ADMIN TITLE LIST
Selected category
All entries of this category were displayed below.

 もそもそと読み終えたのが『O・ヘンリー・ミステリー傑作選』。わざわざO・ヘンリーが何者か説明するまでもないだろうが、一応書いておくと、彼は1900年代初頭に活躍したアメリカの流行作家。義理人情を描きつつ、鮮やかなオチを利かせた短編が得意。服役生活なども経験していることから、文壇の寵児として騒がれたという。映画化もされたり教科書にも載るぐらいだから、メジャーな話は徹底的にメジャー。あまり本を読まない人でも「最後の一葉」ぐらいは読んだり、観たり、聞いたりしたことはあるはずである。
 短編集はけっこう各出版社から出ているはずだが、解説で彼の著作が意外と翻訳されていないことを知って驚く。要は重複が多すぎるらしい。この作品集は、評論家であり翻訳者でもある小鷹信光氏が、そんな未訳作品の中からミステリーチックな短編を集めたもので、実は今はなき雑誌『EQ』でいくつか掲載されたものであると記憶している。
 個人的に気にいったのは「あやつり人形」「虚栄と毛皮」「X嬢の告白」「不貞の証明」「二十年後の再会」「とりもどされた改心」など。捻ったオチ、コミカルな語り口はもちろん楽しいのだが、しっかりとほろ苦い人間ドラマが加味されているところなどが上手い。この辺が凡百の類似作家とO・ヘンリーの差ということになるのだろう。

テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 探偵小説三昧, All rights reserved.
ネット小説