fc2ブログ
探偵小説三昧

日々,探偵小説を読みまくり、その感想を書き散らかすブログ


Posted in "国内作家 葛山二郎"

Category: 国内作家 葛山二郎    07 29, 2015
葛山二郎『葛山二郎探偵小説選』(論創ミステリ叢書)
 久々に論創ミステリ叢書を一冊消化。ものは『葛山二郎探偵小説選』。二十年ぐらい前に国書刊行会から出版された『股から覗く』でも代表作をひととおり読むことができるが、本書はそこから漏れた著作も残らず入れましたという陣容で、早い話が葛山二郎全集。 国書版があるのでいつもの論創ミステリよりはコスパが落ちるけれど、まあ一冊で全集にしてくれたのだから十分でしょう。 以下、収録作。「噂と真相」「利己主義」「股か...

Category: 国内作家 葛山二郎    01 24, 2005
葛山二郎『股から覗く』(国書刊行会)
 葛山二郎は法廷ものの トリッキーな短編「赤いペンキを買った女」 で江戸川乱歩らの絶賛を浴び、バラエティーに富んだ作風で知られた作家である。とはいうものの、「バラエティーに富んだ作風」を実感できた人が、過去にどれだけいたことか。 なぜなら本日の読了本『股から覗く』刊行以前に葛山二郎の著書はなく、アンソロジーでしか作品が読めない状態が長く続いていたからだ。彼の著作数は中短編合わせてわずかに21作。いくつ...

« »

04 2024
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

sugata

Author:sugata
ミステリならなんでも好物。特に翻訳ミステリと国内外問わずクラシック全般。
四半世紀勤めていた書籍・WEB等の制作会社を辞め、2021年よりフリーランスの編集者&ライターとしてぼちぼち活動中。

ツリーカテゴリー