fc2ブログ
探偵小説三昧

日々,探偵小説を読みまくり、その感想を書き散らかすブログ


Posted in "海外作家 ベロウ, ノーマン"

Category: 海外作家 ベロウ, ノーマン    02 17, 2022
ノーマン・ベロウ『消えたボランド氏』(論創海外ミステリ)
 ノーマン・ベロウの『消えたボランド氏』を読む。著者の作品を読むのは『魔王の足跡』に次いで二作目だが、あちらがスミス警部を探偵役にしたシリーズだったのに対し、本作はラジオドラマの俳優モンタギュー・ベルモアが探偵役を務める。 こんな話。ラジオドラマの老俳優ベルモアは、友人の会社経営者ウィロビー・デルに連れられ、デルのコテージに滞在していた。ある時、隣人のボランドをクレシックという男が訪ねてきたが、ボ...

Category: 海外作家 ベロウ, ノーマン    01 25, 2007
ノーマン・ベロウ『魔王の足跡』(国書刊行会)
 『魔王の足跡』読了。不可能犯罪を得意とするミステリ作家として、名のみ知られていたノーマン・ベロウ、その日本初紹介の一冊である。まずはストーリーから。 雪の朝、田舎町ウィンチャムにある足跡が出現した。新雪に覆われた道に忽然と現れたその足跡は、人々を不安に陥れた。割れた蹄の形をしていること、そのくせ人間のように二本足で歩いているらしいこと、そして人間では不可能な場所にまで足跡が残されていることから、...

« »

04 2024
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

sugata

Author:sugata
ミステリならなんでも好物。特に翻訳ミステリと国内外問わずクラシック全般。
四半世紀勤めていた書籍・WEB等の制作会社を辞め、2021年よりフリーランスの編集者&ライターとしてぼちぼち活動中。

ツリーカテゴリー