fc2ブログ
ADMIN TITLE LIST
Selected category
All entries of this category were displayed below.

 『岡田鯱彦探偵小説選II』を読む。I巻の方は今年の年明け早々に読んでおり、これも悪くなかったのだが、中編の「赤い頸巻(マフラー)」以外はやや軽めのものが多く、著者の本領発揮とまではいかない感じであった。しかし本書の方はガチガチの本格揃いということなので、いやがうえにも期待は高まってしまう。

 岡田鯱彦探偵小説選II

「幽溟荘の殺人」
「愛(エロス)の殺人」
「52番目の密室 情痴の殺人」
「夢魔」
「三味線殺人事件」
「雪の夜語り」
「空間に舞う」
「G大生の女給殺し事件」
「あざ笑う密室」

 収録作は以上。「幽溟荘の殺人」が長篇で、その他は短編という構成だが、先にかいたように全編本格で固めてあるのが嬉しい。しかも岡田鯱彦の場合、短篇といってもけっこうボリュームのあるものが多いことに加え、比較的質が安定していることもあって、これは大変楽しい一冊であった。

 目玉はやはり長編の「幽溟荘の殺人」と言えるだろう。過去のトラブルから復讐を企てる手紙を受け取った夫妻と、それを防ごうとす探偵の物語。設定がこじんまりとしているので、どうしても真相を読まれやすい弱点はあるが、手がかり索引や“読者への挑戦”を盛り込むなど著者の熱量の高さが好ましい。何よりプロットがしっかりしていて、良い本格ミステリを読んだという気にさせてくれる。

 短篇では「愛(エロス)の殺人」がよい。ヒロインの女性にちょっかいを出した人間が次々に死んでしまうという流れが面白い。特に二回目の事件が、一回目の事件と同じシチュエーションで繰り返されるに及び、「あ、これはちゃんと読まないとダメなやつだ」と襟を正してくれる(笑)。最後に探偵役がそのシチュエーションに身を投じる展開もあってサスペンスも上々である。ただ、ヒロインがそこまでモテる理由がよくわからん(苦笑)。

 『岡田鯱彦探偵小説選I』の感想でも書いたけれど、岡田鯱彦はしっかりドラマを作り上げ、できるだけ犯罪に巻き込まれた人々の心理を描いてくれるのがいい。もちろんミステリなので制限はあるが、逆にミステリとしていまひとつであっても物語として惹きつけるものがある。
 ミステリ史上においても『薫大将と匂の宮』という記憶に残る作品を描いているわけだし、もう少し知名度が上がって、残る作品も復刻されると嬉しいのだが。けっこう好きな作家だけに残念なことだ。


テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌


 新年一冊目の読了本は、論創ミステリ叢書から『岡田鯱彦探偵小説選I』。
 岡田鯱彦といえば、何といっても有名なのは『薫大将と匂の宮』だろう。これまでにも何度か書籍化されているのはみなさまご存知のとおり。しかし、それ以外の作品はあまり知られておらず、2001年に河出文庫から出た『岡田鯱彦名作選 噴火口上の殺人』でようやく、なんとなくではあるが岡田鯱彦の作風が理解できたように思う。
 本書はそこからさらに十三年を経て、2014年に刊行された岡田鯱彦の傑作選である。

 岡田鯱彦探偵小説選I

『赤い頸巻(マフラー)』

『鯱先生物盗り帳』
 「クレオパトラの眼」
 「不可能犯罪」
 「密室の殺人」
 「光頭連盟」
 「生不動ズボン」
 「羅生門の鬼」
 「雪達磨と殺人」
 「死の脅迫状」
 「犯罪の足跡」
 「獺(かわうそ)の女」

「天の邪鬼」
「地獄の一瞥」
「獺(かわうそ)峠の殺人」

 収録作は以上。中編『赤い頸巻(マフラー)』と連作短篇の『鯱先生物盗り帳』を柱とし、「天の邪鬼」以下の初期短編という構成である。

 
 岡田鯱彦は一応、本格系の作家なのだけれど、犯罪が起こるまでのドラマや人間心理をしっかりと描いているのが特徴だろう。それを支える文章も悪くなく、美文というほどではないが、描写が丹念でしっかりしている。だから本格としての仕掛けなどがいまひとつの作品であっても、小説としてはそれなりに読み応えがあるのが良い。
 本書もそういう意味では悪くない一冊で、ガチの本格を期待すると物足りないだろうが、ストーリーや語り含めて楽しめた。

 『赤い頸巻(マフラー)』は元公爵一家の財産相続に絡む殺人事件を描いている。本格仕立てではあるが、最初から結末や犯人はぼんやりと明らかにされており、なぜこのような悲劇が起こってしまったのかというサスペンスの方が読みどころだろう。サプライズはいまひとつながら、そこに関しても関係者の心理が錯綜して読ませる。
 ただ、ヒロインの元家庭教師で探偵役の男がかなりボンクラというか優柔不断であり、まったく感情移入できるタイプではなく、それだけにヒロインがよけい不憫でならない。この主人公設定だけはもう少しなんとかしてほしかったなぁ。

 『鯱先生物盗り帳』は鯱先生の名で知られる怪盗を主人公にした連作短編。いわば和製ルパンであり、“捕物帳”ならず“物盗り帳”というわけである。
 語り口もほかの作品と比べるとかなり軽妙で、かつ内容もバラエティーに富み、著者もけっこうノリノリな感じで書いていることが想像できて楽しい。
 一作目の「クレオパトラの眼」などは鯱先生初登場作ということもあって、それなりの趣向を凝らし、このシリーズの方向性を宣言しているかのようだ。驚くような作品はないが、ルパン的な楽しさはしっかり味わうことができる。

 初期短編三作もそれなりに楽しめたし、これは続刊の『〜II』も近いうちに読まなければ。


テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌


 岡田鯱彦を続けてもう一冊。河出文庫の「本格ミステリコレクション」から『岡田鯱彦名作選 噴火口上の殺人』である。収録作は以下のとおり。

「噴火口上の殺人」
「妖鬼の呪言」
「四月馬鹿(エイプリル・フール)の悲劇」
「真実追求家」
「死の湖畔」
「巧弁」
「地獄から来た女」
「死者は語るか」
「石を投げる男」
「情炎」

 扶桑社の『薫大将と匂の宮』が時代ミステリなら、こちらはガチガチの本格をまとめた短編集。とはいっても中編並みの長さのものが多く、かなり読み応えのある一冊だ。ただガチガチの本格と書いたが、著者は単なるロジックやトリックのみを求めているわけではないように思える。事件が起こるまでのドラマ、心の機微といったところをしっかりと描き、それがあるからこそ意外な結末がより生きてくるという印象である。
 例えば短編での代表作として有名な「噴火口上の殺人」も確かにトリックというようなものはあるけれど、その神髄は学生たちの生活や意識の描写であり、あるいは事件が起こるまでの緊張感にある。岡田鯱彦の短編は長いからこそいい、というようなことをどこかで読んだが、まさに言い得て妙。小説としての膨らみが違うのである。
 純粋に探偵小説が好きで執筆に手を染めるようになった著者ではあるが、やはり国文学者としての嗜好などがうまくミックスされた作品ほど、その出来映えはよいようだ。マイ・フェイバリットは「噴火口上の殺人」「四月馬鹿(エイプリル・フール)の悲劇」「真実追求家」「死者は語るか」あたりか。

 ところで河出文庫の「本格ミステリコレクション」は第一期全6巻で終了なのだろうか。飛鳥高や楠田匡介、鷲尾三郎などといった、あまりにマニアックなセレクトに刊行当初は狂喜乱舞したものだが、やはり売上げ的には芳しくなかったのか? ぜひ第二期をお願いしたいものである。宮野村子とか新章文子とか女流でまとめるのもいいなぁ。


テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌


 岡田鯱彦の『薫大将と匂の宮』を読む。国書刊行会版の『薫大将と匂の宮』とは表題長篇のみダブるものの、本書は収録作が時代ミステリというテーマでまとまられており、まさに国文学者でもあった著者の面目躍如たるラインナップである。収録作は以下のとおり。

『薫大将と匂の宮』
「妖奇の鯉魚」
「菊花の約」
「吉備津の釜」
「浅茅が宿」
「青頭巾」
「竹取物語」
「変身術」
「異説浅草寺縁起」
「艶説清少納言」
「コイの味」
「「六条の御息所」誕生」
「古典文学の現実的刺激-雨月物語に関して-」(エッセイ)
「清少納言と兄人の則光」(エッセイ)

 上で時代ミステリとは書いたが、『薫大将と匂の宮』以外はどちらかというと幻想小説に近い。特に「妖奇の鯉魚」から「青頭巾」は新釈雨月物語というお題のもとに書かれたもので、本家同様、怖い話やしみじみとした話が岡田鯱彦流に語られる。そうかと思うと「新お伽草子 竹取物語」などはけっこうコミカルな味付けであり、岡田鯱彦という作家が語ることにかけてはなかなか幅広い技術をもっていることを認識させられる。
 まあ本書で扱っている対象は、それこそ国文学者岡田鯱彦の専門分野そのものであるから、著者がそのスキルをフルに活かして愉しんでいる印象が強い。ただ自分一人が愉しむのではなく、読者がちゃんとついてこれるような気配り・サービスは為されている。古典がベースだから敷居が高いなぁ、などと敬遠せず、一度手に取ることをお勧めする。予想以上に読みやすく面白い一冊なのは保証する。
 なお、長篇の『薫大将と匂の宮』は国書刊行会版での感想を参考のこと。


テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌


 仕事納め。いろいろと心残りなところもあり、基本的にもうひとつ走れない一年という感じ。来年は頑張らねば……などと考えながら今年最後の仕事を朝までやってしまう。

 読了本は岡田鯱彦の『薫大将と匂の宮』。国書刊行会版の本書では長篇『薫大将と匂いの宮』の他、短編「妖鬼の呪言」「噴火口上の殺人」を収録。今では扶桑社ミステリー版があるので手軽に読めるようになったが、少し前までは『薫大将と匂の宮』といえば入手困難な一冊であり、国書刊行会版が出たときはずいぶん感激したものである。まあ、そのくせ今まで読まずにいたわけだが(苦笑)。

 平安の世に宮中の人気を二分する二人の男がいた。一人は女性を虜にするほどの得も言われぬ体臭を発する薫大将。もう一人は香を自在に調合し、やはり美しい香りを身にまとう匂いの宮。しかし、二人の恋のさや当てが、ついには殺人という悲劇を呼ぶ。さらにはその謎をめぐって対決するのは、希代の才女、清少納言と紫式部の二人であった。

 もう設定の勝利である。源氏物語の続編という体裁で、二人の匂いの天才を軸に殺人劇を語るだけでもかなりのものだと思うが、そこに清少納言と紫式部の二人に推理合戦をさせるのである。本作の肝はこの徹底したけれんだ。扱う時代が時代だけにトリックとか言ったものは弱いけれど、設定をうまく活かした謎解きは面白く、意外な読みやすさも高ポイント。とにかくこの世界観で本格を成立させた著者の手腕を称えるべきであろう。



テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2022 探偵小説三昧, All rights reserved.