ADMIN TITLE LIST
Selected category
All entries of this category were displayed below.

 影と陰

 本日の読了本はイアン・ランキンの『影と陰』。
 不法占拠された住宅で若者の死体が見つかった。当初はヘロイン中毒による事故死かとも思われたが、実は毒を注射されての殺人であることが判明し、リーバス警部は捜査を開始する。十字架の形に横たわる死体、その横に立てられた二本の蝋燭、壁に描かれた五芒星。果たしてこれはカルト宗教絡みの犯罪なのか。捜査を進めるリーバスは、やがてエジンバラのもうひとつの顔に直面することになる……。

 本書はご存じリーバス警部ものの二作目にあたる。リーバスもの第一作の感想でも書いたが、ベースの部分というか、あるいはシリーズのテーマみたいなものは最初からほぼ確立されているので、それほどの違和感はない。シリーズのレギュラーもちらほら顔を出しており、そういう流れを確認できるのは楽しい限りだ。
 ただ、これも第一作の感想で書いたことだが、シリーズの新しい作品に比べて(なお『血に問えば』『獣と肉』は未読)、いろいろな意味でコクに欠ける。

 例えば、本書でモチーフに使われるのはスティーヴンスンの『ジキル博士とハイド氏』である。いうまでもなく人間が抱える善悪の二面性、そしてエジンバラという地方都市が抱える光と闇の両面を描いているわけである。だが本書の事件を通して見えてくる人と都市の二面性など、それほど珍しい設定とも思えないし、ましてや『ジキル博士とハイド氏』を象徴的に担ぎ出すほどのものでは決してない。
 また、それを悪魔主義的に味つけするのはかまわないとしても、そこから大したサスペンスも恐怖も生まれてこないのでは、ただ賑やかしに入れてみたと思われても仕方あるまい。

 登場人物の描き方もいろいろと気に入らない。初っぱなに現れるリーバスの恋人らしき女性、元の妻であるジルとの関係、事件の関係者である若い女性など、リーバスの人間性を描くのに十分な配役を用意しながらもツッコミが甘く、読み手にリーバスの痛さがもうひとつ伝わってこない。
 周囲の刑事たちとの関係もそう。唯一、ホームズという若い部下の刑事とリーバスとの対比が注目されるぐらいで、上司や同僚などもっと掘り下げてもらいたい人物も少なくない。
 そもそも肝心のリーバスが、ずいぶん物わかりの良い刑事に思えてしまうのはなんとも歯がゆい。シリーズものだと巻を重ねるにつれて性格が円くなっていくことは往々にしてあるけれど、リーバスに関しては今の方がよほど尖っている。リーバスの存在意義、本シリーズの抱えるテーマはしっかりと感じ取れるが、それが読み手に響くにはまだしばらくの成熟が必要だったのだろう。そしてそれが『黒と青』などの傑作に結実するのだ。

 まあ、いろいろと批判してしまったが、読んでいる間はそれなりに楽しめる。必読とは思わないが、シリーズのファンならやはり読むしかないんだろうなぁ。


テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌


 本日は早めに会社を出て、自分へのご褒美に久々に書店をぶらつきながら帰る。といっても古本にはさしたる出物もない。でも新刊でロバート・クレイスの『ホステージ』やネルソン・デミルの『ニューヨーク大聖堂』、『明治探偵冒険小説集2快楽亭ブラック集』などが出ていて満足。相方用にはマージョリー・クォートンの『牧羊犬シェップと困ったボス』。創元とはいえさすがにこれはミステリじゃないよね?

 読了本はイアン・ランキンの『紐と十字架』。リバース警部シリーズのなんと一作目である。このシリーズ、日本で初めて登場したのはポケミス『青と黒』だが、それが実にシリーズ8作目。作品はもちろん単独でも楽しめるが、レギュラー陣やリバースの過去など、気になる部分がずっとほったらかしだったわけだ。で、その過去を埋める部分、すなわちシリーズの1~6作目がこのたび文庫で出ることになったらしい。まあ、順番は違ったが出るだけよしとしよう。

 で、その一作目『紐と十字架』だが、エジンバラを舞台に起こる少女連続殺人を描いている。同時にリバースの弟マイケルとの絡みや上司ジルとの恋愛など、基本的な雰囲気や構成はほぼ確立されていると言ってよいだろう。ただ、いかんせん全体の質が最近の作品ほどには高くない。
 特に人物像や人間関係の描き方についてはずいぶんサラッとしており(あくまで今と比べてだが)、いいポジションで登場してきた割には腰砕けに終わっているキャラクターも少なくない。それは例えば犯人像であったり、新聞記者であったり。さすがにリーバスについてはそこそこいい感じで書き込まれてはいるが。
 プロットもなんともシンプルで、犯人を特定する手段などもこれではちょっと……。
 シリーズの熱心な読者なら必読だが、おすすめかと聞かれると、ためらってしまうのは致し方あるまい。


テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌


 いろいろな懸案事項が山積していて、思わず、うわーーーーと叫びたくなる今日この頃。気持ちが現実逃避に向いているのか、なぜか読書だけははかどるはかどる(笑)。

 さて今日の読了本はイアン・ランキンの『貧者の晩餐会』。
ランキンの短編集が日本で刊行されるのは初めてのことだが、いや、ここまで良いとは。リーバス警部ものとノン・シリーズものが混在した形は若干気になるが、品質そのものは間違いなく一級品。長編とはうって変わった軽やかさ。ぎりぎりまで切りつめたキレの良さ。オチの巧みさ。作風もバラエティに富むうえ、長編ではあまりお目にかかれない技法もいろいろと試しており、読んでいてまったく退屈することがない。あえて味わいを他の作家に例えるなら、ローレンス・ブロックの短編がこれに近いかも。
 特に犯罪者を主人公にしたものが印象に残ったが、この軽いノリで別シリーズの長編も書いてくれると嬉しいかも。

Introduction「序文」
Trip Trap「一人遊び」
Someone Got to Eddie「誰かがエディーに会いにきた」
A Deep Hole「深い穴」
Natural Selection「自然淘汰」
Facing the Music「音楽との対決」
Principles of Accounts「会計の原則」
The Only True Comedian「唯一ほんもののコメディアン」
Herbert in Motion「動いているハーバート」
The Glimmer「グリマー」
Unlucky in Love, Unlucky at Cards「恋と博打」
Video, Nasty「不快なビデオ」
Talk Show「聴取者参加番組」
Castle Dangerous「キャッスル・デンジャラス」
The Wider Scheme「広い視点」
Unknown Pleasure「新しい快楽」
In The Frame「イン・ザ・フレイム」
The Confession「自白」
The Hanged Man「吊るされた男」
Window of Opportunity「機会の窓辺」
The Serpent's Back「大蛇の背中」
No Sanity Clause「サンタクロースなんていない」


テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌


 本日の読了本はイアン・ランキンの『甦る男』。すっかりポケミスの顔となりつつあるリーバス警部ものである。
 今回のリーバスは、なんと警察官の再教育施設に放り込まれており、同じく再教育を受けている五人の刑事たちとともに、協調性を養うという名目の下、過去の未解決事件を捜査することになる。しかし、実はその事件が、リーバスにとって過去の悪夢といえるほど危険な因子を孕んでいた。一方、リーバスが再教育施設に放り込まれるきっかけとなった美術商殺害事件もリーバスの腹心の部下、シボーンの手で進められていたが……。

 相変わらず巧い。はみ出し刑事ばかりを集めてチームを作るという冒頭も面白いし、その事件がリーバスの過去につながり、しかも、再教育施設送りとなったそもそもの理由など、さまざまな出来事がモザイクのように複雑に絡み合う。おまけに(って全然おまけじゃないんだが)同時進行で流れる二つの事件の捜査、リーバスのプライベートなど、とにかく見どころがてんこ盛りで、どうやって決着をつけるのかと心配になるほどだ。
 終盤に入るか入らないかの辺りで事件そのものは見えてしまい、トリッキーな結末を期待する向きには少々物足りないだろう。だが、終盤に入って少しづつもつれた糸が解けてゆく様は見事。登場人物もこれだけ多彩なのに個性が際だち、今後が気になる新人さんも多い。
 とりあえず真っ当な警察小説を読みたかったら、最近ではこのリーバスものが一番である。長すぎるのだけが玉に瑕か。

テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌


 エジンバラを舞台に描く、一匹狼の刑事ジョン・リーバスの活躍。こう書いてしまうと陳腐だが、イアン・ランキンが書き続けているこのリーバス・シリーズは、どれも一定の水準をクリアしており、警察小説やハードボイルドのファンならいまや安心して楽しめるシリーズになった感がある。
 作者によると、この一連の物語はリーバスがエジンバラという土地とどう折り合いをつけていくか、というテーマで書かれているらしいが、もちろんそれだけではない。リーバスと酒との折り合い、警察内の同僚や上司との折り合い、恋人との折り合い、犯罪との折り合い……とにかくさまざまな読み方が可能で、そのどれもがメインテーマになるだけの深みをもった物語なのである。いまこの水準に達しているハードボイルド系のシリーズは、ローレンス・ブロック書くところのマット・スカダー・シリーズかマイクル・コナリーのボッシュ・シリーズぐらいではなかろうか。
 そういうわけで本日の読了本はイアン・ランキンの『滝』。

 幕開けは女子大生の失踪事件。銀行家の娘フリップが謎の失踪を遂げ、リーバス警部らが捜査を開始するが、手がかりらしい手がかりはつかめない。やがてクイズマスターと名乗る人物が、彼女とEメールで接触していたらしいことをつかみ、同僚のシボーン刑事がメールでゲームマスターとの対決を開始した。一方、リーバスはフリップの実家近くで発見された、人形を入れた柩に注目する。はるか以前に起きた連続殺人で、同じように柩が発見されていたのだ。警察内部の醜聞や軋轢も重なるなか、捜査は困難を窮めてゆく……。

 期待を裏切らない面白さ。登場人物も限られているので、かなり犯人も絞られてくるが、半歩ほど読者の先をいく感じがほどよい。ゲームマスターとの対決を続けるシボーン、人形の謎を追うリーバスという、2つの流れを融合させる技術もさすがである。ただしゲームネタについてはエジンバラについての知識などが必要なので、日本人読者には敷居が高すぎます(苦笑)。でもこの雰囲気は悪くない。
 だが、やはり読みどころはリーバスを中心とした人々のドラマだろう。それがいいことなのか悪いことなのか。シリーズものにありがちだが、事件そのものより主人公の生き方により興味が移ってしまうのである。本シリーズもそれは避けようがなく、メールによるゲームでの闘いや怪奇趣味など事件の設定も面白いのだが、どうしても人間ドラマの方に気が向いてしまう。
 本作でも元恋人で上司のジルや、部下のエレン、シボーン、グラント、そしてジーンという新たな恋人に至るまで、さまざまな人間を巻き込み、丹念にドラマが描かれる。もちろんリーバスも御同様。ただし、事件との絡め方は自然で、キャラクターだけで読ませる小説とは一線を画しているのでご心配なく。
 ところで初登場時に比べると、リーバスもずいぶん丸くなった感じもする。それこそエジンバラとの折り合いをうまくつけている証拠なのだろう。ただ、そうなると逆に気になるのは翻訳されていないシリーズの初期作品。作品の質や営業的なこともあるだろうが、ここはぜひ早川書房にがんばってもらって全冊出してもらいたいのだが。

テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 探偵小説三昧, All rights reserved.
ネット小説