FC2ブログ
ADMIN TITLE LIST
Selected category
All entries of this category were displayed below.

 E・C・R・ロラックの『殺されたのは誰だ』を読む。一時期は創元推理文庫で紹介が続いていたが、どうやら売り上げが芳しくなかったようで三冊でストップし、その後、論創海外ミステリで一冊は出たけれど、またまた沈黙。そして久々に昨年出たのが本書であり、忘れられるギリギリで何とかつないでいる印象である。
 ちなみに本書の版元は自費出版で知られている会社なのだが、もしかすると本書も訳者の自費出版かなとも思ったり。ソフトカバーとはいえ、この手の翻訳ミステリが1200円というのはすごいことだし、まあ普通の出版社では無理な価格設定である。おそらく訳者が身銭を切って、クラシックミステリを紹介しようという熱意で出したのかなと想像するわけである(まあ、想像なので、間違っていたらごめんなさい)。
 クラシックミステリのファンとしては買って読んで感想を書くぐらいでしか応援できないが、もう少しロラックの人気も上がってほしいものだ。

 まずはストーリー。
 舞台は第二次世界大戦下のロンドン。灯火管制で灯りの乏しいある夜のこと、マレーグ青年がリージェンツ・パークで物思いにふけっていると、殺人事件に遭遇する。一人の男がタバコに火を点けようとマッチを擦った瞬間、別の誰かによって殴り倒されたのだ。慌ててその場に駆けつけたマレーグだが、男はすでに息絶えていた。現場に近づいていた足音はおろか、逃げ去った足音も聞こえず、いったい犯人はどのような方法で殺害したのか? スコットランド・ヤードのマクドナルド警部はさっそく捜査に乗り出すが……。

 殺されたのは誰だ

 タイトルだけ見るとパット・マガーの〈被害者探し〉ものを彷彿とさせるが、いざ読んでみると全然そんなことはなくて、ごくオーソドックスな本格ミステリである。
 ロラック作品の特徴といえば、地味ながらも本格のコードをきっちり押さえた作風、冒頭の魅力的な謎、登場人物の描写の巧さ、読みやすさなどがあるだろう。ただ、アッと驚くようなトリックはなく、ロジカルな部分も意外に弱かったりするので、そういう意味では本格ミステリとしては非常にマイルドというか、管理人的には山村美紗とか内田康夫といった存在に近いようにも思える。
 とはいえ、これは決して悪い意味ではなく、当時のベストセラー作家としてロラックがあくまでひとときの娯楽を追求した結果であろうと思うわけで、それはそれでノープロブレム。

 本作はそんな作品群の中にあって、けっこういい線をいっている。地味だ地味だと言われつつ、キャラクターは立っているし、登場人物同士のやりとりや場面場面の作り方が上手いのでまったく退屈することがない。
 マクドナルド警部も個人的にはいまひとつ魅力に欠ける気がするのだが、今回は登場人物たちがやたらとマクドナルドを持ち上げるせいもあって、心なし魅力度アップという感じもあり。
 何より戦争という背景の使い方がうまい。いや、そんなテクニック云々のレベルではなく、きちんと戦争と向き合っているところが素晴らしいのだ。爆撃で山ほど死者が出ているという状況のなか、たかが殺人事件にかまけているひまがあるのかという刑事のセリフはなかなかに重く、これを当時のベストセラー作家がリアルタイムで、しかも娯楽小説のなかでサクッと書いてしまうところがすごいのである。

 そういうわけでミステリとしての技巧や驚きという点では物足りないところもあるけれど、全体的には悪くない一作。クラシックミステリのファンであれば読んで損はない。


テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌


 E・C・R・ロラックの『曲がり角の死体』を読む。英国ミステリの黄金期を支えた女流作家の一人ロラックだが、日本ではながらく紹介が遅れていた作家であり、創元推理文庫からはこれが三冊目の刊行となる。

 ちなみに初紹介は1957年に東京創元社から現代推理小説全集の第九巻として刊行された『ウィーンの殺人』。
 だが、これが出来としてはいまひとつだったらしく、その後はすっかり忘れられ、再び紹介されるには1997年の国書刊行会『ジョン・ブラウンの死体』まで待つこととなる。その間なんと四十年。これはそれほど悪い作品ではなかったが、再評価というところまではいかなかったようで、次の紹介はさらに十年後の2007年、長崎出版『死のチェックメイト』。
 そしてようやく創元推理文庫から年一冊ペースで出るようになったのが、その六年後の2013年である。
 日本で人気が定着しない原因は、作風が地味なことや、コレという突出した作品がないことかと思われるが(あくまで想像でしかないが)、質は決して悪くない。だからこそ、これまでも様々な版元から紹介されてきたのだろうし、創元にはなんとか頑張って続けてほしいものである。

 曲がり角の死体

 さて、本題の『曲がり角の死体』だが、まずはストーリー。
 大雨の深夜、舞踏会会場から大急ぎでロンドンに帰ろうとする二人の若者。だがダイクス・コーナーと呼ばれる曲がり角で交通事故に巻き込まれる。大破した車の運転席で見つかったのは、著名なスーパーチェーンを経営する実業家。だが、検死の結果、死因は一酸化炭素中毒であることが判明する……。

 本作はこれまで読んだ中ではもっとも起伏に富んだストーリーである。
 地味だ地味だと言いながら、もともと導入は面白いことが多く、アイディア自体は悪くないのである。だが足での捜査が多いせいか一気にストーリーは単調となり、その真相も手堅すぎるというか、竜頭蛇尾とは言わないけれど面白さが持続しない嫌いは否定できない。
 その点、本作は導入が悪くないところに加え、捜査と並行して田舎町のスーパー進出問題を絡めてなかなか読ませる。クライマックスではこれまでにないほど派手な展開を見せ、最後まで飽きることはなかった。まあ、真相が正直それほどではないところはいつもどおりなのだが。

 で、こんな感想を書いていてふと思ったのだが、これまでロラックが紹介されるとき、常に本格やパズラーという表現がされているが(本書の帯にも書かれている)、それがそもそも少し違うのではないかという気がしてきた。
 もちろん作品を構成する要素は間違いなく本格の体である。ただ、論理やトリックに対する興味がそれほどメインではなく、むしろ最大の魅力は登場人物の造形やそのやりとりにある。ロラックは量産型の作家だし、当時のベストセラー作家でもある。これはもしかすると日本における赤川次郎とか山村美紗とか、そういう立ち位置の人ではなかったのかと思うのである。
 そういう意識で読むと、ロラックの作品がまた違って見えるかもしれない。これは今後の課題にしておこう。


テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌


 E・C・R・ロラックの『鐘楼の蝙蝠』を読む。
 クラシックミステリの復刻ブームとはいえ、まだまだ紹介が遅れている作家はいるわけで、たとえ本邦初訳が叶っても、その後鳴かず飛ばずの作家も多い(まあ、これは現代の作家でも同じか)。
 本日読んだロラックなどはまだいいほうだけれど、それでも国書刊行会の『ジョン・ブラウンの死体』、長崎出版の『死のチェックメイト』、そして創元推理文庫の『悪魔と警視庁』と『鐘楼の蝙蝠』まで、四冊でなんと足かけ十七年。ロラックは七十作あまりの著作があるから、このペースでは生きているうちに全作翻訳で読めるのはまず不可能だろう(笑)。
 結局は人気と売れ行き次第なのだろうが、個人的にはけっこう好きな作家なので、人気も評価も定着しないのは歯がゆいばかりだ。

 まあ、それはおいといて、とりあえずストーリー。
 劇作家のブルース・アトルトンは、ドブレットと名乗る男に付きまとわれていた。彼を心配した友人のロッキンガムは、新聞記者のグレンヴィルに調査を依頼する。グレンヴィルはドブレットの住みかを突き止めるが、ドブレットは翌日には姿を消し、残された空き家からは、パリに出発したはずのブルースのスーツケースが発見される……。

 鐘楼の蝙蝠

 ロラックの人気がもうひとつ盛り上がらないのは、地味な作風が影響しているという見方もあるが、本作などはひとつひとつの要素をとってみれば決して地味なわけではない。
 若い新聞記者の冒険談という掴みはよいし、そこから首無し死体の発見という流れも引き込まれる。描写も安定しているし、ストーリーのテンポも良い。衝撃的なラストとまではいかないが思わずニヤリとさせる程度のオチはしっかりと用意してくれる。
 全然悪くないのである。十分に楽しめるレベルだ。
 どこか突出したところがないために印象として損はしているけれど、この全体的なバランスの良さ、安定感は、当時のベストセラー作家としては強力な武器だったはず。むやみにケレンを狙ってみても、かえって著者の良さが失われる可能性もあるだろう。この全体的なブレンド感をこそ味わうのがロラックの楽しみ方と思うのだが。

 なお、本書の解説ではマクドナルド警部の魅力についてプッシュしているが、少々気合いが入りすぎである(苦笑)。売上げアップのためにはまずキャラクターありきとみたのだろうが、マクドナルドも欠点が非常に少ないタイプなので、逆にアピールが難しい気がするのだがどうだろう。


テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌


 湘南探偵倶楽部さんからロジャー・スカーレットの『白魔』と『ポプラ社 少年探偵冒険小説 書影集』が届く。さっそく書影集の方をパラパラと眺めてみたが、乱歩や南洋一郎、山中峯太郎といった少年小説ではお馴染みの方から香山滋や保篠竜緒といったレアどころまでずらりと並び、いやはや壮観。
 ただ、書影を見ていると現物が読みたくてたまらなくなるのが困ったものだ。こういうものまで手を出し始めるとえらいことになるのがわかっているので、まあ自粛はするけれど。


 本日の読了本はE・C・R・ロラックの『悪魔と警視庁』。
 我が国でロラックといえば、これまでは国書刊行会の『ジョン・ブラウンの死体』、長崎出版の『死のチェックメイト』ぐらいしか読むことはできなかったが、本国イギリスでは七十作以上も作品を残した黄金期を代表する人気作家である。

 舞台は秋深まる霧のロンドン。偶然ひったくりの現場を目にしたマクドナルド警部は、車から飛び出して女性を救い、その後、警視庁に車を置いて帰宅する。ところが翌朝、車に戻ったマクドナルドが目にしたものは、後部座席に押し込まれた刺殺死体。しかも全身に高級そうな悪魔〈メフィストフェレス〉の衣装を見にまとっていた。
 捜査を始めたマクドナルドは、ひったくりがあった夜、仮装舞踏会があったことを知るが……。

 悪魔と警視庁

 探偵役の車に悪魔の衣装を着た死体が残されるという突飛な導入。ユーモアと不条理が入り混じった印象で掴みはOKながら、その後の展開が非常に地味でもったいない。上で挙げた二冊もそうだったが、基本的にオーソドックスな作風で滅多に型を崩さないため、ぐいぐい引き込んでいく力やけれんには欠けている。
 登場人物に関してもそう。丁寧に綴ってはいるし、それなりに個性的なキャラクター揃いなのだが、マクドナルドをはじめとしていまひとつ弾け方が足りないため、印象には残りにくいのが残念だ。

 ただ、退屈な作品ではない。文章は変に凝るところがないというか、この時代には珍しいほどスマートでテンポがいいし、マクドナルドとともに捜査の過程を楽しむ気持ちで読めばリーダビリティは高い。謎解きもまずまずといったところで、クラシックに対して過大な期待さえ抱かなければ、この味わいは評価すべきだろう。
 何かひとつ、ロラックでなければ、という部分があればもっと良いのだろうが、この時代の作家がすべてクリスティやクイーンというわけではないしね(苦笑)。


テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌


 第二次大戦下のロンドン。画家のブルース・マナトンと姉のロザンヌが暮らす住居兼アトリエには、その夜、三人の男が集まっていた。ブルースの絵のモデルである俳優のドロニエ、チェス仲間のマッケロンとキャヴェンディッシュである。そこへ突然、特別警察官が若い男を引き連れて姿を現した。その男が隣の家で老人を殺したというのだ。男は実は老人の孫で、自分が老人を訪ねたときには、既に老人は死んでいたと主張する。ブルースたちは特別警察官の横柄な態度に腹を立て、その若い男の方を信用するが……。

 長崎出版から刊行された海外ミステリGem Collectionの一冊。なかなか渋い装丁の本だが、中身も負けじ劣らずの渋さなのが、E・C・R・ロラックの『死のチェックメイト』。
 とにかく地味な作品である。冒頭こそやや奇妙な設定の元で幕を開けるが、途中は派手に盛り上がることもなく、警察の丹念かつ手堅い捜査がじっくりと描かれる。下手な翻訳ならかなり途中で退屈したはずだが、幸い文章は読みやすく、また、人物描写などもしっかりしているので思いのほか愉しみながら読み進めることができた。
 心理的なトリックも悪くなく、この静かな作風にはちょうどマッチしている。ミステリにこういう感想はいかがなものかと思うが、とても真面目で好感が持てる、そんな作品である。


テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2020 探偵小説三昧, All rights reserved.