ADMIN TITLE LIST
Selected category
All entries of this category were displayed below.

 A・A・ミルンといえばもちろん『クマのプーさん』の著者だが、ミステリファンにはやはり名作『赤い館の秘密』の著者といった方がとおりはよいだろう。本日の読了本はそのミルンによる『パーフェクト・アリバイ』。ミルンのミステリというだけでも貴重だが、本作は戯曲として書かれたもので、しかも倒叙形式をとっているという珍品。
 ただ、以前に読んだ「ミルンが残した幻のミステリ」という謳い文句の『四日間の不思議』が、その中身はとても純粋なミステリとは言い難いものだったので、本作もやや眉につばをつけて読み始めた。

 パーフェクト・アリバイ

 英国サセックス州に位置する、とあるカントリーハウス。主人のアーサー・ラッドグローヴをはじめ多くの客が週末を過ごしていたが、実はある者によって秘かにアーサーの殺害計画が進められていた。やがてアーサーは凶弾に倒れ、警察はこれを自殺と断定。アーサーの被後見人スーザンは、真相を求め、婚約者のジミーと共に推理を働かせる。

 おお、一応は倒叙ミステリとして成立しているではないか。しかも倒叙とはいえ犯人の登場シーンはそれなりに効果的で、舞台の上ではなかなか映えるシーンといえそうだ。
 ただ、後半はどちらかというと推理シーンや探偵側と犯人側の対決シーンといった、説明的な会話が多く、少々ダレ気味。もとより驚くほどの仕掛けはないので、あまり期待せず、むしろ牧歌的ともいえるミルンのタッチを楽しむつもりで読むといいだろう。

 なお、本書には「パーフェクト・アリバイ」の他に、「十一時の殺人」「ほぼ完璧」という二作の短編も収録されている。どちらもちゃんとオチをつけ、ユーモアにくるんでいるあたりは、『パーフェクト・アリバイ』や『赤い館の秘密』とも共通しているところ。出来はともかくとして、ミルンのミステリに対する姿勢は実に健全であり、その主張が一貫しているところはなかなか好ましい。
 古き良き時代のミステリの空気というか、趣味としての殺人を素直に楽しみたい人向きの一冊。


テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌


 光文社文庫からは乱歩全集の新刊や木々高太郎と有馬頼義の共編による『推理小説入門』(しかしまあ、こんなものまで復刊するとは。よく企画が通ったものだ)、ハヤカワミステリからはグルーバーの『フランス鍵の秘密』が出ている頃と思い、昼休みに新刊書店をのぞく。目的のものはしっかりゲットできたが、ふと単行本のコーナーを見ると、おお、久しぶりのマイクル・クライトンの新作ではないか。今回は地球温暖化がテーマらしく、タイトルは『恐怖の存在』……って、あまりといえばあまりの邦題。原題は確かに『State of Fear』だけど、もう少しなんとかならんかったんかい。

 A・A・ミルンといえば一般には『くまのプーさん』の生みの親として有名だが、ミステリ好きには『赤い館の秘密』の作者としても知られている。ただし、これまでミルンが書いたミステリはこれ1作と思っていたが、実は幻のミステリがもう1冊残っていたらしい。それが本日の読了本『四日間の不思議』である。
 主人公は18歳の乙女ジェニー。かつて住んでいた屋敷にたまたまやってきた彼女は、なんとそこで叔母の死体を発見してしまう。そもそもその屋敷は、今は他人の家。そこに無断で入りこんだことすらまずいことに気がつき、慌てたジェニーは現場でつまらぬ小細工をやりすぎてしまい、結局、殺人犯として警察に追われることになる。だが、偶然が偶然をよび、事件はどんどん迷走を始めることに……。
 ううう、『赤い館の秘密』もユーモア溢れるミステリだが、本書の場合はもはやミステリ風の味付けがなされたユーモア小説である。若干の毒を交えつつも基本はほのぼの系。場面によってはウッドハウスや『ボートの三人男』のノリに近く、そういう流れを汲んでいるのかもしれない。
 また、ラストシーンをあえて恋人とのエンディングにせず、想像上の人物に別れを告げるところで締めるのは興味深い。っていうかこのパターンはプーさんの物語におけるロビンとまったく同じなのだ。明らかに作者は、大人になるための通貨儀礼としてこの事件を描いていることがうかがえ、その意味では少年少女のための青春小説でもあるわけだ。ほのぼの系の割には、裸で水浴びをするシーンが多かったり、多少の毒を含んでいるのも、優れた児童小説を残したミルンならではの計算ではないだろうか。
 したがって、あのミルンが残した幻のミステリ、という謳い文句はちょっといただけないし、ミステリマニアが読むべき本ではないように思える。物語の楽しさを裏表なくストレートに楽しめ、素直に主人公に感情移入できる、本書はそんな若い人たちにこそ読んでもらいたい一冊なのだ。

テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 探偵小説三昧, All rights reserved.
ネット小説