ADMIN TITLE LIST
Selected category
All entries of this category were displayed below.

 本日の読了本はギルバート・アデアの『ロジャー・マーガトロイドのしわざ』。
 作者のギルバート・アデアは英国出身、ポストモダン文学の文脈で語られることの多い作家兼評論家。過去に邦訳された『閉じた本』『作者の死』あたりを読むと、確かに一筋縄でいかないような作風ではあるが、さりとて難解というわけではない。小説そのものもまずまず面白く読めた。
 ただ、メタフィクションあたりを文学とミステリとの境界線上でやるものだから、どうにも作者の目指しているところがわかりにくい。既成の概念をぶち壊したいのか、それとも読者をあっと言わせたいだけなのか。結果として、できあがったものはそれなりに面白いけれど、強烈なインパクトを受けるというほどのものではなかった。企みは理解できるが、それを中途半端にミステリでやられてもなぁという感じ。そもそもミステリは様式美もけっこうな魅力だったりするわけで、ポストモダンとミステリの相性がいいとも思えない(笑)。正直、『閉じた本』あたりもミステリ的には腰砕けであった。

 とまあ、ギルバート・アデアに関してはそんな印象を持っていたわけだが、そこへもってきて『ロジャー・マーガトロイドのしわざ』である。
 この「ロジャー・マーガトロイド」という響きだけで、もうピンとくる人はピンとくるわけだが、これはクリスティの名作『アクロイド殺し』のもじり(日本語だとややわかりづらいが原題はもう少しイメージしやすくなっている)。すなわち本作は、『アクロイド殺し』のパロディであり、のみならずクリスティ全作品、さらには黄金期の輝かしき探偵小説へのオマージュ&批評とも言える作品なのである。

 ロジャー・マーガトロイドのしわざ

 時は1935年、舞台は英国ダートムーア。クリスマスを過ごすため、ロジャー・フォルクス大佐の山荘に集まった友人たちだが、ゴシップ記事の記者が現れた瞬間から、その場はクリスマスとはほど遠いムードに包まれる。
 吹雪のため山荘に足止めされる人々、渦巻く秘密、募る憎しみ……、そして密室で起こった惨劇。
 スコットランドヤードを引退した元警部が駆けつけたとき、クリスティ流ドラマの幕が開く……。

 著者は本作を書く前にクリスティの全作品を読み込んだということで、確かにクリスティをはじめとする黄金期の作品の香りをプンプンと漂わせている。実際に当時に書かれたものだと言われても信じるぐらいには、往年の探偵小説を模倣することに成功している。
 また、雰囲気だけではなく、探偵小説のコードも的確に取り込んでいる。例えば密室殺人、例えば嵐の山荘、例えば推理作家と警察官の対決、例えば関係者を集めての謎解き云々……。そのひとつひとつは成功している場合もあり、また上手くいっていない場合もあるのだが、単なる付け焼き刃に終わっていないことは、素直に評価したい。何より探偵小説としての構成がしっかりしており、伏線の張り方等、かなりの周到さで書かれていることは、容易に推察できる。残念ながら密室トリックだけは激ヤバだが、メインのトリックは不覚にも完璧に欺されてしまうほど鮮やかであった。
 その一方で、本作がパロディであるということをしっかり認識できる遊びネタも豊富だ。クリスティは言うに及ばずカーやチェスタトン、ハードボイルドに至るまでもくすぐりとして使われる。この辺りもなかなか堂に入ったものだ。時には探偵小説論までも登場人物を借りて講義するほどであり、文学的な実験は実験として、けっこう作者も楽しんでいるふしがうかがえて好感が持てる。

 とにかく本作は、これまでのギルバート・アデアの作品とは一線を画すだけのレベルに到達している。ただ、ミステリやクリスティに対する一般的教養が豊富なほど楽しめることは確かで、そういう意味ではやや読者を選ぶ作品とはいえるだろう。正直ほめすぎの嫌いはあるが、アデアの邦訳作品の中では、一応、現時点で最上の作品といっておこう。


テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌


 正月明けからこっち、土曜はずっと出勤している気がする。本日も社内のレイアウト変更で出勤なり。言い出しっぺなので休むわけにもいかんしなぁ。自分へのご褒美に夜は行きつけの料理屋へ。牡蠣、白子、鮃、鯛、厚揚げなどをつまみに日本酒を味わう。ううー、極楽じゃ。

 イギリスの文学・映画評論家でもあるギルバート・アデアが書いたミステリ『閉じた本』。本業がミステリでない作家、特に文学畑の作家が著した作品というのは、いろいろな文学的企みに充ち満ちた場合が多い。それはそれで楽しみなのだが、下手をすると虻蜂取らずになることも多く、失敗作もしばしば見受けられる。本書でも著者のアデアはなかなか面白い試みを企てているが、果たしてその成果はいかに?

 主人公は小説家のポール。ブッカー賞をも受賞し売れっ子だった彼は、あるとき交通事故で顔にひどいヤケドを負い、視力まで失ってしまう。外に出ることを恐れた彼は隠遁生活を送るが、次第に創作意欲に目覚め、口述筆記で作品を書こうと思い立つ。
 新聞の募集で応募してきた青年の名は、ジョン・ライダーと名乗った。ジョンはポールの代わりに世間を観察し、二人は順調に口述筆記を進めていく。しかし何かがおかしかった。ポールは過ぎゆく日々のなかで、次第にジョンに対して不信感をつのらせてゆく……。

 本書では主人公を盲人に設定し、読者が彼と同じ情報しか共有できないよう工夫しているのがミソであろう。つまり情報として入ってくるのは、主人公が耳にできる会話や物音、そして主人公が考える独白文だけなのである。ミステリで盲目の主人公というと、かのマックス・カラドスを初めとして、デイヴィッド・ローンの書いた音響技師ハーレック、ブリジット・オベールのエリーズものなどが思い浮かぶが、それらはすべてシリーズものなので、鋭い聴覚や知力で勝負する主人公たちというイメージが強い。
 しかし、本作は目が見えないという状況を追求した心理サスペンスであり、その意味ではジョンの不審な行動が明らかになる中盤過ぎまではまずまず緊張感を持たせることに成功している。これでフィニッシュがよければいいのだが、残念ながらジョンの狙い、動機、オチのつけかた等はかなり失速気味。ジョンの正体が明らかになる場面も唐突だし、エンターテインメントとしてはイマイチと言えるだろう。残念ながら企画倒れの一冊。

テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 探偵小説三昧, All rights reserved.
ネット小説