FC2ブログ
ADMIN TITLE LIST
Selected category
All entries of this category were displayed below.

 ジョン・ロードの『吸殻とパナマ帽』を読む。
 本書は東京創元社の〈現代推理小説全集〉の一冊として刊行されたもの。先日の『電話の声』同様、ひとりジョン・ロード祭りの一環だが、とりあえずこれで手持ちの邦訳ジョン・ロードは打ち止め。新生堂〈世界名作探偵小説集〉からクロフツ等との併録で出た『トンネルの秘密』が唯一未所持だが、ページ数から予想するに抄訳っぽいし、これはそのうち縁があれば、というところか。

 さて『吸い殻とパナマ帽』だが、こんな話。
 英国はアスターウィッチ市のはずれ、テムプル農場へと続く道の途中で一人の男性が死体となって発見された。遺体の様子から男は殺害されたことが判明し、所持していた免許証から菓子工場で運転手を務めるダンスタブルであると判明する。さっそくロンドン警視庁からジミー・ワグホーン警視が駆けつけ、地元警察のヒックリング警部と協力して捜査が行われることになった。
 手がかりは二つ。現場で見つかった煙草の吸い殻、逆に当日ダンスタブルがかぶっていたはずのパナマ帽が見当たらないという事実である。この二つの手がかりの追跡、そして関係者への聞き込みを中心となって捜査が進む。するとダンスタブルの娘と菓子工場主ロジャーの養子でるケネスが密かに婚約していたものの、それが最近破談になったという事実が明らかになる。どうやらダンスタブルはそれをネタにケネスを強請っていたようで……。

 吸殻とパナマ帽

 相当な駄作を覚悟していたのだが、ううむ、確かにいろいろ弱点はあるのだけれど、けっこう面白いではないか。
 本作では二つの殺人事件が扱われており、仰天するほどではないけれども、その真相はまずまず意表をつくものとなっており、やはりジョン・ロードのプロット作りの巧さは見直すべきであろう。
 被害者ダンスタブルの強請り屋という裏の顔、そこから容疑者が広がっていくのかと思いきや、早々に最重要容疑者が殺害されるという展開は予想外で、この二つの事件の関連性が面白い。これが単独の事件だとかなり平凡な作品に終わってしまう可能性は大きかったと思うが、それを組み合わせることで魅力的なプロットにまで持っていっている。

 ただ、その魅力的なプロットを、例によって面白いストーリーに仕立てるのが下手というか(泣)。特に前半はかなり辛くて、特に警察がダンスタブル殺害事件での聞き込みの最中に、ロジャーとケネスの過去について知る件はあまりに唐突すぎる。
 捜査のこの時点でこの膨大な情報を入手するという不自然さ、しかもダンスタブル殺害事件にそこまで深く関わるわけではない。むしろ第二の事件との関わりのほうが強くて、明らかに著者がこの情報を盛り込む箇所を間違えた感がある。
 ロードの弱点の退屈さというのは、もちろん刺激やインパクトの不足という面もあるが、どちらかというとこういう重要なネタのストーリーへの落とし込みの適当さが起因しているのではないだろうか。

 あと、これまで退屈さの要因のひとつとして思っていた、執拗な推理の繰り返しの部分だが、続けてロード作品を読んでいると正直それほど気にならなくなってきた。もちろんもう少しコンパクトにまとめたほうがよりいいとは思うが、それでも要素としてみれば本格探偵小説として無くてはならぬ部分であり、そう意味ではこれは欠点ではなく個性と見たほうがよいだろう。

 ということで欠点はあるものの『吸い殻とパナマ帽』が意外な拾いものだったことは大きな収穫。もしかすると『見えない凶器』や『エレヴェーター殺人事件』も再読するとその評価も変わるかもしれないが、ううむ、どうなんだろう(苦笑)。


テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌


 ジョン・ロードの『電話の声』を読む。論創海外ミステリから出た『代診医の死』、同じくマイルズ・バートン名義の『素性を明かさぬ死』の二冊でかなりジョン・ロードを見直したこともあって、この勢いでついでにロードの長年の積ん読を消化しようと考えた次第。
 『電話の声』は東京創元社の〈世界推理小説全集〉の第六十巻として1959年に刊行されたもの。この1950年代、ロードの邦訳は本書に加え、『エレヴェーター殺人事件』、『プレード街の殺人』、『吸殻とパナマ帽』と計四冊が刊行されているが、それらが軒並みイマイチの作品ばかりだったために、その後の紹介が進まなくなったと言われている。
 ということでほぼ期待せずに読み始めた『電話の声』だったが、果たしてその出来やいかに?

 まずはストーリー。
 舞台はイギリスの地方都市ミンチングトン。娯楽の少ない小さな町ではあるが、とあるバーでは週に一度、ビリヤードの大会が開催され、地元の仲間で賑わっていた。そんなある日、店にある男から電話があり、大会に出場するリッジウェル氏に伝言が残される。仕事の話をしたいので、指定した日時に自分の家に来てほしいというものだった。
 さっそく男を訪ねたみたものの、なぜかそんな住所はなく、不思議に思いながら帰宅するリッジウェル。しかも帰ってみると妻のジュリアが殺されていた。事件後の態度に不審を抱いた地元警察はリッジウェルを容疑者とみなすが、ロンドン警視庁から派遣されたジミイ・ワグホーン警視は外部の犯行と考え、捜査を進めてゆく……。

 電話の声

 ううむ、これは確かに微妙な感じ。例によってプロットは悪くないのだけれど、ストーリー展開が恐ろしいほど地味で大変損をしている。ストーリーの地味さではこれまで読んだロード作品のなかでもトップクラスかもしれない。

 最初にひとつ書いておくと、本作は実際に起きた事件をロードが解釈したという触れ込みの作品で、その意義が理解されないままに読まれたため、評価が下がってしまった云々という記事をどこかで拝見したことがある。だがなぁ、ううむ、それは免罪符にならないだろう。
 実際の事件がそれほどセンセーショナルなものではなく、いたって地味な事件なので、そこをどうこう言われても困るというのならわかるが、別に本作はノンフィクションではなく、れっきとしたフィクション。事件が起きてから以降の出来事や真相に関しては著者の創作だから、必要以上に実話云々を打ち出す必要があるとは思えない。

 先に書いたとおり、とにかくストーリーは厳しい。事件はすぐに発生するが、その後の展開は捜査→推理→聞き込み等で新たな手がかり→新たな推理→聞き込み等で新たな手がかり→新たな推理……という具合に、推理のやり直しが延々と続くのである。
 これも上で書いたがプロットは悪くないのだ。トリックがガツンと出るタイプではなく、ホワイダニットとフーダニットで読ませる作品であり、真相だけ取ってみれば意外性もまずまずある。
 だから事件発生までの雰囲気作りなどをもう少しボリュームアップさせ、かつ、延々と繰り返される推理場面を反対にもう少し絞れば、それなりに悪くない作品になったはずだ。
 延々と繰り返される推理場面は、単にストーリーが冗長になるという欠点だけではない。あらゆる可能性を考慮し、疑問を挙げては潰していくため、読者に対してかなり真相がばれやすくなるというデメリットまで発生する。本作など登場人物が少ないため、よけいにその点が辛いところだ。

 ただ、確かにストーリーは退屈だし、派手なトリックもないのだけれど、本格探偵小説としてみた場合、足と推理だけで真相にたどりつくというスタイルはある意味王道ではある。
 犯人は夫のリッジウェイなのか、それともそれ以外の人物なのか、容疑者は一人+αという状況の中、非常に限られたピースをどうはめこむかという面白さである。シンプルな犯罪なのに、そのピースがほとんど埋められないのだ。
 犯行動機もそんな埋まらないピースのひとつ。この動機を見つけることこそが犯人へつながる道なのだが、リッジウェイであっても外部の犯行であっても、その動機が不明なのである。
 結局は細部が不明のまま、ジミイ警視は状況証拠だけを頼りにバクチに打って出るのだが、最後の最後でロジックを詰め切れなかった印象がするのは惜しいところである。まあ、それでも犯人を指摘する場面は、それまでの退屈さがあるだけにかなりインパクトではあった。

 嬉しい誤算としては登場人物の面白さ。人物描写が平板であるというのもロード作品にいわれる欠点だが、これは本作にはあてはまらない。といっても、これはリッジウェルという一人の人物に頼るところが大きい。
 真面目で勤勉、感情をあまり出さず、独自のポリシーを貫いて暮らすリッジウェイはかなりの変わり者で、彼がもっと凡庸な人物だったら、より退屈な物語になっていた可能性は大いにあるだろう。

 ということで、決して言われているほどつまらない作品ではないというのが最終的な感想。ただ、ストーリーの退屈さだけはかなりのものなので、わざわざ高い古書価を払ってまで買うようなものではないだろう。


テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌


 マイルズ・バートンの『素性を明かさぬ死』を読む。先日読んだ『代診医の死』の著者、ジョン・ロードの別名義作品である。まずはストーリー。

 英国の片田舎、テンタリッジ村で別荘を構え、農園を楽しむために週末を過ごすジェフリー・メープルウッド。あるとき地主でもある甥のバジルが訪ねてきたが、翌朝、バジルは密室状態のバスルームで死亡したところを発見される。
 事故、自殺、それとも他殺? 判別がつかないため、事件はロンドン警視庁のアーノルド警部に委ねられる。捜査を進めるアーノルドは遺産などの状況から犯人の目処はつきつつも、どのような犯行手段を使ったかがわからず……。

 素性を明かさぬ死

 別名義とはいえ、シリーズ探偵がプリーストリー博士から犯罪研究家メリオン氏&アーノルド警部に変わったぐらいで、その作風はほぼ同一と思ってよいだろう。十分に練られたプロット、推理合戦を中心にししつつも展開としてはいたって地味なストーリー、紋切り型の登場人物、ハウダニットにこだわってはいるが感動を与えない機械的トリック……認識としてはそんなところか。
 加えてバートン名義の方が田舎の情景描写などがより光っており、トラベルミステリ的な楽しみもできるという見方もあるようだが、まあ、ジョン・ロードを今頃読む人がその点を期待しているとはさすがに思えないけれど(苦笑)。

 ただ、一応は長所短所が入り混じっているとはいえ、これまでは圧倒的に短所の印象が強く、退屈派とまで揶揄されたジョン・ロード。それが昨年の夏に刊行された『代診医の死』の紹介によって、ずいぶんと我が国での株も上がったことは間違いないだろう。
 そして、そこからあまり間をおかずに出版されたバートン名義の『素性を明かさぬ死』だが、これもさらにロードの株をあげるに十分な一冊であった。

 先にも書いたが、これまでのロード作品とそれほど作風が変わるわけではない。特にストーリーを引っ張るのがハウダニット、すなわち機械的な密室トリックであり、その仕掛けもまあ悪くはないけれど凄くもないというレベル。それをアーノルド警部がコツコツと調べていく過程はまずまず楽しめるけれども、それだけではもちろん満足するわけにはいかない。
 本作が光っているのは、その機械的密室トリックをとりまく状況であり、著者は自らの短所を逆手に取るかのような真相をもってくる。あまり詳しく書くとネタバレになるけれど、密室トリックそれ自体も大きな伏線なのである。
 ごく限られた条件と登場人物、そのなかで本格を成立させるのはもちろん難しいのだが、それをロードがこういうサプライズでまとめてくるとはまったく予想外であった。
 これらの作品でジョン・ロードの作品が見直され、続々と刊行されるようになると面白いのだけれど、問題はこのレベルの作品があといくつ残っているかだろうなぁ。


テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌


 ジョン・ロードの『代診医の死』を読む。ジョン・ロードといえば百冊以上のミステリを残した黄金時代を代表する本格探偵小説作家の一人。ただし、その地味な作風が災いして没後には“退屈派”というありがたくない異名をつけられ、日本でもまったく人気のない作家である。その膨大な著作数に比べると翻訳された数はあまりに少なく、そもそも作品がいまいちなので稀に新刊が出てもそのあとが続かない。
 著者の最高傑作として紹介された『ハーレー街の死』にしても、確かにそれまで紹介されたなかではいい方だったが、「ロードにしては」という但し書きは必要であろう。せっかく派手な題材を扱った『ラリーレースの惨劇』にしても、なぜここまで盛り上がりに欠けるストーリーにするのか理解できないほどであった。
 そこに本作『代診医の死』の登場である。実はこれが以前から傑作であるとは聞いていたのだが、さてその結果やいかに。

 こんな話。パタムという小さな田舎町で開業医を営むグッドウッド医師。妻と二人で毎年恒例の長期休暇をとることになり、その期間の代診医としてロンドンからソーンヒルという医師を雇うことになる。現れたソーンヒルは真面目そうな好青年で、安心したグッドウッド医師は引き継ぎを終えて旅立ってゆく。
 残されたソーンヒルもさっそく診療や往診にあたるが、グッドウッドの友人でもある資産家トム・ウィルスデンの往診に出かけると、その病状がグッドウッドから聞いていたより遥かに悪いと判断する。しかし、頑固なウィルスデンは急ぎの治療を拒み、なんと翌日には体調を崩して死亡してしまうのだった。
 気落ちするソーンヒルだったが、目の前の業務は消化しなければならない。その日も往診にでかけたが、今度はそのソーンヒルが行方不明となる。さらには付近の森で火事が発生し、焼けた車からは遺体が発見される。しかも死因は火事ではなく、頭蓋骨への殴打であることが判明。いったいこの小さな町で何が起こっているのか……。

 代診医の死

 ロードが退屈派と言われる原因は、主にストーリーの単調さとルーティンのような構成、登場人物の平板な描き方にあると思うのだが、正直いうとそれらの弱点は本作でもそれほど変わらない。これはロードの後期作品では特に顕著な特徴らしいのだが、とりわけ中盤以降の推理合戦はそのボリュームゆえ、人によってはかなりだるいと感じる部分だろう。
 だがよく考えてみると、ミステリことに本格探偵小説を読むのであるから、推理合戦を退屈だというのは非常に矛盾した意見ではある。推理するという部分が退屈なら端から本格探偵小説など読むなという話だ。他の作家がキャラクターの魅力や破天荒なトリック、ワクワクするストーリーで味付けするところを、ロードは推理合戦という実に真っ当な味付けで勝負しているわけで、むしろミステリ読みは歓迎すべきところであろう。
 と、フォローしておいて何だが、そうはいっても推理合戦をもう少し面白く描けないロードの責任はもちろんある(笑)。アシモフなど黒後家蜘蛛の会シリーズで同じようなことをやっているのに、あれを退屈だという人はいないものなぁ。
 
 ただ、そんな弱点を孕みつつ、本作がこれまで紹介されてきた作品と決定的に違うのは、秀逸なプロットとメイントリック、そしてその結果としてのサプライズである。
 何といってもメイントリックが素晴らしい。ネタバレ等、差し障りがあるので詳しくは書けないけれど、理屈は通るがつまらない従来の物理的トリックではなく、アンフェアぎりぎりのところで勝負する心理的トリック一本で勝負しているのが素晴らしい。
 また、プロット絡みでいうと、グッドウッドの死とソーンヒルの死の関連、さらにはそれぞれの事件での動機をなかなか明らかにしないあたりも巧みである。こういった真相を踏まえると、少々退屈に思える推理合戦がまた生きてくるから面白いではないか。

 というわけで本作はこれまで読んできたロード作品のなかでは文句なしにベスト。これだけの作品があるのなら、さっさとこれから翻訳してくれれば、ロードの評価もけっこう変わっていただろうになぁ。まあ、ときの関係者もすべてのロードの作品を読むのは難しいだろうから仕方ないのかな。


テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌


 ジョン・ロードの『ラリーレースの惨劇』を読む。おなじみ論創海外ミステリからの一冊。

 まずはストーリー。王位自動車クラブが主宰する英国ラリー大会。ロバートは友人のリチャード、さらにはナビゲーターとしてプリーストリー博士の秘書ハロルドとチームを組み、上位入賞を狙っていた。
 ところが霧のせいでチェックポイント通過は大幅に遅れ、挙句に溝に脱輪したラリーカーを発見する三人。おまけにその事故現場では死体まで発見し、とうとうレースを中断する羽目になる。
 しかし、厄介事はそれだけでは終わらなかった。当初はレース中の単純な事故と思われた一件だったが、不審な点が浮かび上がってきて……。

 ラリーレースの惨劇

 ジョン・ロードといえば英国の本格探偵小説を代表する一人ながら、作風の地味さや物語の単調なところが勝ちすぎて、日本では人気・評価ともいまひとつの作家である。
 しかしながら本作はなんとカーラリーをネタにした作品。素材としてはなかなか派手なので、「もしかするとこれは今まで読んだものとは異なるかも」とは思っていたが、まあ、結論からするとそれほど大きな違いはなかった(苦笑)。
 序盤こそラリーを舞台にしており動きもあるので、掴みとしては悪くない。ところが二十ページあまりで事件が発覚すると、あっという間にいつものロード、すなわち地道な捜査や推理の積み重ねに逆戻りである。トリックや犯人の意外性なども含め、甘くつけてもせいぜい六十点ぐらいであり、決して期待して読むような作品ではないだろう。

 ただ、『ハーレー街の死』や『プレード街の殺人』などに比べると、多少は読ませる感じは受けた。その理由を聞かれても、実ははっきり答えるのが難しいのだが、強いて言えばストーリーのテンポの良さか。
 いつものパターンだと推理による試行錯誤がストーリーの流れまで止めたり分断したりするところがあるのだが、本作では探偵役こそいつものプリーストリー博士ながら、実際に捜査を進めるのは警察のハンスリット警視や秘書のハロルド。彼らの捜査がまずまず良いテンポで、それを受けてのプリーストリー博士の推理という展開が、地味ながらストーリーに一定のリズムを作ったのではないだろうか。まあ、あくまで印象なので断言はできないけれど。

 まあ、管理人などはクラシックなミステリであれば、とりあえず読んでみたいと考える人間なので、今後も質がどうあれロードの作品は読みたいのだが、ううむ、どこまで続けてくれるのやら。

 なお、蛇足ながら本作の邦題にある「ラリーレース」という用語は気になる。確かに厳密にいうとラリ−はレースの一種なのだが、通常、モータースポーツではレースとラリーは別物である。
 つまりサーキットで走行タイムを競うのがレース、一方のラリーは一般公道を用い、決められたタイムにしたがって走るというものである(これ以外にもラリーにはいろんな勝敗ルールがあるけれど)。
 だから邦題をつけるならラリーとレースの並記は明らかにおかしい。邦題を活かすならそのまま『ラリーの惨劇』、語呂が悪ければ『カーラリーの惨劇』あたりだろう。まあ、個人的には「惨劇」というのも少々大げさな感じはするのだが。


テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌


 本格探偵小説の黄金時代を代表するわりには、長らくいまいちの評価しかされていないジョン・ロード。その理由の大部分は「話が退屈」「トリックがぱっとしない」「キャラクターも地味」といったところだろう。
 そんな作者にとっては不本意な評判が、この新刊で覆るのか。帯のキャッチ「最高傑作ついに翻訳なる!」はどこまで信じられるのか。
 本日の読了本は、その『ハーレー街の死』だ。(今回ややネタバレあり)

 タイトルどおり、事件はロンドンのハーレー街で起こった。変死体の主は診療所を営むモーズリー医師。死因はストリキニーネによる毒死。しかし、目撃者の証言や動機の問題などから、検死審問では事故死との評決が下る。
 だがそれでも納得できないいくつかの謎。プリーストリー博士の家に集まったメンバーが各自の推理を披露するなか、博士は事故でもなく、自殺でもなく、他殺でもない第四の可能性を示唆する……。

 ポイントはもちろん、上で挙げた「第四の可能性」とはどういうものか、ということであろう。本書の出来云々だけではなく、ミステリの本質にも関わるテーマである。普通に考えるとこれは期待大のはず。ただ、もしそんな驚くべきネタがあったのなら、とっくに本書はミステリ史上で燦然と輝いているはずなので、この辺は眉唾でかかるほうがよろしい。
 案の定、「第四の可能性」という表現に関しては誇大広告であり、なるほど確かに面白い種明かしを提示してくれているものの、「第四の可能性」はやはり言い過ぎ。第一から第三の可能性のひとつに含めても全然OKのレベルではある。
 なお、そのほかの要素については、他の作品同様のロードである。ストーリーや演出、謎解きなどは極めて地味。個人的にはそれほど気にならないものの、地の文まで使ってだらだらと推理されるとさすがに辛い。せめて会話に組み込むなどの演出はできないものか。しかも事件のトリックは一般人には思いつかないレベルのものだから、人によってはそれまでの推理すらむなしく感じるかもしれない(苦笑)。

 結論。確かに今までに読んだロードの作品のなかでは最も楽しめたが(といっても『プレード街の殺人』『見えない凶器』『エレヴェーター殺人事件』の三作しかないのだが)、クラシックファン以外にはおすすめできるものではないだろう。これがロードの最高傑作であるとすれば、少し寂しいかも。


テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌


 神保町交叉点で古本青空市用の土台を組み始めているようだ。来週はいよいよ古本祭りか。でも相変わらずといえば相変わらずだが、仕事がけっこう立て込んでいて、果たして見て回る余裕があるかどうか。

 ミステリ黄金期を代表する作家として有名なジョン・ロード。しかし日本ではもうひとつ評価が低く、百冊以上の作品があるというのに邦訳で読める作品はほとんどなく、現在でも容易に入手できるのは『プレード街の殺人』(ハヤカワミステリ)と『見えない凶器』(国書刊行会)ぐらいのものであろう。
 本日の読了本はその数少ない邦訳の中から『プレード街の殺人』。

 突如、プレード街を襲った連続殺人事件。そのひとつひとつは一見、何の関連性もないように思えたが、ただ一つ共通していたのは、被害者が受け取った殺人を予告するカードだった。しかし、それ以外に何の手がかりもなく、また一人、そしてまた一人、被害者が倒れていった……。

(ネタバレあり)
 連続殺人の隠されたつながりを探すという、いわゆるミッシング・リンクもの。クリスティの『ABC殺人事件』やデアンドリアの『ホッグ連続殺人』が有名だが、個人的にこのテーマが好きなこともあって比較的楽しめた。ただし、出来自体は微妙である。

 巧いのは構成だろう。中盤までは被害者の周辺や、一種、狂言回しにも思える煙草屋と薬草屋というお隣さん同士のやりとりが中心となって進められ、探偵や警察の捜査はほとんど語られない。
 ところが後半に入って探偵が登場するや、物語は大きなうねりを見せ、探偵対犯人という構図をはっきりと提示してくるのである。しかし、そこに物語の破綻といったものはなく、いいレベルでのサスペンスを持続しているように感じられた。特に煙草屋と薬草屋の使い方は見事。また、犯人の動機が現代でも十分に通用するもので、その動機があればこそ本書が成立する要因にもなっており、説得力が非常に高い。

 惜しむらくは、本格作品というにはその要素が意外なほど希薄であるということ。極端なことをいえば『そして誰もいなくなった』みたいなものといえばよいか。一応、本格としての体裁はとっているが、真っ向から推理や論理する作品ではないということだ。
 だが、『そして誰もいなくなった』が最後に強烈なオチをもってくるのに対し、本書は謎解きが後半でなしくずし的に明らかにされ、大変もったいない。まあ、作者の方でそのように読まれることを拒否しているような感もあるので、それは狙いだったのかもしれない。実際、作中でも探偵役のプリーストレイ博士はあまり鋭さを見せず、どちらかといえば迷える羊の一人として描かれ、あまつさえミッシング・リンクの一部と化している。

 事件や背景が魅力的なだけに、これにアッと驚く謎解きを加えておけば大傑作になっただろうに。そう思わせる一冊。


テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2018 探偵小説三昧, All rights reserved.
ネット小説