fc2ブログ
探偵小説三昧

日々,探偵小説を読みまくり、その感想を書き散らかすブログ


Posted in "海外作家 クリスピン, エドマンド"

Category: 海外作家 クリスピン, エドマンド    03 09, 2014
エドマンド・クリスピン『列車に御用心』(論創海外ミステリ)
 エドマンド・クリスピンの短編集『列車に御用心』を読む。 Beware of the Trains 「列車に御用心」Humbleby Agonistes「苦悩するハンブルビー」The Drowning of Edgar Foley「エドガー・フォーリーの水難」Lacrimae Rerum 「人生に涙あり」Within the Gates「門にいた人々」Abhorrèd Shears「三人の親族」The Little Room「小さな部屋」Express Delivery 「高速発射」A Pot of Paint「ペンキ缶」The Quick Brown Fox 「すばしこ...

Category: 海外作家 クリスピン, エドマンド    11 17, 2005
エドマンド・クリスピン『大聖堂は大騒ぎ』(国書刊行会)
 ボジョレー・ヌーヴォー解禁。さっそく1本空けてみたが、今年は当たり年という前評判どおり、なかなかさっぱりしていて美味しい。とはいうものの、実はワインの善し悪しというのがもうひとつピンと来ない(笑)。日本酒やビール、ウィスキーなら多少は自信があるのだけれど、なぜかワインは駄目なのだ。もちろん味の好き嫌いはあるのだけれど、それがそのままワインの出来に直結しない。つまり1000円のワインでも大変美味しく飲...

Category: 海外作家 クリスピン, エドマンド    07 01, 2004
エドマンド・クリスピン『白鳥の歌』(国書刊行会)
 エドマンド・クリスピンの『白鳥の歌』読了。 オックスフォードで催される歌劇の初日を間近に控え、稽古も佳境を迎えていた……はずだったが、主役のショートハウスは歌手としては一流ながら、人間的には最低レベル。指揮者や作曲家の兄、恋敵の歌手などなど様々なトラブルを巻き起こし、開幕すら危ぶまれる状態だった。そんなある夜、歌劇場の楽屋でショートハウスの首吊り死体が発見される。事件の解明に乗りだしたお馴染みのフ...

Category: 海外作家 クリスピン, エドマンド    08 09, 2002
エドマンド・クリスピン『永久の別れのために』(新樹社)
 本日の読了本は、エドマンド・クリスピン『永久の別れのために』。 正直言って、管理人のなかではいまひとつクリスピンの持つ作品イメージが希薄である。『消えた玩具屋』『お楽しみの埋葬』『愛は血を流して横たわる』『金蝿』あたりは一応読んではいるが(『白鳥の歌』は長らく積読)、どうにも印象が薄い。悪いのではなく“薄い”のだ。クリスピンの作風と言えば、ユーモアを前面に押し出したスラップスティック風な展開とか、...

« »

04 2024
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

sugata

Author:sugata
ミステリならなんでも好物。特に翻訳ミステリと国内外問わずクラシック全般。
四半世紀勤めていた書籍・WEB等の制作会社を辞め、2021年よりフリーランスの編集者&ライターとしてぼちぼち活動中。

ツリーカテゴリー