ADMIN TITLE LIST
Selected category
All entries of this category were displayed below.

 エドガー・ウォーレスの『淑女怪盗ジェーンの冒険』を読む。
 二十世紀初頭の大ベストセラー作家エドガー・ウォーレスだが、まあ売れっ子の宿命というか、当時の批評家からはケチョンケチョン(死語)にけなされていたようだ。だがウォーレスの目指していたものは芸術ではなく、大衆のリクエストに最大限に応えることである。したがってテーマの深遠さや複雑な人物造形がないことをいちいちあげつらっても仕方ない。見るべきところはネタの幅広さやストーリーの面白さ。さらに言うなら読者が興味を持てるかどうかだ。 
 実際、近年に邦訳された『正義の四人/ロンドン大包囲網』などもアイディアやストーリーはそれほど悪いものではなかった。
 本作では女怪盗を主人公にした物語ということで、そういう意味ではけっこう期待できそうな感じもないではないが、果たして?

 ロンドンにすむ富豪たちの間で噂の女怪盗がいた。その名もフォー・スクエア・ジェーン。盗みをはたらいた証に、”J”と記された四角いカードを現場に残していくのがその由来だ。盗んだ金は病院などに寄付しており義賊だという見方もあるが、その正体はまったく謎に包まれていた。
 そんなある日、資産家ルインスタインの屋敷で豪華なパーティが催されることになった。ルインスタインはジェーン対策としてロンドン最大の私立探偵事務所でも最高の女探偵を雇ったが……。

 淑女怪盗ジェーンの冒険

 前半はジェーンの盗みの手口がいくつかの事件を通して披露される。連作短編集のような形式かと思っていると、徐々に趣が変わってきて、後半はジェーン自身のドラマが展開する。
 なるほど、こういうところがベストセラー作家の巧さなんだろうなと思う。
 盗みの手口はまあ悪くはないけれど、トリックメーカーではないのでそれほど引き出しがあるわけではない。そこで盗みのほうは印象的な事件を二つ三つほど見せて切り上げ、後半はキャラクターを活かしたスリラー劇に転換させていく。
 ここで読者をひっぱるのはジェーンの正体だ。これが実はバレバレなんだけど、表面的には隠しておきながらバレバレにすることで、読者にははっきりとヒロインが認識できるという仕組み。並行してジェーンがなぜ怪盗になったのか、その動機も読者の大きな興味のひとつとなり、読者はさらに感情移入ができる。
 まあ時代が時代なのでサスペンスの盛り上げとかはゆるいレベルだが、この時代のエンターテインメントとしてはOKだろう。

 なお、本書には『三姉妹の大いなる報酬』というコメディタッチの短編も併録されている。ミステリタッチではあるけれど、こちらはさほど面白みを感じられず、短編にしてはやや長いのも辛かった。


テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌


 エドガー・ウォーレスの『正義の四人/ロンドン大包囲網』読了。
 著者は1900年頃から小説や戯曲で活躍した人で、『キング・コング』の原作なども書いている、当時の超売れっ子。作品は通俗的なものが多いようだけれど、読みやすさやテンポのよいストーリーで大衆のニーズに的確に応えた才人といえるだろう。本書はこんな話。

 法律では裁けない者に、死の鉄槌を下す男たち。人は彼らを”正義の四人”と呼ぶ。今回の彼らの標的は英国外務大臣。外国人犯罪人の引渡法案の制定を中止しなければ、大臣の命はないという。ロンドン警視庁は考え得るかぎりの対策を練り、四人はその包囲網に挑んでゆくが……。

 正義の四人/ロンドン大包囲網

 ほお、1904年に書かれたとはとても思えない出来。テーマの面白さ、普遍性など、予想をかなり上回るレベルで、作風もかなり現代的である。中心となるポイントは、四人がいったいどうやって暗殺を実行するのか、にある。その興味でもって物語を引っ張り、ときには仲間の裏切りや警察との駆け引きも交え、スリリングに展開してゆく。
 もちろん読み物としてはあくまで軽いスリラーなので、過剰な期待は禁物なのだが、いやあ、それにしても。

 とはいえ、実はけっこう根本的なところで弱点を抱えたシリーズだなという印象もある。本作の基本的なネタは、いうまでもなく”必殺仕事人”。ただ、仕事人と違うのは、大義に背くのであればその人間の善悪すら問題にしないところ。つまり善人であっても容赦はしない。
 実はここが微妙なところで、この手段はある意味テロリストのやり方を想起させ、読者が四人に感情移入しにくいのでは、という疑問が残る。おまけに狙われる大臣だって決して悪代官のような存在ではなく、わりとまっとうな大臣として描かれている。せめて四人の動機などが詳しく語られれば説得力もあるだろうが、本作はシリーズ一作目ということもあってか正体や経歴などについてもそれほど語られずに終わるため、よけい四人に感情移入しにくい。個人的にはここが一番残念なところだ。


 ところで本書は、先日の『アリントン邸の怪事件』に続いて長崎出版「GemCollection」の一冊だが、ここ最近はシリーズの刊行ペースが落ちてきているようで、若干不安ではある。論創社にまさるとも劣らぬマニアックなラインナップだから、ビジネスとして成り立つのか要らぬ心配ばかりしてしまうわけで、とにかくクラシックミステリファンとしては応援の意味でもすべて買い続けるしかない。だから、変な「道案内」とかは止めてね(笑)。

 もうひとつ、どうでもいいことだが、ちょっと奥付で長崎出版の住所を見てみたら、かなりうちの会社の近所ではないか。神保町には出版関係が山ほどあるので、まあ、こういうことはたまにあるのだが、さらにネットで詳しくマップを見ると、これがよく昼飯を食ったりするそば屋のビルに入っていて思わず笑ってしまった。世間は狭い。


テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌


 『ロード・オブ・ザ・リング』のピーター・ジャクソン監督が映画化するというので、近頃気になっているのが『キング・コング』。漫画やアニメはとっくに憑き物が落ちているのだが、特撮ものだけは未だに卒業できない。まあ、する気もないんだけど。
 で、映画化に合わせて久々にノヴェライズが出版されたが、これが創元推理文庫、ハヤカワ文庫、角川文庫のそろい踏み。角川はまだ未見だが、ハヤカワは新訳ということなのでそれを購入&読了。
 今更ストーリーを説明することもないだろうが、いざノヴェライゼーションで読むと意外だったのがニューヨークよりも髑髏島での部分が多かったこと。しかもアクションに次ぐアクションの連続で、なかなか激しい。とはいうものの人間ドラマなどは大したこともないので、わざわざ小説で読むこともないだろう。やはり本作は映画で楽しむのが一番。


テーマ:SF小説 - ジャンル:本・雑誌



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 探偵小説三昧, All rights reserved.
ネット小説