fc2ブログ
ADMIN TITLE LIST
Selected category
All entries of this category were displayed below.

 メアリー・ロバーツ・ラインハートの『ローランド屋敷の秘密』を読む。本業は看護婦ながら警察の依頼を受けて潜入捜査も行うミス・ピンカートンことヒルダ・アダムズ。本作は彼女を主人公とするシリーズの最終作である。

 従軍看護婦を志願するものの、不整脈を理由に却下されたヒルダ。「田舎へ引っ込んで養鶏でもやるわ」とくさる彼女に、フラー警部補が住み込み看護婦としての潜入捜査を打診する。
 その潜入先とは、最近不可解な事件が頻発するというローランド屋敷だ。女主人アリスのもとに、真珠湾攻撃をきっかけに疎開してきた姉のニーナとその娘トニーの三人が、使用人たちと暮らしている。事件の中心となるのは娘のトニー。彼女は夢遊病の状態で母親ニーナに対して発砲事件を起こし、そのほかにも母親と乗っていた自動車でも大事故を起こしていたのだ。トニーは理由もなく婚約を破棄したばかりで、精神的に不安定だというのだが……。

 ローランド屋敷の秘密

 ラインハートはご存知のようにHIBK(Had-I-But-Known=もし知ってさえいたら……)派で知られる作家。内省や忖度が多すぎるヒロイン、勿体ぶった語り口など、全体的にネガティヴな印象が強くて個人的には苦手な作家なのだが、それをいい意味で裏切ってくれたのが、ヒルダ・アダムズを主人公とする『ミス・ピンカートン』だった。一番の魅力は何といっても溌剌とした主人公のキャラクターにあるが、ストーリーなども予想以上に動きがあって悪くない一作だった。
 本作はそのヒルダ・アダムズ・シリーズの最終作である。『ミス・ピンカートン』では二十代の印象があったヒルダだが、本作ではアラフォーに差し掛かっており、まずそこに驚く。
 シリーズものの女性主人公でここまで年齢を重ねた設定はあまり記憶になく、白髪や不整脈などの話が出るなど、ヒルダがそろそろアマチュア探偵引退を考えるところなどが小ネタとして差し込まれる。挙句にフラー警部補とのロマンス(寿退職?)なども匂わせて、著者はシリーズの完結を考えていた気配が濃厚である。

 そんな興味を盛り込みつつ、メインストーリーもなかなか興味深い。娘に二度殺されそうになり、今も娘の支配下に置かれる母親という設定が強烈だ。そんな状況を周囲の人間がなぜ放っておくのかという疑問もあり、導入としては悪くない。
 さすがに強引すぎるため、各人の行動などには説得力に欠けるきらいもあって、そこが惜しいところではあるが、サスペンスも上々で全般的には楽しく読めた。

 ただ、これは本当にどうしようもないところだが、解説でも触れられているとおり、本作には現代の倫理観にそぐわない記述がある。本書は私家版だからこうして刊行することもできたのだろうが、正直、商業出版では難しいだろう。とはいえ作品を無かったことにするのではなく、誤った部分を踏まえたうえできちんと作品と向き合うことが重要である。古典に接するとき、せめてそういう意識はもって読みたいものだと思う。

テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌


 HIBK派の元祖として知られるメアリー・ロバーツ・ラインハートなので、その作品はサスペンスやロマンスを基調とした単発作品と思われがちだが、シリーズ探偵も複数創造している。論創海外ミステリからはすでにその代表格である『レティシア・カーベリーの事件簿』が刊行されているが、本日の読了本はもう一人の代表格、ヒルダ・アダムズ看護婦を主人公とするシリーズの長編『ミス・ピンカートン』である。
 シャーロキアンにしてクラシックミステリの翻訳家・平山雄一氏が個人で発行しているヒラヤマ探偵文庫からの一冊。

 ミス・ピンカートン

 まずはストーリー。ヒルダ・アダムズは看護婦が本職ながら、その行動力や機転をかわれて警察の手伝いもするうら若き女性だ。本日も本業を終えてやっと眠りにつこうとしたところ、警察の上司であるパットン警視から呼び出しを受ける。
 言われるままに目指したのは、かつての富豪ミッチェル屋敷。今ではその財産もかなり失ったと聞いてはいたが、名家としてまだ知られる存在だった。ところがヒルダが到着すると、驚いたことに屋敷は警官だらけ。現在のミッチェル家の主人は老婦人のミス・ジュリエットだが、その甥ハーバートが拳銃で亡くなったのだという。しかもその原因が事故、自殺、殺人すべての可能性がある。ヒルダはミス・ジュリエットの看護婦として務めながら、屋敷内の情報を集めることになるが……。

 個人的にはHIBK派は好みではなく、「もっと早く知ってさえいたら、…は避けられたのに」などどいう持って回った語りもそうだし、基本的に受け身のヒロイン、あえて主人公らに失敗させてストーリーを盛り上げたりする手法も引っかかるところである。
 だが、意外にも本作はシリーズ探偵が活動的な若い女性ということで、これまでのラインハート作品のイメージをけっこうひっくり返してくれている。「もっと早く知ってさえいたら、…は避けられたのに」というフレーズは相変わらずあるものの、キャラクターはアグレッシブだし、ストーリーも起伏に富み、事件の真相も予想以上に複雑で現代的だ。ラインハートはこれまで五、六作は読んでいるが、これまでのなかでは一番面白いのではないか(ただし『大いなる過失』は未読)。
 まあ、警察が看護婦を捜査に仕うという、そもそもの設定は無茶だけれども、この時代の女性の地位を考慮すると、こういう形でなければ女性のシリーズ探偵を成立させにくいという事情はわかる。ただ、看護婦であれば時間や場所を問わず活動しやすいという面もあり、なかなか悪くない手である。

 なお、作中のヒルダは活発な女性ということもあって、けっこうボーイッシュな口調になっているが、表紙のイラストを見るかぎりはもう少しお淑やかなイメージ。著者のイメージはどちら寄りだったのか少し気になった。

テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌


 M・R・ラインハートの『レティシア・カーベリーの事件簿』を読む。
 ラインハートといえば言うまでもなくHIBK派の元祖なので、どうしてもサスペンスやロマンスに基調を置いた長篇ばかりを書いていたイメージが強いのだが、実はシリーズものの短篇もけっこう残している。
 レティシア・カーベリーを主人公とするシリーズもそのひとつ。本書の刊行が1911年だからホームズと時代がかぶるとはいえ、もちろん"ホームズのライバル"なんてことはない。かといってお得意のHIBKタイプでもなく、あくまでキャラクターのやりとりの面白さだけで読ませる話が多いようだ。
 収録作は以下のとおり。

The Amazing Adventures of Letitia Carberry「シャンデリアに吊された遺体」
Three Pirates of Penzance「ペンザンス湖の三人の海賊」
That Awful Night「恐怖の一夜」

 レティシア・カーベリーの事件簿

 正直いって内容的にはかなりきつい。
 「シャンデリアに吊された遺体」は中篇で、本書中では一番ミステリらしい作品。霊安室に安置されていたはずの降霊術師の老人男性の遺体が、なぜか別の病室で首を吊った状態で発見されるという物語である。
 出だしは期待させるけれども、描写が悪いのか構成が悪いのか(おそらくその両方)、全然状況が把握できない。久々に読むのが苦痛だったが、我慢して待った真相はひどいものである。なお、ポーのモルグ街のネタに言及したりもしているので未読の人は要注意。

 「ペンザンス湖の三人の海賊」と「恐怖の一夜」の両短篇は、もはやミステリという感じでもなく、完全にレディたちのドタバタを楽しむことが目的の話。当時のこういう需要は理解できないこともないが、個人的にはほとんど引っかかるところがない。こういうタイプばかりなら、さすがにこのシリーズはもういいわ。


テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌


 パソコン修理の見積がなかなか届かない。いい加減、相方のを借りるのも面倒になってきたので自宅ではパソコンに触れない生活を送るようになってきた。幸か不幸かその分読書の時間がとれるようになってきたので、たまにはこういう時期もあっていいんだろうな。あ、でもテレビゲームをする時間が少し増えてるかも(苦笑)。

 快調に刊行が続く(続きすぎ、という話も)論創海外ミステリから『ジェニー・ブライス事件』を読了。HIBK派の大御所にしてアメリカのクリスティとも言われたラインハートの作品。

 ピッツバーグで毎年のように街を襲う洪水。その洪水のさなか、ある下宿で殺人事件の疑惑が……というお話。主人公は下宿のおかみさんだが、よくある安下宿のおかみっていうイメージとはかけ離れた、上品な立ち振る舞いの初老の女性である。ラインハートの作品では若いヒロインばかりだと思っていたのだが、こういうパターンもあるのだとちょっと驚く。おまけに今までに読んだ他の作品ほどサスペンス色が強くなく、それどころか本格っぽい香りを漂わせていることも新鮮。

 とはいっても、結局は主人公は何もせぬまま、事件の方から解決されにやってくるあたりがHIBK派のHIBK派たる由縁。出だし快調なれども、コクの無さ、キレの無さ、物足りなさはどうしようもない。設定は面白く、ラインハートの作品の中でも異色作だと思うのだが(まあ、数えるほどしか読んでいないんだけど)、ミステリとしては凡庸な出来であろう。


テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌


 ちょっとした用事があって、府中から聖蹟桜ヶ丘から百草園、高幡不動あたりを車で巡る。ついでに高幡不動でお参りしたが、多摩は土方歳三の出身地ということもあって、さながら新撰組祭り。ううむ、やはり大河ドラマになると扱いが変わりますな。

 メアリ・ロバーツ・ラインハートの『黄色の間』読了。うう、これは辛かった。いわゆるHIBK派とコージーは基本的に体質が合わないので普通だったら対象外なのだが。ラインハートだけはミステリの歴史に確固たる足跡を残したHIBK派の大御所だし、それほど翻訳が出ているわけでもないので、つい手にとってしまうんだよなぁ。そしていつも後悔する。

 もしご存じない人がいるとあれなので、ちょっとHIBK派というのを説明しておくと、これは「もし知っていたら……は避けられたのに」という語りを入れることで、読者に迫る恐怖を予め匂わせ、サスペンスを盛り上げるという手法である。今ではこのスタイル自体時代がかかりすぎていてシラケてしまうし、当時でも多用すると御都合主義に陥りやすいという欠点も含んでいたのだ。

 ところで本作を読んで、なぜラインハートが自分に合わないか再確認できたのだが、特にHIBK派がダメというわけではないようだ。それよりも場面に応じて視点が変わりすぎることに問題があるような気がする。
 例えば純粋に主人公の視点で物語を進めたり、あくまで客観的に三人称で進めてくれればよいのだが、場面ごとに一定の登場人物に感情移入するように書かれ、あまつさえ心理描写まで入れるものだから、すっかりこいつは犯人ではないことがわかってしまうのである。これではサスペンスも何もあったものではない。さらには鍵を握る人物のほとんどが隠し事をしており、そういう場合に限って心理描写もないので、読んでいてイライラすることおびただしい。

 実は本作で語られる真相は、決して単純ではない。っていうか、かなり複雑な状況なのであるが、手がかりを隠して隠して、一気にどばっと終盤でぶちまけられるものだから、もう何でもいいやって気になってしまう。伏線などは一応あるし、それなりに意外な真相なのだけどね。主人公だと思っていたヒロインですら隠し事をするし、読者は本当に流れにまかせて、ただ傍観するしかない感じなのだ。
 ラインハートは日本ではさっぱり人気のない作家だが、アメリカでは未だに根強いファンもいると聞く。その魅力の秘密を本当に知りたい。いや、マジで。クラシックは大好きだし、かなり温かい目で見ているつもりなのだが、これだけはだめだ。すまん。


テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2022 探偵小説三昧, All rights reserved.