ADMIN TITLE LIST
Selected category
All entries of this category were displayed below.

 ミステリ珍本全集から大阪圭吉の『死の快走船』を読む。
 これまで珍本全集で刊行されてきた山田風太郎や輪堂寺耀、栗田信は内容的に"珍本"という言葉がふさわしかったが、大阪圭吉クラスになるともう古書の存在すら珍しいわけで。本書はそのレアどころの著作を軒並み収録したという恐ろしい本である。
 現在、大阪圭吉の現役本は、本格を中心とした創元推理文庫の『とむらい機関車』と『銀座幽霊』、防諜探偵・横川禎介シリーズをまとめた論創社の『大阪圭吉探偵小説選』の三冊がある。
 一方、確認されている大阪圭吉の生前の短編集は五冊。この中から、上の三冊に収録されていない残りの作品三十篇をすべて収録したのが本書なのである。しかも単行本未収録の作品まで八篇を収めているという徹底ぶり。
 自分で集める手間と費用を考えれば、これはもうありがたい限りである。日下氏の編集ぶりは毎度素晴らしい。

 死の快走船

PART 1 『死の快走船』
「序」(江戸川乱歩)
「大阪圭吉のユニクさ」(甲賀三郎)
「死の快走船」
「なこうど名探偵」
「人喰い風呂」
「巻末に」

PART 2 『ほがらか夫人』
「謹太郎氏の結婚」
「慰問文夫人」
「翼賛タクシー」
「香水紳士」
「九百九十九人針」
「約束」
「子は国の宝」
「プラプイ君の大経験」
「ほがらか夫人」
「正宗のいる工場」
「トンナイ湖畔の若者」

PART 3 『香水夫人』
「香水夫人」
「三の字旅行会」
「告知板の謎」
「寝言を云う女」
「特別代理人」
「正札騒動」
「昇降時計」
「刺青のある男」

PART 4 『人間燈台』
「唄わぬ時計」
「盗まぬ掏摸」
「懸賞尋ね人」
「ポケット日記」
「花嫁の病気」

PART 5 『仮面の親日』
「恐ろしき時計店」
「寝台車事件」
「手紙を喰うポスト」

PART 6 『単行本未収録短篇集』
「塑像」
「案山子探偵」
「水族館異変」
「扮装盗人」
「証拠物件」
「秘密」
「待呆け嬢」
「怪盗奇談」

 収録作は以上。西荻窪の古書店、盛林堂さんが私家版として出した『大阪圭吉作品集成』の作品なども混じっている(作品提供もあったようだ)。

 さて、こうしてまとめて大阪圭吉作品を読んでみると、近年で形成されてきた"戦前には数少ない本格作家"という謳い文句は、やや狭い見方のような気もしてくる。
 もちろんそれは一面では正しい。ただ、本格でスタートした大阪圭吉は、評判があまりよろしくなかったからか途中で作風を大幅に広げていっており、結果的に他のジャンルで本格を上回る量の作品を書き残している。
 本書に収録されている作品でも本格は非常に少なく(むろんそちらは創元版で収録されているからだが)、ほとんどはユーモアやスパイもの、人情噺である。正直これまでのイメージで本書を読むと大阪圭吉の実像はかなり揺らぐだろう。しかし、実際にはこれらも含めて大阪圭吉なのであり、そういう意味では著者の本質や探偵小説史における立ち位置などはもう一度整理してみてもよいのではないだろうか。

 もちろん箸にも棒にもかからないような作品ばかりならあまり意味はないのだろうが、同時代の他のユーモアミステリやスパイものと比べても、決して見劣りはしていない。むしろそういうジャンルの作品でも、大阪圭吉ならではの捻りや仕掛けがあって十分に楽しめるのである。
 評論家の権田萬治氏は中期のスパイものや国威高揚ものに関して「今日すべて読むに耐えない作品〜」と切って捨てたそうだが、これは少し言いすぎであろう。本人自身の本格作品と比べれば分が悪いだろうが、このレベルでだめなら他の大御所もほぼ壊滅ではないか。
 トリックメーカーからストーリーテラーへと移行しつつあった著者だが、この戦時という特殊な状況が余計な影響を与えたことは自明だし、なんとも不運の影がつきまとっている作家である。もし戦争という枠がなく自由に物を書くことができていたら、他ジャンルであっても相応の結果を残しただろうと信じたい。
 まあ、戦争という枠がなかったら、そもそも本格で勝負してほしいところではあるが。
 

テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌


 西荻窪にある古書店、盛林堂書房さんでは「盛林堂ミステリアス文庫」というものを発行している。今ではあまり読まれなくなってしまった作品、あるいは入手困難な作品から、これはというものを紹介しようと始めたもの。しかもラインナップが幻想小説や探偵小説を中心としているので、これは堪りません。

 大阪圭吉作品集成

 本日の読了本はそんな盛林堂ミステリアス文庫の一冊で、『大阪圭吉作品集成』。
 大阪圭吉については今さら言うこともないだろう。古き良き時代の作家ではあるが近年再評価が進み、今では戦前を代表する本格探偵小説の書き手として評価が定着している作家である。
 今では代表作が創元推理文庫などで読めるようになったが、それでも古書価格は凄まじいものがあり、その全作品を読むことは至難の業。大手出版社ではなかなか実現できない企画が、こういう市井の古書店から生まれてくるというのが素晴らしい。
 収録作は以下のとおり。もちろんレアな作品ばかりである。

「水族館異変」
「香水紳士」
「求婚廣告」
「告知板の女」

 「水族館異変」は著者には珍しい怪奇幻想系の短編。乱歩を彷彿とさせるパノラマ趣味やエログロを前面に押し出した内容だが、意外にこなれている。水族館の水槽を隔てた中と外で交互に繰り広げられるドラマの対比が面白いし、退廃的な雰囲気も悪くなく、この手の作品ももっと書いてもらいたかったと思わせる一作。
 「香水紳士」はもともと少女向けの雑誌に書かれたもの。オチは他愛ないと言えば他愛ないが、少女の心理や不安を活き活きと描いていて楽しい。
 「求婚廣告」はドイルの「赤毛連盟」を連想させる物語。アイディアはともかく、テンポ、真相ともにいまいち。ヒロインの魅力も伝わらないので、ラスト一行も効いてこない。本書のなかでは一番物足りなかった。
 「告知板の女」は駅の伝言板に振り回される男のドタバタを描いたユーモア・ミステリー。かなり無理のある話ではあるが、こちらはテンポ良く進み、ロマンスも含めて楽しく読めた。

 代表作はあらかた創元推理文庫や国書刊行会の本に収録されているだろうから、本書はあくまで拾遺集的なものだと思っていたのだが、いやいや、これがなかなか悪くない出来でありました。
 大阪圭吉の幻の作品はまだまだ残っているので、関係者にはぜひ今後とも頑張っていただきたいものである。

テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌


 少々遅くなりましたが、新年明けましておめでとうございます。本年も『探偵小説三昧』、よろしくお引き立てのほどお願いいたします。


 大晦日の夜から読み始めた今年最初の読了本は、論創ミステリ叢書から『大阪圭吉探偵小説選』。
 大阪圭吉といえば、戦前では珍しい本格探偵小説の書き手である。近年の復刻ブームのおかげで大きく再評価され、いまや古書店やオークションなどでは目の玉が飛び出るぐらいの高値で取引されるほどだ(そもそも滅多に市場には出ないけれど)。とはいえ、今ではその代表的作品は、国書刊行会や創元推理文庫などでほぼ読むことができる。
 ただし、だからといってその全貌が知られているかというと、実はまったくそんなことはない。というのも、これまで紹介された作品のほとんどが本格探偵小説。だが大阪圭吉には、戦時中に書き始めた「防諜小説」(今でいうスパイ小説)の書き手という一面もあるのだ。『大阪圭吉探偵小説選』はその方面の業績をまとめた一冊である。

 大阪圭吉探偵小説選

「東京第五部隊」
「金髪美容師」
「赤いスケート服の娘」
「仮面の親日」
「疑問のS」
「街の潜水夫」
「紅毛特急車」
「空中の散歩者」
「海底諜報局」
「間諜満洲にあり」
「百万人の正宗」

 収録作は以上。国民防諜会の会長兼探偵を務める横川禎介を主人公とするシリーズで、「海底諜報局」のみ長編という構成。ボリューム的には二冊分はあろうかというお得版である。実際、これらを古書で読もうと思ったらン十万はかかるはずなので、論創社には感謝感謝である。

 ま、それはさておき。
 肝心の中身だが、ほとんど期待していなかっただけに、これは十分楽しめた。
 確かに本格では傑作を残している大阪圭吉だが、戦時中に探偵小説が規制を受け、やむなく書き始めた防諜小説。国威高揚という強制的メッセージを第一義とする物語に何の期待が持てようか。同じ道に進んだ海野十三という作家もいるが、あちらはSFという得意技があっただけにまだ馴染みやすいジャンルだったはず。一方の大阪圭吉はほぼ本格一辺倒。防諜小説というジャンルを自分のものにしていたと考える方がおかしい。

 ところが大阪圭吉は、思った以上にこのハードルをうまく越えていた。
 日常に垣間見える奇妙な出来事や事件、そこに潜む敵国の謀略を暴き出す手口はなかなか堂に入ったものである。プロットがややパターン化しすぎている嫌いはあるが、非常に冒険小説的で、語り口も軽妙。何よりプロパガンダ臭が思った以上に抑えられているのは好感度大である。
 これは想像だが、おそらく当時既に翻訳されていたホームズもの、あるいは乱歩の少年探偵団ものなどの作風は、けっこう意識されていたのではないだろうか。個人的にはそれぐらいノリの近さを感じた。特に導入部の謎には毎回工夫を凝らしていて、「海底諜報局」の怪奇性などは実に見事だ。

 もちろん本格作品と同様の質&キレを期待してはいけないし、主人公の横川禎介にもう少し個性が強ければ、といった部分もある。それは割り引いてもらわなければならないけれども、戦前作家がお好みの方なら、やはりこれは必須の一冊といえるのではないだろうか。


テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌


 大阪圭吉という作家は、知る人ぞ知る作家である。戦前に真っ当な本格探偵小説を書く作家、といえばおそらく唯一無二の存在であった。だが当時は作風が地味だとか、ストーリーが平板だとか評され、大人気を博するとまではいかなかったようだ。
 しかし、時を越え、時代が彼に追いついたとでもいうのか。平成の世に入り、彼の再評価の機運は一気に高まった。名作の復刻ブームはもちろん役に立っているし、その特異性から固定ファンがついていたというのも大きい。とにかく出版当時はちょっとした事件のように扱われ、特にネット上では大変好評を博した。近年、一度は国書刊行会から『とむらい機関車』という傑作集が出たにもかかわらず、そちらもはや絶版。創元から出るという話を聞いたときには、「へえー」という感じだった。実は国書刊行会版も買ってはいたが、長らく積ん読状態。そちらを読む前により充実した文庫版が出るとはなぁ。<だから早く読めって。

 さて、そういうわけで遅ればせながら『銀座幽霊』を読了。本日の感想は、先日読んだ『とむらい機関車』との合わせ技ということでいきましょう。
 結論から言うと、やっぱり大阪圭吉はすごい。いくつかはアンソロジーで読んでいたが、こうしてまとめて読むと、やはり作者の本格に対する方向性がはっきりわかり、素晴らしいのひと言。
 確かに怪奇ものを初めとする変格が主流を占めていた時代においては地味だったかもしれないが、絶対的評価においては、決して地味な作風ではない。それどころか(解説にも書かれていたが)「物」を単なるモチーフ以上に扱い、アニミズムと言えるまでに消化した作品群は、今でも十分に通用する説得力と魅力をもっていると思う。
 奇妙な動機をもった犯人が多いのも特徴か。論理以外の部分が弱い、といった評価も当時はあったようだが、それは単に当時の紙事情だけではなく、やはりケレン味を望みすぎる当時の読者にも責任があるだろう。少なくとも大阪圭吉の作品群からは、退屈だとか小説として詰まらないという評価は当たらない。今時の本格よりもよほど世相を反映しているし、設定も悪くない。さらには考えさせられる動機なども多いのである。
 私が気に入った作品をざっと羅列すると「とむらい機関車」「デパートの絞刑史」「気狂い機関車」「あやつり裁判」「坑鬼」「三狂人」「灯台鬼」「動かぬ鯨群」「大百貨注文者」「人間燈台」といったあたり。特に気に入ったのは「坑鬼」。地下の坑道で繰り広げられる殺人劇はムード満点。少し長めの短編だが、これだけでも大阪圭吉の力がわかる。
 ただ、個人的に大阪圭吉の文章は何故かちょっと読みにくい。文章は平易だし、難しい単語も使っていないのだが、なぜかリズムが合わないのだ。長文が多いせいも少しはあると思うが、大江健三郎とかに比べたら全然短いしなぁ。これがちょいと不思議なところではある。

 残念なことに大阪圭吉は太平洋戦争において三十二歳の若さで亡くなっている。彼がもし生きていて、横溝正史らの起こした本格ムーブメントに混ざっていたら、どんな作品を残していただろう。つくづくもったいない話だ。

テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌


 創元推理文庫版の大阪圭吉『とむらい機関車』を読む。えらくネット上では評判のよい大阪圭吉だが、それもむべなるかなという感じ。戦前にこういう作家がいたというのは、実にすごいことだ。詳しい感想はこれから読む『銀座幽霊』と合わせて後日まとめることにしよう。
 ところで実際にこの本、どれだけ売れたのだろう? ネット上でどれだけ評判がよくても、結局商売として成立しないことにはすぐまた絶版になるだろうし、同じような企画も立ち上げることはできない。できれば創元も老舗の意地で頑張ってほしいものである。

テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 探偵小説三昧, All rights reserved.
ネット小説