすらが緻密なプロットの為せる技であることがラストでわかり、もう悶絶である。オススメ。

 ちなみに本作は次作『素晴らしき世界』へつなぐ役割も果たしていて、こういう趣向もまた面白い。


テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌


 マイクル・コナリーの『汚名』をとりあえず上巻まで読む。
 前作『レイトショー(上・下)』は新キャラクターの女性刑事レネイ・バラードが主役を務めたが、本作はお馴染みハリー・ボッシュの返り咲きである。
 他のキャラクターとの共演やカメオ出演みたいなものまで含めると、いったいこれが通算何作目のボッシュ登場作品になるのやら。面倒なのでいちいち数えはしないけれど(笑)、おそらく二十作はくだらないはずだ。読み捨て前提みたいな読み物ならともかく、この質をキープしてここまで書き継ぐコナリーの剛腕には驚くばかりである。

 汚名(上)

 本作は二つの事件の捜査が並行して進むスタイルである。一つは薬局の経営者とその息子が店で銃殺される事件。もう一つの事件は、ボッシュが過去に解決したはずの事件だ。今頃になって新たな証拠が出たという話だが、裏にはボッシュを陥れようとする企みが感じられた……。

 これまで修羅場という修羅場を潜り抜けてきたボッシュだから、このぐらいの事件ではなんだか余裕が感じられる(いや、十分に深刻ではあるのだが)。それはそれで心地よい部分もあるけれど、同時に寂しさもあり、やはり時の流れを感じずにはいられない。
 下巻の感想に続く。


テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌


 久しぶりのカー読破計画一歩前進。カーター・ディクスンのH・M卿ものから『赤い鎧戸のかげで』。

 まずはストーリー。静かに休暇を過ごそうと、モロッコのタンジール空港に降り立ったH・Mことヘンリー・メリヴェール卿。ところが彼の名はこのモロッコの地においても広く知れ渡っているようで、地元の警察に盛大に迎え入れられる。
 ただし、その盛大な歓迎にはある事情があった。ヨーロッパ各地を騒がせている有名な宝石泥棒“アイアン・チェスト”逮捕に、ぜひ協力してほしいというのだ。

 赤い鎧戸のかげで

 好きなカーの作品などという話題が上がると、ごく少数ながら一部で強いプッシュがあるのが本作『赤い鎧戸のかげで』。いわゆるベスト本ではないが、ハマる人にはハマる作品ということだろうから、かなりクセはあるだろうと予想して読んだのだが、ようやく一部で絶賛される理由が理解できた(笑)。

 まあ、いろいろな意味でポイントの多い作品である。
 本格ミステリとしては正直、弱い。いわゆるオーソドックスな殺人劇ではなく、その中心にあるのが怪盗との戦いという点も影響しているのだろうが、長編を引っ張るだけの謎も弱く、それどころか腰砕けもののトリックもある始末。伏線などもそれなりに張ってはあるけれど、カーの作品でなければ単なるバカミスレベルであろう。

 しかし、そういった弱さを補っているのが、読み物としての破天荒さだ。お得意のファースを前面に押し出しているのは珍しくないとして、それがモロッコというエキゾチックな雰囲気(常識や習慣、捜査なども含め)、怪盗ものという冒険小説やスパイ小説の香りが強いこともあって、いつも以上に弾けたストーリー展開を見せる。
 ただ、好き嫌いが分かれるのは仕方ないとして、弾けすぎのせいであちらこちらに無理が来ているのがいただけない。したがって上で「そういった弱さを補っているのが」とは書いたが、それはマイナス部分を何割か補っているだけであって、「補ってあまりある」わけではないので念のため(苦笑)。

 ほかにも気になるところは少なくない。例えば探偵は犯人を見つけ出すことは許されても、自ら裁くことは通常許されない。それを時に踏みはずす探偵や作品があって、H・Mもそんな傾向があるのだが、それも本作では少々行き過ぎの嫌いがある。
 終盤のボクシング・シーンなどもその例だが、なんというか、こういう点は同じ時期に書かれた歴史ミステリでは違和感がないけれども、現代ミステリでは非常に消化に良くないところだ。もしかするとカーの意識のなかで、歴史ものと現代ものが感覚が少々混同してしまっていたのかもしれない。

 ひとつ言えるのは、そういった作りや雰囲気が相まったことで、本作は間違いなく通常のカー作品とは一線を画した作品になったことだ。だから好きな作品に挙げる人がいる理由はわからないでもないが、ううむ、残念だが個人的にはそれはないかな(苦笑)。


テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌


 『新青年』の創刊101年を記念して神奈川近代文学館で開催中の「永遠に「新青年」なるもの」を観覧する。戦前の探偵小説関係の催し物など滅多にないのに、今年はさいたま文学館で「江戸川乱歩と猟奇耽異」もやっているし、ありがたいことである。ことに今回はテーマが『新青年』ということもあるので、戦前探偵小説好きにとって行かないという選択肢はない。
 場所もいい。神奈川近代文学館は過去にも「大乱歩展」を開催してくれた思い出深い場所だが、単純に立地がいいのだ。港の見える丘公園に隣接しているだけでなく、その隣にはさらに元町や山下公園、中華街なども広がり、観覧後の散歩や買い物に最適である。
 唯一面倒だったのは、今回は日時指定の事前予約が必要だったことだが、私ごとになるけれど、最近、会社勤めをやめたこともあって、空いている平日に行けたのでノープロブレムである。

永遠に「新青年」なるもの_02
▲神奈川近代文学館の入り口にある案内板。

 展示物は『新青年』に関与した作家や翻訳者、編集者の生原稿や製作物がメイン。江戸川乱歩や横溝正史の生原稿はこれまでもいくつか見てきたので今更驚かないけれど、今回は小酒井不木や大下宇陀児、甲賀三郎、浜尾四郎、木々高太郎、渡辺温、渡辺啓介、夢野久作、小黒虫太郎、佐藤春夫、谷崎潤一郎などなど圧倒的なラインナップ。
 加えて松野一夫や木村荘八といった面々の挿画、さらには探偵小説以外に紙面を彩ったスポーツ選手やファッションなどの同時代のグッズの数々、トドメに『新青年』全冊の一挙展示と、眺めているだけでちょっと頭がクラクラするぐらいの陣容である。
 今後トークイベントや講演会も各種予定されているので、タイミングが合えばぜひ参加したいものだ。ただ、土曜開催が多いので、ちと人出が心配ではあるが。

永遠に「新青年」なるもの_01
▲お土産は恒例の図録。左にあるのは図録購入者に付録としてもらえる「新青年バッジ」

永遠に「新青年」なるもの_03
▲バッジのアップ。缶バッジと言われなければわからないぐらいい雰囲気です

 ということで、こちらは5月16日(日)までの開催。この方面が好きな人なら大変楽しめるのでぜひどうぞ。日時指定の事前予約が必要ですが、密もしっかり回避しております。さいたま文学館もそうだったけれど、むしろ閑散としていて、そこが少し心配なんですが……。

テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌


 大下宇陀児の短編「電気殺人」を読む。湘南探偵倶楽部さんの復刻本。
 カーボランダム工場で働く職工の柿田は、カーボタンダム製造の過程において人造ダイヤ製造の可能性に思いつく。しかし、上司の機械技師・黒江は、その手柄を横取りしようと考え、施設の修理に乗じて柿田を感電死させようと企てる。

 電気殺人

 とても大雑把なタイトルではあるが(苦笑)、中身は感電を利用した完全犯罪を目論むという倒叙ミステリであった。局面に応じて一喜一憂する犯人の心理状態などが面白く、そういうサスペンスの盛り上げにおいてはなかなか読ませるし、読み物としては悪くない。
 ただ、犯行が失敗する原因に犯人が思い至らなかった点が、犯人の職業を考慮するとちょいと弱いかな。

 ちなみに、カーボランダム製造の過程において人造ダイヤができる云々という説明があるのだけれど、これ本来は逆ではないか。もともと人造ダイヤを作ろうとして、カーボランダムが発見されたと思ったが。いろいろ理科学的情報において気になるところのある一冊である。

テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌


 毎月のようにレアなミステリを復刻している湘南探偵倶楽部だが、今月購入した短篇の一つもかなり珍しい。かつて博文館『世界探偵小説全集』の第一巻「古典探偵小説集」に収録されていた、ミゲル・デ・セルバンテスの『サンチョー・パンザの名裁判』である。

 サンチョー・パンザの名裁判

 サンチョ・パンサ(一般的にはこちらで通っているので、以後こちらの表記で)といえば、セルバンテスの書いた『ドン・キホーテ』の重要な登場人物の一人。主人公ドン・キホーテに従い、旅を共にする農夫である。サンチョは作中で、ドン・キホーテから「将来島を手に入れたら統治を任せる」と言われるのだが、本作はなんとサンチョ・パンサがその島の総督として登場し、争い事を裁くという短編である。言ってみれば法廷もの、さらにいえば大岡裁きものだ。
 短編ながら三つの事件を詰め込み、論理的というよりはトンチで解決する、まさに大岡裁き。釈然としない理屈もあるけれど、思った以上にしっかりした作りである。

 ただ、ちょっと気になったのは、ミゲル・デ・セルバンテスが本当にこんなミステリ寄りの小説を書いていたのかということ。特に三方損みたいな話まであって、もしかして日本人作家が創作した贋作……なんてことはあるのかしら?

テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌


 NHK-BSで放映された「シリーズ江戸川乱歩短編集」を観たり、『うつし世の三重 江戸川乱歩三重県随筆集』を読んだりと、最近、急に乱歩づいているが、本日も乱歩絡みの話題である。さいたま文学館で始まった「江戸川乱歩と猟奇耽異」展を見てきたので、そのレポートなど。
 この展示会については最近、知ったばかりなのだが、もともとは1月16日〜3月7日という会期だったらしく、それがコロナの影響で3月24日〜4月18日に変更されたもの。通常どおり開催されていたらすっかり見逃していたところなので、これはラッキーであった。先日、東京唯一の書店でたまたま買えた『うつし世の三重 江戸川乱歩三重県随筆集』もそうだが、少し探偵小説の神様から守られているのかもしれない(笑)。

 それはともかく。
 本展示会は乱歩の没後55年記念ということで、そのテーマは探偵小説と一般文壇の繋がりに置かれている。早い話が乱歩と純文学作家の交流に着目したものだ。だから乱歩以外の作家は、佐藤春夫や坂口安吾、谷崎潤一郎といった純文学畑がメイン。それらの作家が探偵小説に残した足跡、あるいは乱歩との交流の証を、生原稿や書簡という形で目にすることができる。
 もちろんこの辺の作家と探偵小説の関係はザクっとは知っているし、そういったアンソロジーもあるぐらいだが、久米正雄や正宗白鳥、萩原朔太郎あたりはこういう形で取り上げられることも少ないし、改めて見るとやはり面白い。
 特に朔太郎と乱歩の親密さにはちょっと驚いた。少年愛、酒に関してだけは不一致だったらしいが(笑)、それ以外はすべてに趣味が合致し、初めて会ったその日の夜遅くまで新宿のゲイバーなどで盛り上がったという。ただ、そもそも乱歩の作品に感激した朔太郎が、自ら乱歩に会いにいったくせに、後で「二人の関係はなるべく内密に」と乱歩に頼んだというのがひどい(苦笑)。

 まあ、そんなエピソードなども知ることができたし、ともあれ内容的には悪くない。残念なのはスケール的にそれほど大きくないところと、埼玉県桶川市というアクセスぐらいか。しかし常設展示の方でもミステリ関係があるし、近場の方は見ておいて損はないだろう。多少、遠い方でも、桶川名物のうどんを食しがてら出かけてみてはいかがだろうか。
 ちなみにTwitterで呟いた入場制限だが、慎重なのはよいけれど、あの人の少なさで制限かけるのはさすがにいかがなものかなぁ。

江戸川乱歩と猟奇耽異03
▲さいたま文学館。建物自体は素晴らしいのだが、どうにも活気が……

江戸川乱歩と猟奇耽異02
▲入り口にあったのぼり。個人的にはもっともっと煽ってほしい。

江戸川乱歩と猟奇耽異01
▲お土産の図録。左は付録のセル製しおり。これがなかなかいい。

 さあ、次は横浜の神奈川近代文学館で開催されている『創刊101年記念展 永遠に「新青年」なるもの』だな。

テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌


 Twitterで少し呟いたが、『うつし世の三重 江戸川乱歩三重県随筆集』という本を購入した。昨年発売されていたのにまったく気づかなかった乱歩の随筆集で、たまたま西荻窪の書店で見かけ、驚いて即レジへ持っていった次第。

 うつし世の三重

 中身はというと、乱歩が生誕地・三重県について言及した文章を集めたもので、初めて活字化された文章もあるという。
 ただし、家族や故郷、生活などについての随筆がメインだから、探偵小説についての言及は少なく、また、同じような内容の文章も少なくないので、あまりミステリ的興味を期待してはいけない。乱歩が残したさまざまな断片を繰り返し読んでいくことで、乱歩の人となり、生涯を理解し、味わう一冊と言えるだろう。あくまで愛好家やマニア、研究者向けといった印象である。

 しかしながら、乱歩の随筆を読んでいつも思うのは、本当に自分語りが好きだなぁということ。ここまで自分のことを書き記した作家はなかなか見当たらない。その経歴や立場から、他の作家に比べれば発表する媒体や機会は多かったのだろうが、それにしても数が桁外れに多い。それも例えば私小説のように自らをテーマにしたいという感じではなく、自分が接したもの、触れたもの、そのすべてを自分のために残しておきたいという感じである。乱歩はそれをもって、自分が生きている証としたかったのだろうか。

 さて、本の内容とは少し外れるが、本書の存在を発売当時に見逃した原因がなんとなくわかったので記しておく。まあ管理人が情弱だっただけのことで、皆様すでにお買い上げなのかもしれないけれど(笑)。
 そもそも本書はISBNコードがなく、一般の書店では流通していないのである。版元も出版社ではなく、伊賀文学振興会という、どうやら三重県伊賀市の市民団体である。
 ホームページでもあれば話は早いのだが、いかんせん伊賀文学振興会の正式なホームページは見当たらず(本書の簡易的な通販ページのみ確認)、ネットで断片的な記事を拾い集めた結果わかったのが、「地元ゆかりの小説家・横光利一の顕彰行事の実行委員会を母体として2019年に発足した、伊賀地域の文学振興を進める団体」ということ。地元の文芸関係者が市に働きかけて設立した、伊賀地域の文学振興を進める有志の団体なのだ。
 とはいえ基本は市民有志による活動である。セミナーや講演などはなんとかなるだろうが、活動二年目にして乱歩の随筆集とは大したものだ。と思っていたら、これにもタネがあって、編集を乱歩研究で知られる、あの中相作氏が担当している。ここから先は想像だが、中相作氏が伊賀文学振興会に所属されているか、あるいは働きかけて実現にこぎつけた一冊ではないだろうか。

 ただ、惜しむらくは、当時のネットニュースやTwitterでは多少取りあげられたようだが、積極的な宣伝はほぼしていないようなのだ。
 そもそも限定1000部であり、基本的には三重県内のいくつかの書店でしか発売しておらず、あとは事務局のホームページからの通販だけなのである。もちろん広告など望むべくもない。そりゃあ気がつかないわけだ。
 それが発売後半年以上経ってから、管理人がたまたま入った書店で買えたのはラッキーとしか言いようがない。なんとその書店は、本書を取り扱う東京で唯一の書店だったからである。正直、奇跡のような出会いである(笑)。
 そんな状況なので、今でももしかすると管理人のように本書の存在を知らない人もいるかもしれない。限定1000部とはいえ、まだ通販ページがあるからには在庫もまだあるのだろう。これはちょっともったいないかもということで、気になる方はぜひ問い合わせしてみてはどうだろう。

伊賀文学振興会出版事務局
https://www.ueno-pri.co.jp/igabun/igabun2020.html

テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌


 田口俊樹の『日々翻訳ざんげ エンタメ翻訳この四十年』を読む。著者がかつてWebサイトに連載していたコラムをまとめたもので、自らの翻訳書を肴に、翻訳という仕事を振り返った一冊。

 日々翻訳ざんげ

 取り上げている作品は十七作。ローレンス・ブロック、ボストン・テラン、エルモア・レナード、マイクル・Z・リューイン等々、ハードボイルド系の作家が多く、管理人もブロックやリューインが好みの作家ということもあってり、ずいぶんお世話になっている翻訳者さんである。
 ちなみにちょっと調べてみたら、これまでに読んだ著者の訳書は八十冊強であった。いや、我ながらいいお客さんである(笑)。

 それはともかく。
 本書の魅力は翻訳に際しての裏話。元々が翻訳を学ぶ生徒さん向けに書いたということもあってか、専門的知識のみならず失敗談もふんだんに盛り込んで(というかそれがメイン)、とにかく興味を煽ってくれて楽しい。あくまでエッセイなので、系統的に学ぶような読み物ではないけれども、翻訳者として生きていくための心構えなども、これから翻訳をやろうという人には学ぶところも多いのではないだろうか。
 また、作品や作家についてのエピソードも豊富なので、ことさら翻訳に興味がない人であっても、本書に取り上げられているミステリが好きな人であれば十分に楽しめるはずだ。
 個人的には著者とマイクル・Z・リューインの関係に驚いた。訳書の後書きなどで、やりとりが頻繁にあったことは知っていたが、今では著者の翻訳上のブレーンみたいな存在になっていたことを知ってびっくり。

 その道で生きていくことの難しさ、志しのあり方……そんな諸々のこともあらためて感じさせてくれるし、いつもと異なる海外ミステリの楽しみも感じさせてくれる一冊。良書。


テーマ:評論集 - ジャンル:本・雑誌


 復活したROM叢書が昨年末に刊行したうちの一冊、J・B・ハリス-バーランドの『古本屋サロウビイの事件簿 ハリス-バーランド短編集』を読む。まずは収録作。

【古本屋サロウビイの事件簿】
The Man with the Brown Eyes「茶色の目の男」
The Cipher「暗号」
Lot 109「競売品一〇九番」
The Man with the Brown Beard「茶色い顎髭の男」
The Grolier Binding「グロリエ装丁」
The Brython Library「ブライソン蔵書」

【ノンシリーズ】
The Yellow Box「黄色い箱」
Lord Beden’s Motor「ロード・ビーデンの自動車」
The Ring「指輪」

 古本屋サロウビイの事件簿

 以上のように、古本屋サロウビイを主人公にしたシリーズもの六作と非シリーズの怪奇小説三作という構成。
 古書店を営むマシュー・サロウビイは、時代的にギリギリホームズのライヴァルたちというポジションのようだが、作品を読むとそこまで著者がホームズを意識していたかどうかは怪しいところだ。
 というのもミステリではあるが、主人公サロウビイはあくまで古書店の主人。別に素人探偵を気取っているわけではなく、たまたま古書に関係する事件に巻き込まれるに過ぎない。したがって、ときにはサロウビイが閃きを見せて事件を解決することもあるけれど、またあるときは被害者として終始することもある。
 これがシリーズ探偵の新しいスタイルを模索してのことなのか、それとも単に古書をベースにした犯罪小説もしくはキャラクター小説的に読ませたかったのかは判断が難しいが、ロジックやトリックにそこまで重きは置いていないようなので、おそらく後者だろう。

 ただし、それが悪いというわけではなく、読み物としてはこれがなかなか面白い。
 サロウビイは必ずしも探偵として機能するわけではないので、物語がどう転ぶか予測しにくいというのもあるし、設定もかなり魅力的。もちろん当時の古書業界の蘊蓄も多い。比較的、出来のムラも少ないが、しいていえば「茶色の目の男」、「グロリエ装丁」、「ブライソン蔵書」あたりが好み。

 ノンシリーズの怪奇小説では「黄色い箱」がいい。遺産を相続した青年だが、その条件として十年間、黄色い箱を保管しなければならない。ただし、箱を開けてはならず、必ず屋敷に置き、長期外出は許されない。最初は簡単なことだと思った青年だが……。センスが光る一編。

テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌



| HOME | Next

Design by mi104c.
Copyright © 2021 探偵小説三昧, All rights reserved.