ADMIN TITLE LIST
Selected category
All entries of this category were displayed below.

 風間光枝探偵日記

 論創ミステリ叢書から『風間光枝探偵日記』を読む。なんと木々高太郎、海野十三、大下宇陀児というビッグネームが、雑誌『太陽』の企画に応じて書いた、風間光枝を主人公とする連作短篇集である。下の収録作を見てほしいが、これは当時の掲載順どおりで、木々から始まり、海野>大下の順で、毎月書かれたらしい。とにかくこの強烈な異なる個性の三人が、本当にちゃんと共通の設定で書いていったのかがまず注目される。
 もうひとつ特筆すべきは、主人公の風間光枝が、日本のミステリにおける女性探偵第一号(“隼お秀”という存在もいるけれど、彼女は一応スリだし)ということ。掲載は1939年から1940年、軍靴の音も激しくなってきた頃だから、その時代の職業婦人(しかも探偵である)という存在、さらには各作家の女性観などもうかがえるなど、けっこう様々な観点から読めそうな設定ではある。
 なお、本書はこれに海野十三の、風間美千子を探偵役とする連作短篇“科学捕物帳”、さらには同じく海野十三の女性探偵もの、“蜂矢風子探偵簿”を収録。さながら女性探偵黎明期集の様相を呈している。収録作はこちら。

■“風間光枝探偵日記”
木々高太郎「離魂の妻」
海野十三「什器破壊業事件」
大下宇陀児「危女保護同盟」
木々高太郎「赤はぎ指紋の秘密」
海野十三「盗聴犬」
大下宇陀児「慎重令嬢」
木々高太郎「金冠文字」
海野十三「痣のある女」
大下宇陀児「虹と薔薇」

■海野十三“科学捕物帳”
「鬼仏洞事件」
「人間天狗事件」
「恐怖の廊下事件」
「探偵西へ飛ぶ!」

■海野十三“蜂矢風子探偵簿”
「沈香事件」
「妻の艶書」
「幽霊妻」

 いやあ、これは楽しいわ。本格探偵小説としては、まあこの三人なので端から期待はしていなかったし、まあ予想以上にお馬鹿な話ばかりなのだが(笑)、ミステリマインドというかサービス精神というか、そういう要素は十分すぎるほど盛り込まれているのだ。
 「離魂の妻」がまずいい。さすが探偵小説芸術論を唱えた木々高太郎らしく、叙情性の高いショートドラマに仕立てており、しかも風間光枝の登場シーンを一作目ならではという印象的な形にまとめあげている(謎解き的にはダメダメですが)。ここでの風間光枝は、二十歳という年齢とは思えない、大人の雰囲気を醸し出している。
 さて、このロマンティズムをどう引き継ぐのかと思いつつ、ページをめくるとそこは海野十三。「離魂の妻」の余韻冷めやらぬうち、「什器破壊業事件」では作風もキャラクターもまったく変貌している。あの淑女然とした風間光枝はどこへやら、若干二十歳という年齢どおり、いやもっと子供っぽいぐらいの活動的な娘となり、作風もユーモアを全面に押し出すタイプ。加えて海野のシリーズキャラ、元祖迷探偵の帆村荘六まで登場させ、主役の座をかっさらっていってしまう。
 三番手、大下宇陀児はどうくるか。後期は社会派としての顔が強くなった彼だが、やはりこの頃はまだまだ茶目っ気たっぷり。「危女保護同盟」ではしっかりと海野の路線を引き継いでいる(さすがに帆村は出していないが)。ただ女学生の同窓会に端を発し、そこからスパイ事件まで強引にもっていくあたりは鮮やか……いや、さすがに無茶で、その功績はワトソン役に降格寸前の風間光枝に花を持たせたところか。

 とまあ、こんな感じで繰り返し三人の作風の違いを楽しめるのが素晴らしいといえば素晴らしい。これでも連載前には三人の作家が集まって設定等を打ち合わせたというのだから恐れ入る。ただ、海野の作風はかなり刺激的で、大下ばかりか木々すら最終的には海野の路線に染まってきているのが面白い。海野は特にこの女性探偵の設定が気に入ったようで、“科学捕物帳”と銘打った風間美千子ものは名前を見てもわかるように、ほぼ風間光枝ものといってよい。もちろん帆村も登場し、その掛け合いがいいアクセントになっている。
 なお、“蜂矢風子探偵簿”は戦後の作で、風間光枝ものに比べるとやや落ち着いた印象。それでも「幽霊妻」がSFミステリ仕立てであるところなど、やはり海野十三は侮れない。

 現代の基準で本書を語れば、確かにレベル的にはいまひとつ。だが上でも書いたように、戦時下の女性の在り方が垣間見えたり、各作家らの女性観なども直接的に伺える点などは、やはり興味深い。作品的にも全部がバカミスとかではなく、ミステリとしてのツボは押さえている。同時代の他の作家に比べると明らかに読ませる力は高い(もちろん乱歩や正史と比べるのは反則)。
 戦前の国産探偵小説に理解のある人なら、間違いなく酔える一冊。過大評価しすぎだな、今日は(苦笑)。

テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌


 中央公論新社が頑張っているのか、編者の長山靖生氏が頑張っているのか、ここ数年で思い出したように海野十三の著作が出続けている。『明治・大正・昭和 日米架空戦記集成』や『懐かしい未来』などというアンソロジーも含めれば、かなりの量にのぼるはずだ。詳しいことはわからないが、三一書房の『海野十三全集』に収録されなかった作品を積極的に取りあげているらしく、やがては完全版『海野十三全集』に結びつけば嬉しいかぎり。できれば三一書房版で弱かった探偵小説もまとめてもらいたいものだ。

 そんなわけで、本日の読了本は『海野十三戦争小説傑作集』。タイトルどおり、海野十三の戦記小説を集めた短編集だ。リアルな戦記物は読んでいて辛いが(作品の出来というわけではなく、それらの小説を海野が書いていたという事実に)、それでも戦術や戦略という点では、軍人が考えもつかないようなアイデアを披露するし、ましてやユーモアやSF絡みの戦記小説に至っては、今読んでも十分唸らせるだけのものを持っている。
 特に金博士を主人公としたシリーズは傑作。金博士は国を問わず兵器などの開発を請け負う謎の天才科学者だ。しかし依頼人の注文にはすんなり応ずることがなく、依頼人に手痛いしっぺ返しを見せることで戦争そのものを揶揄する、というスタイルのシリーズなのだ。戦時下の日本において、よくこれらの作品が許されたものだと感心し、同時に海野十三の引き出しの多さにも感動するのである。
 最後に収録作。

「空襲下の国境線」
「東京要塞」
「若き電信兵の最後」
「のろのろ砲弾の驚異」
「アドバルーンの秘密」
「独本土上陸作戦」
「今昔ばなし抱合兵団」
「探偵西へ飛ぶ」
「撃滅」
「防空都市未来記」
「諜報中継局」

テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌


 海野十三の『地球盗難』を読む。以前に読んだソノラマ文庫版と違い、本作は桃源社版で、「地球盗難」の他に「海底大陸」「怪鳥艇」を収録した中編集的一冊。「地球盗難」の感想については以前の日記に書いたので省略し、他の2冊について触れておこう。

 「海底大陸」は「地球盗難」同様、地球侵略ものに近いが、相手は宇宙人ではなく、海底人である。和平を願う日本人科学者と海底人の願いもむなしく、イギリス人らの手によって戦争へと導かれる、というストーリー。露骨な反欧米感情、ただしドイツには好意的という、当時の世相を強く反映している点は相変わらず。海底大陸に暮らすうち軟体動物のような姿になった海底人の設定などは面白いが、これからというところで物語が終わっているのはどうにも物足りない。

 「怪鳥艇」は、怪鳥艇という未来的航空機に若干のSF要素は感じられるものの、基本は軍事冒険もの。ただし、怪鳥艇を開発し操縦するのが少年たちという設定で、しかもその目的が消息を絶った父を捜すため、加えてたった2機でアメリカ軍の戦闘機編隊を軽く一蹴してしまうところなど、トンデモ度は高い。だが時代ゆえの偏見を取り除いてみれば、傑作『浮かぶ飛行島』に匹敵する冒険活劇といえるだろう。タイムリーにこの作品を読んだ当時の子供たちは、主人公の少年たちの活躍に胸躍らせたに違いない。惜しむらくは終盤に主人公の父親が見つかってからの展開が慌ただしいこと。これは「海底大陸」にもいえるのだが、初出時の事情(雑誌連載の都合とか)でもあったのだろうか?

テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌


 なんだか最近物忘れが多い。二、三日前の日記を書こうと思っても、いったい何をやっていたのか完璧に記憶が落ちていることが多く、手帳を見て何とか思い出す始末である。まあ、本の場合、その方が再読がきいて良いという話もあるが、あまり洒落にはならんなぁ。たんに歳をとっただけのことならいいのだが。

 読了本は海野十三の『火星兵団』。タイトルからも想像できるように、本書は火星人の地球侵略を描いた作品である。だが実はもうひとつ、巨大彗星の地球衝突という大きな軸がある。このとんでもない二大ピンチを地球人はいかにして解決するのか、見所はまさにそこにある。
 本書はもともと1939年から1940年にかけ、大毎小学生新聞と東日小学生新聞で連載されたものだ。海野お得意の、戦争の影響を色濃く反映したジュヴナイルというわけで、例によって国威高揚ものといってはそれまでだが(しかも巻頭にはご丁寧に海野自身の言葉で、その旨をはっきり謳っている)、長期連載の大作ながら意外なほどストーリーに破綻が無く、実にまとまった出来となっている。徐々に明らかになる火星人の意外な秘密、その対応策、クライマックスにかけての盛り上がり、複数の主人公によるカットバック的手法などなど、新聞の連載とは思えないほど考えぬかれた構成で、思いのほか楽しく読めた。同じような話でも『地球盗難』などはもうひとつこなれていない印象だったが、本書は『浮かぶ飛行島』と並ぶジュヴナイルの佳作といえるだろう。当時の科学知識やら日本人の意識など、もちろん今読めばトホホなところも多いのだが、これだけの大風呂敷を広げられる作家が、当時の日本人にどれだけいたことか。
 ただ、欠点もないではない(というかかなりでかい欠点だが)。肝心の巨大彗星の解決がかなり適当なのである。これさえなければ傑作といえたのに、誠に残念。

テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌


 DVD『座頭市』を観る。もともと北野監督の作品は淡々とした描写が多く、かつ巧いと思うのだが、それがハードボイルド系の作品には殊の外マッチする。デビュー作の『その男凶暴につき』もそうだが、基本的には殺伐としており、そのなかにほんの少しだけ効かせた優しさがなんともいい味を出す。『座頭市』にしても、座頭市は主役であって主役でない存在。この距離感がハードボイルドなんである。従来の時代劇にありがちな人情話は抑えめに、殺陣とエピソードでクールに繋ぐ。見事です。強いていえば多すぎる回想シーンがちょっと煩わしいか。

 読了本は海野十三の『地球要塞』(桃源社)。収録作は「地球要塞」「太平洋魔城」「浮かぶ飛行島」の三作。短めの長編というか中編を集めたもので、一応どれも要塞ものというか秘密基地ものというか、つまりそういう軍事要塞を巡っての戦いを描いた少年向けの物語。ミステリではなく、軍事科学小説である。
 このうち「浮かぶ飛行島」については以前の日記に書いたとおりで、盛り沢山の活劇に意外なほど面白く読めたが、結局、他の二作についてもほとんど同じような話なので、続けて読むと少々食傷気味(苦笑)。勇気や精神力だけでなく科学力をもっと高めないと諸外国に遅れをとるぞ、というテーマも常に一貫している。だがあまりにも科学色を強めた「地球要塞」は、少しやりすぎではなかろうかと、要らぬ心配をするほどである(笑)。
 ちなみに最近読んでいる小栗虫太郎の諸作品も同時代に書かれたものだ。まだ探偵小説というジャンルが熟成していない昭和初期という時代にあって、二人のベクトルの差がここまで開いているのが興味深い。

テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌


 とりあえず年が明ける。一日中、酒を飲み、おせち料理や雑煮を食い、テレビや本を見てダラダラ。こういう生活を一ヶ月ぐらい続けてみたいものだが、やっぱりダメ人間になっちゃうんだろうな。それはそれで楽しそうな気もするが(笑)。

 新年一発目の読書は海野十三の『深夜の市長』。昨年の一冊目はハリポタだったので、少しはミステリっぽいっものから始めようと思ったのだが、これがなかなか変な話であった。
 主人公は検察局に勤めるかたわら探偵小説も書く「僕」。夜になると街を徘徊するという変わった趣味があるのだが、その途中で殺人事件に巻き込まれ、「深夜の市長」と名乗る老人に助けられたことから奇妙な体験をすることになる……。
 一言でいうと幻想味の強いスリラーといった感じだが、とにかくストーリーの先が読めない妙な話である。アクションは多いし、意外な真相もあり、一応は探偵小説の骨格を備えているが、このバランスの悪さは海野の作品に慣れている人でもちょっと戸惑うかもしれない。とにかく作者の狙いが掴みにくいというのが本書の欠点でもあり、長所にもなっている。よく言えば読後の印象はチェスタトンの『木曜の男』と似た感じだ。だが残念ながら海野は本書でそこまでの高みを狙っている風はない。
 例えば、本書の肝といえるT市の昼と夜の二面性が、思ったほど鮮明に描かれていないのは惜しい。もちろん物語の設定としてはハッキリと違いを出しているが、その質に差がないというべきか。夜の顔がより幻想的に、より狂気をはらんでいれば、大傑作になった気もするのだが……。
 そんなわけで、このままでも面白いことは面白いが、十分に設定を生かしきれていないかなというのが正直なところ。雰囲気に押されて深読みしたくなる設定ではあるが、あくまで娯楽小説として読むのが適切であろう。

テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌


 『赤道南下』を読んだ影響で、『海野十三敗戦日記』もすぐに読んでおかねばという気になる。『赤道南下』は開戦2年目に書かれたこともあり、まだまだ物資も豊富な時期であり、国全体がイケイケの状態である。書かれた内容も国策に沿ったものという印象は拭えない。
 しかし、『海野十三敗戦日記』は終戦の直前から終戦にかけて書かれたものであり、しかも空襲のど真ん中にあっての日記だ。いかに愛国者の海野といえども、毎日のように飛来する爆撃機を見てそこまで楽観はできないはずだが、それでも彼の希望の火はなかなか消えない。これを信念を持つ人間の素晴らしさと見るか、それとも洗脳教育の恐ろしさと見るか。その結果はともかくとして、当時に正しい判定が下せるかどうかとなると、自分だって全然自信がない。それどころか今の日本にしたって右にならえの風潮は決して弱まってはいないわけで、もしかすると当時よりひどいものがあるかもしれない。現代はさまざまな価値観がある時代とも言われるが、そのくせ人と違うことを恐れる傾向は強い。日本人ならではの特質と言われることも多いが、自分も含めて何とも歯がゆいかぎりだ。
 なんだか『海野十三敗戦日記』の感想とはずれてきたな。元に戻そう。
 本書でもっとも興味をかきたてられるのは、不謹慎ではあるが、やはり海野が一家心中を考えるところである。そしてその決意を妻に伝えると、妻はすでに子どもたちにもその旨を教えており、しかも子どもたちも了解済みという。なんとも壮絶。海野の主義はともかくとして、家長として彼が考え行動する姿勢はおいそれと真似できるものではない。もともと彼はただの憂国の徒ではなく、正義の人なのである。真面目すぎるというのは簡単だが、ただそれだけではない資質というものもあるように思う。それが敗戦を迎えたときピークに達したのだ。人間海野を考えるとき、忘れてはならないエピソードであり、その資質が作品に与えていたであろう影響を考えずにはいられない。
 ううむ、なんだかとりとめのない感想になってしまった。

テーマ:書評 - ジャンル:本・雑誌


 ミステリ作家事典の本家とも言える『Twentieth-Century Crime and Mystery Writers』を購入。本当は第四版が良かったのだが、ネットで調べた限りでは、今手に入るのが第二版しかなく、結局それで妥協。で、その現物が今日届いたのだが、なんと1568ページというとんでもない代物で、しかも森英俊氏の『世界ミステリ作家事典』よりも一回り大きいサイズと聞けばそのボリュームがわかろうというもの。ううむ、こんなゴツイ事典だったのか。ちなみに本書はその森英俊氏の『世界ミステリ作家事典』にも参考文献として挙げられている、っていうか、プロのミステリ評論家や編集者には必須の一冊らしい。

 海野十三の『赤道南下』を読む。探偵小説やSF小説などではなく、海野自身が体験した報道班員としての従軍記だ。海野十三が愛国心の塊であったことは小説からもわかるし、いろいろな評伝などでも読んでいたが、ここには正にその愛国者たる海野の姿が描かれている。戦地でのたくましい兵士の姿が活写され、適度にユーモアもあり、ただ文面を追っていく分には楽しめる一冊ではある。
 ただし、戦時中ならともかく、いま現在においてこれらの話をストレートに受け取ってはならないことは言うまでもない。本書が嘘を語っているという意味ではない。本書は戦時中に書かれたプロパガンダ的性格を多分に含むドキュメンタリーであり、海野が作中で語っていない苦労や悲劇は山ほどあるのである。また、海野が自分自身を誤魔化かすかのように書いている部分も多いはず。もちろん愛国心の強い彼のこと、素直な気持ちで書いている部分も多いとは思うが、同時に彼は科学の人でもある。その彼が精神論で戦争を語ることはなんともやるせなく、ときにはその振る舞いが悲しいほど滑稽に映ることもある。
 この本は確かに楽しめる。だが、本書はもはや著者の意図とはかけ離れたところで成立する。それを読みとらないことには、この本を読む意味はないのではないか。

テーマ:書評 - ジャンル:本・雑誌


 海野十三のSFでの代表作とされている『地球盗難』を読む。ううむ、これは何と言ったらよいのやら(笑)。カブトムシ取りに出かけた中学生が、巨大なカブトムシを発見し、その後を追ううちに行方不明になる発端はよいとして<いや必ずしもよいとはいえないのだが(笑)、その他の巨大生物、宇宙人やロケット等、さまざまなガジェットを駆使して繰り広げられる壮大すぎる展開に、もうついていくのがやっと。物語がどう転ぶのかハッキリ言って見当がつかない。
 いわゆる奇想小説と呼ばれるものがあり、香山滋や山田風太郎らはその代表といえると思うのだが、彼らの作品と、海野十三のそれとは明らかに大きな隔たりがあるのではないか。ここまで空想が広がるのは素晴らしい限りだが、物語としての完成度は自由度が高すぎる分破綻しているようにも思える。もちろんその想像力の広がりは海野十三の作家としての資質を落とすものではなく、当時の日本にあってはかなり貴重なものであったはず。それでも私は、この作品にはピンとこなかった。
 「振動魔」や「人間灰」といった探偵小説を読んだときに感じたような、ゾクゾクするような喜びは残念ながら本書では感じられなかった。個人的な感性の問題もあるのだろうが……うーん、海野の他のSF作品をもっと読むまで判断は保留しとこう。

テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌


 『蠅男』に引き続き、海野十三の長篇を読む。元版は第二次世界大戦が勃発しようかという昭和十四年に刊行されたジュヴナイルで、しかも中身は戦争活劇もの。おそらくは愛国者の海野が国威高揚のために書いたと思われる作品だ。

 大戦当時は探偵小説の執筆が禁じられていたので、探偵作家は国民の志気を揚げるというお題目のもと、ニッポン万歳という軍事ものに走るか、あるいはその政策に納得できない者は捕物帳などを書くしかなかった。
 ここで多くの探偵作家は、国のために強制されて書くという行為を拒絶する道を選ぶ。この辺の事情は横溝正史などの随筆でもいろいろと読むことができるが、そんな中で敢えて軍事ものに筆を染めたのが海野だった。海野自身は非情に面倒見のいい人間で、探偵作家仲間からも好かれていたようだが、あまりにもその思想に違いがありすぎる。実際、本書でも強烈な愛国主義、対立する欧米諸国やアジア諸国への侮蔑的描写などが目白押しで(というかそういう目的で書かれているので当たり前っちゃ当たり前なのだが)、さすがに今読むとぎょっとする内容である。娯楽目的といえども、文学である。「国家におもねる作家など誰が信用できる?」という感覚は今も昔も変わらないはずだ。そんな中ある意味孤高の立場を行く羽目になる海野の胸中はいかばかりだったろうか。ましてや敗戦という結果を受けて、海野は人生も作品も下降線を辿っていったのだから。

 だが、そんな作品成立の背景などを考えず、純粋に作品の出来に目を向けると、これは間違いなく傑作である。とにかく面白い。
 タイトルにもなっている「飛行島」というのは、イギリスが作製している海上に作られた巨大な飛行場のことだ。しかし、それは表向きのこと。実はイギリスは日本を叩くための強力な秘密兵器だったのである。その謎を探るため飛行島に潜入したのが、密命を帯びた川上機関大尉だ。
 語学堪能、武術も一流、機械にも強いうえに変装まで得意の川上大尉。巨大兵器「飛行島」。怪しげな敵味方によって繰り広げられるアクションや駆け引き……そう、これは要するに海野版007なのだ。元は雑誌連載ということもあってストーリー展開もスピーディーで、ラストシーンまで一気に読ませる。
 こうなると他の児童向けも気になるが、古書となると値段がかなりとんでもないことになるし、ううむ、そろそろ全集の買い時かもしれんなぁ。

テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌



| HOME | Next

Design by mi104c.
Copyright © 2017 探偵小説三昧, All rights reserved.
ネット小説