fc2ブログ
探偵小説三昧

日々,探偵小説を読みまくり、その感想を書き散らかすブログ


Posted in "海外作家 クラヴァン, アンドリュー"

Category: 海外作家 クラヴァン, アンドリュー    09 12, 2003
アンドリュー・クラヴァン『妻という名の見知らぬ女』(角川文庫)
 久々に金曜を代休にして、休みらしい休みをとる。おお、連休じゃ連休じゃ。でも日曜は仕事……。 しかしながら、とりあえず読書で夜更かしができるというのはいいものである。ま、別に普段でも夜中まで本は読んでいるのだが、疲れているせいか、いつの間にか途中で寝ていることが多いし。 で、一気に読んだのがアンドリュー・クラヴァンの『妻という名の見知らぬ女』。この人も安定していい作品を送り続けているとは思うのだが、...

Category: 海外作家 クラヴァン, アンドリュー    09 26, 2002
アンドリュー・クラヴァン『愛しのクレメンタイン』(創元推理文庫)
 鮎川哲也氏が亡くなる。また、巨星墜つ、という感じで、今年は非常にミステリ畑の逝去者が多い。なんとも悲しい限りである。 私が初めて鮎川作品に接したのは角川文庫の『黒いトランク』。当時中学生だった私にはやや退屈な部分もあったが、緻密な構成に本格のお手本を見たような気がし、なにか惹かれるように『ペトロフ事件』や『黒い白鳥』、『憎悪の化石』といったあたりを次々と読んでいった。最近ではすっかり離れてしまっ...

« »

05 2024
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

sugata

Author:sugata
ミステリならなんでも好物。特に翻訳ミステリと国内外問わずクラシック全般。
四半世紀勤めていた書籍・WEB等の制作会社を辞め、2021年よりフリーランスの編集者&ライターとしてぼちぼち活動中。

ツリーカテゴリー