ADMIN TITLE LIST
Selected category
All entries of this category were displayed below.

 佐藤春夫の『維納の殺人容疑者』を読む。探偵小説に理解を示し、自らも探偵小説に手を染めた文豪、佐藤春夫。その彼が書いた異色の法廷ミステリである。

 本作は小説ながら犯罪実話風の形をとる。一九二八年七月、維納(ウィーン)郊外で起こった女性殺害事件。その容疑者として裁判にかけられたのは、グスタフ・バウアーという男であった。被告、検事、弁護士、さまざまな証人たちが虚々実々の駆け引きにしのぎを削り、読者はさながら陪審員のごとく成り行きを見守ることになる。

 維納の殺人容疑者

 注目すべきはやはり主人公とも言うべき容疑者のグスタフ・バウアー。検察側による数々の追求をあの手この手でかわしてゆくところは、それなりに読み応えがある。屁理屈に過ぎない答弁なども見られるが、これは時代性もあるから多少は割り引くべきだろう。
 また、ドラマとしての演出的な要素は余計なものとして、あくまで真実の追究に焦点を絞り、推理と論理を徹底的に押し出した小説という点だけでも、十分に歴史的価値があるといえる。これは佐藤春夫の著作というだけでなく、当時の探偵小説としても非常に珍しいものだ。ただ、解説にあるように、犯罪実話たる本作が逆に人間性の剥奪を表出するという解釈は、ちょっと強引な気がする。

 とにかく論理を押し出した法廷ものということで、国産探偵小説史においては実にエポックメーキングな作品でもあるし、とりあえず探偵小説マニアであれば一度は読んでおきたい……と書きたいところなのだが、正直これは辛かった。
 最大の泣きどころは、その読みにくさにある。独特のリズムのうえに読点、改行が少なく、おまけに事実関係などもすべて法廷でのやりとりの中で語られるから、とにかく内容を把握しにくい。まあ、こちらの読解力が低いという話もあるんだけれど(笑)。いつもであれば当時の雰囲気が出て好ましい古い語句なども、本作においては煩わしい限りで、できれば超訳で読みたいぐらいだった(笑)。
 ただ、古くても涙香あたりはけっこう抵抗なく楽しめるので、やはり語りの形式や扱う事件の地味さといったところで、かなり損をしている気はする。まあ、本書の結構こそが著者の狙いなんだろうし、それを言ったら話しが始まらないとは思うが(苦笑)。


テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌


 ちくま文庫で『怪奇探偵小説名作選4佐藤春夫集 夢を築く人々』を読んだのは、日記によると二年ほど前だったが、何となくまた読み返したくなって、岩波文庫のものを引っ張り出す。どちらかというとわかりやすい作品が多く、入門者向けの構成だが、もちろんこちらは探偵小説的な編み方をしているわけではない。ところが意外にちくま文庫版と重複している点が面白い(★がちくま文庫版との重複)。もともと佐藤春夫の作品が探偵小説的な味わいを含んでいる証拠でもあろう。

「西班牙犬の家」★
「美しき町」★
「星」
「陳述」★
「李鴻章」
「月下の再会」
「F・O・U」
「山妖海異」★

テーマ:書評 - ジャンル:本・雑誌


 今月に入ってからの徹夜数は6回を数えている。もちろん仕事である。恐ろしい忙しさで日々が流れ、やりたいこと観たいもの見たいもの読みたいものがどんどんまってゆく。今年最後の修羅場と思いたい。いや、ほんと。

 日下三蔵氏編集の『怪奇探偵小説名作選4佐藤春夫集 夢を築く人々』を読了。読み終えるのに四日ほどかかってしまったが、こういう本は本来時間をかけて味わいたいものなのだから、まあいいのか。
 作者の佐藤春夫については、私が今さらここで紹介するまでもない。日本文学史に書かせない作家であるが、本書の解説にもあるとおり、佐藤春夫は探偵小説に惹かれ、決して少なくない量の探偵小説を残したことでも知られている。当時のことゆえ探偵小説とは言っても、その多くは広義の探偵小説、つまり幻想小説や犯罪小説的なものが中心だったが、佐藤春夫の書いたものの中には純探偵小説といえるだけのものも多い。谷崎潤一郎や芥川龍之介など、純文学畑から探偵小説を残した作家は他にもいるが、この佐藤春夫が最も探偵小説に理解を示し、興味を持っていたのだ。
 とまあ、こういうこともすべて解説にあるとおり。
 あの横溝正史だって初期にはそれほど本格的な探偵小説を書いていたわけではなかったので、こういう解説を読むと、いやがうえにも期待は高まったのだが、いざ読んでみると、やはり本格的探偵小説はそれほど収録されていない。やはり印象としては耽美主義の作品の延長線上のものが中心。もちろん水準が高いので作品としては惹かれるものが多いが、変に期待させるような解説は警告+1って感じ。
 まあ、それはともかくとして、耽美・浪漫主義的な作品は学生の頃にはまっていたせいもあって、非常に堪能できる作品集である。二、三の作品はアンソロジーなどで読んだ記憶があるが、ほとんどが初めて読むものばかり。お得感も高い。収録作は以下のとおり。

「西班牙犬の家」「指紋」「月かげ」
「陳述」「「オカアサン」」「アダム・ルックスが遺書」
「家常茶飯」「痛ましい発見」「時計のいたずら」
「黄昏の殺人」「奇談」「化物屋敷」
「山妖海異」「のんしゃらん記録」「小草の夢」
「マンディ・バナス」「或るフェミニストの話」
「女誡扇奇談」「美しき町」

 特に印象に残ったものは、何気ない日常にすっと入ってくる奇妙な体験をつづった、デビュー作「西班牙犬の家」。まるでホームズものの長編を読んでいるかのような感覚に陥った「指紋」。めちゃくちゃ読みにくいけど、医者の壊れていく過程がなんとも凄まじい「陳述」。乱歩作品のような奇妙な味の「オカアサン」。安部公房っぽい何ともシュールな味が楽しめる「のんしゃらん記録」。壮大なほら話と虚脱感の落差を味わう「美しき街」など。
 この時代に佐藤春夫の熱心な読者が果たして何人いるかわからないが、まああまり多くないことは確かだろう。だが、こういうものから入った方が意外に佐藤春夫の本質を体験できるのではないか。ミステリの読者より一般の小説好きにこそむしろすすめたい一冊と言えるかもしれない。

テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 探偵小説三昧, All rights reserved.
ネット小説