fc2ブログ
ADMIN TITLE LIST
Selected category
All entries of this category were displayed below.

 『芥川龍之介 幻想ミステリ傑作集 魔術』を読む。タイトルのまんま、芥川龍之介の幻想小説やミステリ系の作品を集めた短編集。
 幻想小説やミステリは一応ジャンル小説とはいえ意外に間口が広い。どんなジャンルの作家でも作中にそれらの要素を取り入れることは少なくない。最近の作家であればジャンル横断は当たり前。むしろ取り入れない作家のほうが少ないのではないか。これはエンタメ作家に限ったことではなく、純文学系の作家でも同様だ。
 それは別に不思議なことでもなんでもなく、純文学こそ本来何でもありの世界。新たな潮流、面白そうなジャンルがあれば、芸術家として試してみたくなるのは当然のことであろう。芥川龍之介も特にそういう傾向が強い作家の一人である。

 芥川龍之介 幻想ミステリ傑作集 魔術

「二つの手紙」
「開化の殺人」
「疑惑」
「魔術」
「沼」
「影」
「早春」
「鴉片」
「彼」
「蜃気楼」
「春の夜は」
「三つの窓」
「死後」
「十本の針(遺稿)」
「饒舌」
「猿蟹合戦」
「桃太郎」
「酒虫」
「さまよえる猶太人」
「るしへる」
「黄梁夢」
「仙人」
「おしの」
「女仙」
「浅草公園 ―或るシナリオ」

 収録作は以上。ミステリ系や幻想系の小説を集めた作品集とはいえ、芥川龍之介の好みはほぼ幻想小説寄りである。まあ、この時代にはミステリ自体がまだ日本に確立してないので、当然といえば当然だが。
 しかし、そんな身も蓋もない理由だけでなく、芥川龍之介には知識や理屈では通用しない何かに対し、常に関心を持ち続けていたところはあって、それが作品に大きく反映されているのだろう。死後の世界やドッペルゲンガーといった直裁的なテーマのときもあるが、ほとんどは暮らしの中でふと感じる異様な瞬間を切り取っているのも興味深い。
 心理小説といってもよいのかもしれない。短い作品が多く、ストーリーとしてはそこまで大したものではない。文章も比較的平易。けれども、小さなエピソードを通して起こる主人公の心の揺らぎ、それによって醜さやエゴといった内面の垣間見える瞬間が絶妙で、それが読者に“恐怖”や“蟠り”を植え付けてくれるのだ。
 その一方で古典や説話をモチーフにしたものも多く、こちらは風刺を効かせたりユーモラスだったりと、アプローチこそ異なるのだが、やはり求めるところは人間の内面である。ただ、結果的に寓話のような形になるため、教訓臭がやや強くなる感じを受ける。

 そんな中で気に入ったのは、本書でもっともミステリ的な「開化の殺人」、皮肉の効いた「魔術」、ドッペルゲンガーへの恐れを描いた「影」、海軍機関学校の経験が生きる「三つの窓」あたり。とりあえず挙げたけれど、他の作品もそこまで差があるわけではなく、全編通して芥川龍之介の語りを楽しめる。

 ちなみに同様の趣向で編纂された芥川龍之介の本は意外にあって、本書以外に河出文庫『文豪ミステリ傑作選 芥川龍之介集』、学研M文庫『伝奇の匣3 芥川龍之介妖怪文学館』、ちくま文庫『文豪怪談傑作選 芥川龍之介集 妖婆』がある。さすがに収録作はけっこう重複してしまうけれど、本書以外は文庫なので手軽なのが魅力。本書のみハードカバーで値段は張るが、想定の美しさや活字の大きさもあって、これはこれで悪くない。文庫にはすでに入手難のものもあるし、お好みでどうぞ。


テーマ:幻想文学 - ジャンル:本・雑誌


 ぼちぼちと読み進めていた芥川龍之介『芥川龍之介 妖怪文学館』をようやく読了。学研M文庫より刊行中の伝奇ノ函シリーズのひとつで、芥川龍之介による怪奇・伝奇小説や評論等をまとめた一冊だ。伝奇の匣シリーズのラインアップはただでさえ個性的だが、そこにあえて芥川龍之介を加えるところに編者の強烈なこだわりを感じる。
 もちろんただそれっぽい小説を集めただけではない。評論や対談まで網羅し、そういう意味で今回の芥川龍之介『妖怪文学館』は資料的にも価値は高いらしいのだが、残念ながらその辺は門外漢なので猫に小判状態。
 収録作は以下のとおり。

<小説>
「妖婆」
「アグニの神」
「黒衣聖母」
「奇怪な再会」
「影」
「沼」
「凶」
「二つの手紙」
「歯車」
「邪宗門」
「きりしとほろ上人伝」
「老いたる素戔嗚尊」
「金将軍」
「酒虫」
「煙草と悪魔」
「悪魔」
「貉」
「竜」
「二人小町」
「河童」
「『ケルトの薄明』より」

<評論・随筆>
「文藝雑話 饒舌」
「近頃の幽霊」
「英米の文学上に現われた怪異」
「河童」
「暗合」
「市村座の『四谷怪談』」
「リチャード・バアトン訳『一千一夜物語』に就いて」
「案頭の書」
「鏡花全集に就いて」
「ポーの片影」
「猪・鹿・狸」
「今昔物語鑑賞」
「追憶」
「妖奇怪異抄」

<怪談実話>
「椒図志異」
「怪談会」
「柳田國男・尾佐竹猛座談会」

 それにしても久々の芥川龍之介である。個人的には実に中学以来。当時、文庫本で数冊読んだ程度で、今回の『芥川龍之介 妖怪文学館』に入っているものでは、「河童」や「邪宗門」を読んだぐらいだ。評論や対談などはすべて初読となる。ただ、あらためて読んでみると、さすがに今ではおおっと驚くほどの怪奇小説は残っていないようだ。気にいったものはどうしても「妖婆」「河童」「邪宗門」といった定番がメインになった。長めのものがやはり味わい深く、読み応えがある。
 「妖婆」は怪奇小説本来の武器と魅力をストレートに全面に出した作品。迫力あります。
 「河童」はSF的なパラレルワールドの設定によって、楽しめる現代文明批判、人間批判の書になっている。
 そして「邪宗門」はこれからというところで未完に終わった作品だが、宗教というテーマの重さを考えるとつくづく完成させてもらいたかった作品である。ほんと、これからってところなんだよね。

 ところで怪奇・伝奇小説を芥川が好んでいたことぐらいは知っていたが、ここまで柳田国男の『遠野物語』に影響を受け、海外の作家も追いかけていたとは驚きであった。しかも彼の求めるものが「恐怖」そのものにあるということを読むと、ホラーの内包する力というものを感じずにはいられない。知識や教養、哲学などを飛び越え、いかに人間の根っこの部分に影響力を持つかというこの不思議。日本ではしばらく怪奇小説がさっぱりな時期が続いていたわけだが、近年はまさにホラー全盛。多少の波はあっても、人が営みを続ける限り決して消えることがないであろうジャンル。それが怪奇小説なのだと再認識する。この普遍性は探偵小説やSF小説にはないものではないか?
 ちなみに芥川龍之介は海外のメジャー作品に対してもなかなか厳しい。「怖くないから駄目」と一刀両断するのを読むにつけ、なんだか現代のオタク的感性にも通じるものがあって、それはそれで少し微笑ましかったりする。


テーマ:読書感想 - ジャンル:本・雑誌



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2022 探偵小説三昧, All rights reserved.