fc2ブログ
探偵小説三昧

日々,探偵小説を読みまくり、その感想を書き散らかすブログ


Posted in "海外作家 ホイッティントン, ハリイ"

Category: 海外作家 ホイッティントン, ハリイ    11 24, 2003
ハリイ・ホイッティントン『殺人の代償』(扶桑社ミステリー)
 本格探偵小説の古典ブームによる影響だろうが、このところその幅がいっそう広がってきた感がある。ハヤカワの名画座シリーズもそうだし、扶桑社がこのところペーパーバック系の古いところを紹介していて、なかなか気になる存在になってきた。本日の読了本はそんなペーパーバック系ライターの一人、ハリイ・ホイッティントンが1958年に発表した『殺人の代償』である。 ハリイ・ホイッティントンは150作余りの著作を残し、「ペイ...

« »

02 2024
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
プロフィール

sugata

Author:sugata
ミステリならなんでも好物。特に翻訳ミステリと国内外問わずクラシック全般。
四半世紀勤めていた書籍・WEB等の制作会社を辞め、2021年よりフリーランスの編集者&ライターとしてぼちぼち活動中。

ツリーカテゴリー