FC2ブログ
ADMIN TITLE LIST
Selected category
All entries of this category were displayed below.

 この数年、この時期になると各ミステリのベストテンのまとめや比較みたいなことをやっているが、今年も大トリの『このミステリーがすごい! 2020年版』が発売され、ほぼ各種ランキング本が出揃ったようなので、ちょっとまとめてみた。管理人の好みゆえ海外部門だけではあるが、興味ある人はご覧ください。

 一応、基本ルールなどを書いておくと、基本的には『ミステリマガジン』の「ミステリが読みたい!」(以下「ミスマガ」)、『週刊文春』の「ミステリーベスト10」(以下、「文春」)、宝島社の『このミステリがすごい!』(以下、「このミス」)の各ランキング20位までを対象に平均順位を出すというものである。原書房の『本格ミステリ・ベスト10』もけっこう知名度はあるが、ジャンルが本格のみなので対象外としている。
 また、ランキングによって対象となる刊行期間が異なるため(ミステリマガジンのみ10月から9月、他は11月から10月)、ひとつの媒体にしかランクインしていない作品は除いている。
 ただ、ひとつしかランクインしていないものでも、それがむしろランキングの個性ということにもなるので、参考として記載した。

 2020年ランキング比較

 昨日の記事でも触れたが、このところ各誌のランキングはかなり似通っている印象である。特に昨年はひどくて一位、二位が三誌とも同じ、ベストテン作品もかなり被っていて、もうどれ買ってもいいじゃんぐらいの感じであった(昨年の記事はこちら)。
 そこで今年のランキングだが、一位がまたしても三誌とも同じで、アンソニー・ホロヴィッツの『メインテーマは殺人』という結果になってしまった。上位も似てはいるが、それでも昨年よりは多少バラツキも見られる。
 例えば「文春」でのメジャー・大御所が強いところはある意味ブレがなくて素晴らしい(笑)。よそでは二十位にもランクインしていないルメートルやディーヴァー、アルテ、インドリダソンといった人気作家がしっかり入っているのは「文春」ならでは。唯一、意外だったのはSFの『三体』が入っていたこと。他誌ならともかくまさか「文春」で入るとは。
 一方の「ミスマガ」はオーソドックスでバランスよいイメージ。本格、ハードボイルド、サスペンス、ノワール、ファンタジー系もソツなく入れているのだが、「文春」ですら入れている自社の『三体』が入っていないのが不思議だ。いや、むしろ、これを入れてきた「文春」を褒めるべきか。
 「このミス」も全体的には「ミスマガ」に近いが、けっこうジャンルのボーダーライン的な作品が好まれる傾向が強い。ただ、昔よりはずいぶんマイルドになってしまったというか、ここが最近の「このミス」の物足りないところである。『1793』とか『愛なんてセックスの書き間違い』、『戦火の淡き光』あたりが「このミス」らしさといえばいえる。

 ちなみに昨年のワンツーフィニッシュを飾った創元は今年も強く、一位をはじめ二十位以内に五冊ランクイン。しかし早川も負けておらず、今年は六冊ランクイン。早川は昨年も六冊ランクインさせているが、今年特徴的なのはすべてポケミスだということだ。一誌のみのランクイン作品にもポケミスは多く、しかも初紹介の作品が多いのは編集部の目の確かさを証明しているともいえ、実にお見事である。
 創元も好調とはいえ、どれも過去に好評を博した著者の続刊が多く、そういう意味ではうかうかしていられないだろう。

 最後に管理人の気になるところは、『償いの雪が降る』、『黄』、『国語教師』、『1793』あたり。刊行当時はあまりマークしていなくて内容もなかなか面白そう。明日にでも買いにいきますかね。

テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌


 昨日はそごう横浜店内にあるそごう美術館で開催されている「不思議の国のアリス展」をのぞいてくる。
 美術館主催ということで、文学的な考察や展示ではなく、アートとしてのアプローチというのがちょっと新鮮か。ルイス・キャロル自身が描いたアリスをはじめとするスケッチだったり、『不思議の国のアリス』の挿絵画家ジョン・テニエルの下絵、さらにはその他の挿絵画家や現代のアーティストによるアリス関連作品の展示という具合である。
 そのほか日程や時間によっては、アクセサリー作り等のワークショップ、朗読会、リアル脱出ゲームなどのコラボ企画があったり、なかなか賑やかである。
 とりあえず管理人的にはキャロルのスケッチとテニエルの原画が見られれば満足だったのだが、意外に現代アーティストたちの作品にも面白いものが多かった。とりわけウラジミール・クラヴィヨ=テレプネフ氏の写真作品、清水真理氏の製作した人形は、どちらもノスタルジーにゾクッとする色気や怖さがプラスされており、これらを見ることができたのは大きな収穫である。

 不思議の国のアリス展3
 ▲イラストで紹介するストーリーのコーナーのみ撮影可能

 不思議の国アリス展4
 ▲『鏡の国のアリス』コーナーはチェスをもじったモノトーンがオシャレ

 不思議の国のアリス展1
 ▲図録は絶対に買ってしまう。このほかブックカバーと栞も購入

テーマ:幻想文学 - ジャンル:本・雑誌


 この週末は遅めの夏休みをとり、草津温泉や軽井沢で骨休め。家族で旅行の際はさすがに古本屋へ寄ることはあまりないのだが、今回は軽井沢にある「追分コロニー」、そしてかつて堀辰雄らの文人も宿泊したという旅籠「油屋」を改装したアートスペース「油や」内にある「安房文庫」をのぞいてみた。

軽井沢追分
▲軽井沢追分の街道は石畳で雰囲気も抜群。ちなみにシャーロック・ホームズ像もこの近所にある

 どちらの店も扱っている本は幅広く、特に軽井沢に所縁のある本や作家を揃えている感じか。ミステリや幻想小説も予想以上にあって、品揃え的にはけっこう好み。内装も昔の雰囲気をいかしつつ現代風にアレンジした造りで悪くない。どうやら両店、同じ系列のようで、それも納得である。
 どちらも追分にあるので、ミステリファンならシャーロック・ホームズ像を見たついで、文学ファンなら堀辰雄文学記念館を見たついでに立ち寄ってみるのもよいだろう。追分は賑やかな軽井沢中心地とは違い、昔の街道の雰囲気を残したスポットで散策にもおすすめである。

油や
▲「油や」の店頭がこちら。本陣に使われていたこともありなかなかの佇まい

追分コロニー
▲こちらは「追分コロニー」。ミステリ成分も悪くない

 なお、こちらでの戦果は角川文庫の加納一朗を五冊ほど。加納氏はこの八月に亡くなったばかりで、これも縁かなと思い、すべて買ってしまう。論創ミステリ叢書にも昨年収録されたことだし、どこかのタイミングでまとめ読みしたいところだ。


テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌


 週末の宿題二つ目は、池袋の豊島区立郷土資料館で開催されている企画展「暗がりから池袋を覗く~ミステリ作家が見た風景~」である。
 池袋に所縁のあるミステリ作家を通して、昭和初期から現代にかけての池袋・雑司が谷界隈の変遷を辿ろうというもの。取り上げられた作家は江戸川乱歩を筆頭に、大下宇陀児、飛鳥高、泡坂妻夫、京極夏彦という面々で、これは豪華だ。

 池袋がつい最近までかなり危険な街だったことは、昔から住んでいる人間ならみな口にするところだが、ミステリ作家の資料でもそれを匂わせる描写は少なくない。池袋には戦後のヤミ市の暗部をそのまま現代まで引きずってきているようなところがあり、それがまた危険な魅力にもなっていた。
 かくいう管理人も実は池袋駅から十五分ほど、旧乱歩邸からも五分ほどのところに住んでいたことがあり、池袋に魅せられていた一人である。

 展示物全体でいうと、まあ、昨日の記事で紹介したコレクション展「仁木悦子の肖像」もそうだったが、こちらも規模が小さく、あっという間に見終わってしまうレベルなのは人によって不満の残るところだろう。ただ、こちらが年をとったせいもあり、逆にゆっくり集中して見るには程よい感じであった。
 なかでも飛鳥高関連の展示というのはあまり記憶がなく、個人的には一番注目していたところである。仁木悦子と同様、プロットがチャート式で描かれていたり、トリックのメモがあったりと、こういうところに作家の性格や個性がはっきり現れるなぁと感心する。

 暗がりから池袋をのぞく_01

 なお、グッズとして図録、缶バッジ、手拭も販売していたが、この手のイベントとしてはなかなか良心的価格だったので、とりあえずすべて買ってしまう。乱歩はともかく飛鳥高や大下宇陀児のグッズというのはなかなか見ないしねぇ(笑)。
 図録は小冊子というようなものだが、写真を載せてはいお終い、というのではなくテキストメインなのが嬉しい。しかも300円だし。

テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌


 この週末はいくつかミステリ関係で片付けておきたい宿題があって、そのひとつが世田谷文学館で開催されているコレクション展「仁木悦子の肖像」。京王線で芦花公園駅下車、歩いて五、六分というところなので、いつもなら大した距離ではないのだが、この暑さでは辛い。あっという間に汗だくになって世田谷文学館到着である。

 世田谷文学館といえば単なる文学におさまらず、映像や漫画、サブカルに至るまで、幅広い芸術を積極的に扱うことで知られているが、それでも仁木悦子の展示会とはなかなかやってくれる。
 もちろん仁木悦子の業績については今さら説明するまでもない。優れた作家というだけでなく、大きな病気によるハンディを背負いながら、日本に「推理小説」を広く定着させた功労者として、日本のミステリ史に欠かせない人物である。
 しかしながら、当時はともかく、今では一般的な知名度はそこまであるわけではない。というか彼女の業績を知らしめるようなイベントはこれまでもほとんどなかったはずで、そういう意味でも今回のコレクション展は実に意義のあることだろう。

 規模的にはそれほど大きなものではなかったが、推理作家・仁木悦子としての業績、童話作家・大井三重子としての業績、兄を失った戦争関連の記録、そして寺山修司との交友記録とけっこう盛りだくさん。コンパクトゆえ、かえって展示物をじっくり見ることができて、結果的にはこれぐらいの規模でちょうどいいのかもしれないと思った次第。
 個人的にもっとも興味深かったのが創作ノートの類。特にプロットは、登場人物ごとに時系列でチャート化されており思わずニヤリ。まさにミステリ作家のプロット作りのお手本のようであり、これを見れたのは大きな収穫だった。

仁木悦子の肖像_03
▲中は残念ながら撮影禁止だが、入り口で猫がお出迎え。

 仁木悦子の肖像_01
▲無料のパンフレット。変形版でB5にして4ページ相当。

仁木悦子の肖像_02
▲中はこんな感じ。展示もされていた日下三蔵氏による紹介文が全文載っているのが目を引く。

 というわけで会期は来月9月23日までということなので、興味のある方はぜひどうぞ。
 ちなみに10月からは「小松左京 展」とのこと。これまた楽しみである。

テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌


 西荻窪の古書店、盛林堂書房さんへ出かけて、予約してあった渡辺啓助『悪魔館案内記』、ヘイワード『パスカル夫人の秘密』を回収し、ついでにルヴェル『遺恨』、フットレル『思考機械【完全版】第一巻』も購入する。今月はまだ論創社やミステリー・レガシーもあるし、そうそう『金時計』も届く予定なのだ。
 古書店へ行かなくとも新刊や同人でいろいろレアなところが買えてしまうというのは嬉しくもあり恐ろしくもあり。本当にいまは令和なのかという不思議でもある。

 で、その帰りになんとなく多磨霊園へ寄って乱歩と大下宇陀児のお墓を参ってくる。実はGW中に親戚の法事で多磨霊園へ出かけたのだが、そういえば、ここ何度か来ているけれど、乱歩のお墓とか見たことがなかったなぁということで。

多磨霊園1
▲とにかく広くて車がないと移動は厳しい。写真は大下宇陀児の墓付近


多磨霊園2
▲江戸川乱歩の墓前。平井家の墓だが、右手前には江戸川乱歩の石碑が


多磨霊園3
▲その乱歩の石碑がこちら


多磨霊園4
▲こちらは大下宇陀児の墓前。本名の木下家のお墓


多磨霊園5
▲大下宇陀児の墓であることが記されているが、石碑の色のせいでかなり読みにくい

テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌


 昨日、わざわざ高崎まで行って「ミステリー小説の夜明けー江戸川乱歩、横溝正史、渡辺啓助、渡辺温ー」展を鑑賞したせいか、今のうちに近場で行けるものは行っておこうという気持ちになり、本日は六本木の森美術館で開催されている「ムーミン展 THE ART AND THE STORY」を訪問する。

 ムーミン展内観

 メインは作者トーベ・ヤンソンが残した原画、スケッチの類。ムーミンの全著作ごとにそれらの絵を展示するという構成で、とにかくその膨大な数に圧倒される。
 トーベ・ヤンソンの原画は過去にも何度か展覧会で見たことがあるが、基本的に挿画として描かれたものが多いせいか小さいスケッチがとにかく多い。だが、その不満を埋めてくれるのが膨大な数なのである。しかも今回は著作の発表順に展示してあるので、ムーミンのデッサンがどういう具合に変化していったかもよくわかり、ナイスな構成である。
 また、イースターカードやアドベントカレンダー、銀行の広告などに描かれたムーミンの原画というのもボーナストラック的で実によい。実際、この類は初めて見るものばかりで大満足であった。

 ついでに書いておくと図録も素晴らしい。判型はやや小ぶりながらも上製本312ページ、綴じ込みまであって2千円はかなりお買い得だろう。だいたいムーミングッズはいつも割高感があるのだけれど、今回はかなり頑張ったといえるだろう(笑)。あと、昨日の「ミステリー小説の夜明け」展の図録がひどかっただけに、余計よく見えるところはあったかもしれない(苦笑)。

 ムーミン展パンフ&図録


 少しはゴールデンウィークらしきことでもと思い、天気がよかったので高崎まで車を飛ばす。目的は土屋文明記念文学館で開催されている企画展「ミステリー小説の夜明けー江戸川乱歩、横溝正史、渡辺啓助、渡辺温ー」展である。

 「ミステリー小説の夜明け」展

 最初は探偵小説と土屋文明もしくは群馬県との関連がわからず、「なぜここで探偵小説の企画展が?」と思っていたのだが、公式サイトなどによると、渡辺啓助が昭和二十年代に二年ほどを群馬の渋川で過ごし、そこで執筆や地元有志らとの同人活動を行なっていたらしい。なるほど渡辺啓助はわかったが、じゃあ実弟の渡辺温や乱歩、正史はどうなんだという話で、どう考えても渡辺啓助ではもたないから無理やり関係ある作家を引っ張ってきて、「ミステリー小説の夜明け」としてまとめた感は無きにしもあらず(苦笑)。
 まあ、堅いことは言いますまい。乱歩や正史クラスならともかく、渡辺啓助や渡辺温がこういう文学展で取り上げられること自体なかなか珍しいので、ここはありがたく鑑賞させていただく。

 展示内容はごくオーソドックスな文学展仕様である。作品が収録された雑誌や著書、直筆原稿などが中心だが、企画展そのものの規模が圧倒的に小さく、また、乱歩や正史関連ではほぼ新味がないのが残念。
 とはいえ先ほども書いたように渡辺兄弟関係のの展示は珍しく、そこがチェックポイントか。特に渡辺温の直筆原稿を生で見たのはおそらく初めてかもしれない(兄とは異なり、けっこう可愛い字を書く)。他では渡辺啓助のラジオ番組出演時の音声が面白かった。

 ということで展示内容については不満はいくつかあれど、まあこんなものだろうとは思うのだが、図録だけはお粗末だった。たった12ページ、しかも中身もパンフレットレベルで、これで金を取りますかというレベル。せっかく関係各位に協力を取りつけて実現した企画なのだろうから、もう少し内容と価格についてきちんと相場感を勉強してもらいたいものである。というか関係各位はこの図録の監修とかにはタッチしなかったのかしら?

 「ミステリー小説の夜明け」展パンフ

テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌


 本日は久しぶりに美術展の話など。最近は探偵小説に絡まない記事はあまりアップすることもなく、もっぱらSNSで流しているのだが、今回はかなり印象が強かったのでブログにも残しておきたく。


 奇想の系譜展_立て看

 というわけで本日は上野まで出かけ、『奇想の系譜展 江戸絵画ミラクルワールド』@東京都美術館を鑑賞する。
 この展示会のもとになったのは、美術史家の辻惟雄が1970年に書いた『奇想の系譜』である。同書では、かつて江戸時代絵画史の傍流とされてきた画家たちをとりあげ、斬新な発想の絵画を紹介した。今回の展示会では同書で紹介された作家を中心に八名の代表作を揃えたという。

 まあ結論からいうと、充分に楽しめた。これはあまり興味がない人でも行かないのがもったいないレベルだろう。
 江戸絵画についてはそれほど知識もないので、純粋に絵の美しさや迫力、精緻さ、あるいは妖しさや面白みなどを楽しむだけなのだが、それでも今や江戸絵画のトップスターともいえる伊藤若冲をはじめとする奇想絵師たちの代表作ばかりなので、けっこうなボリュームだがまったく飽きることがない。
 それはもちろん題材や発想によるところも大きくて、個人的には芦雪の遊び心はかなり惹かれた。「群猿図襖」の猿の表情、「白象黒牛図屏風」の犬、「なめくじ図」のなめくじの這った跡など、まあ気になる部分が目白押しで、復習のために図録まで買ってしまった。
 会期が四月七日までということなので、興味がある方はぜひどうぞ。

 奇想の系譜展_図録
▲基本、図録は買う人間である。価格はそれなりだが中身も充実している。

 奇想の系譜展_グッズ
▲グッズはあまり買わないのだが、今回はついふらふらと。お菓子に付箋、缶バッジ、栞×4種(金属、竹、紙など)

 奇想の系譜展_チラシ
▲おまけ。愛犬とチラシ


 クラヴァートンの謎_告知用

 そろそろ書店に並んでる頃なので、もう一回、告知しておきます。論創海外ミステリの最新刊、ジョン・ロードの『クラヴァートンの謎』が発売されました(管理人sugataが解説を書かせてもらってます)。

 邦訳されたロード作品の中では間違いなくトップクラス。トリッキーさでは『代診医の死』に一歩譲るものの、ストーリーの面白さや味わいでは『クラヴァートンの謎』のほうが上でしょう。オーソドックスながら、いろいろな要素を盛り込み、決して“退屈派”とは言わせない一冊になっています。ぜひお楽しみください。


テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌



| HOME | Next

Design by mi104c.
Copyright © 2019 探偵小説三昧, All rights reserved.