fc2ブログ
探偵小説三昧

日々,探偵小説を読みまくり、その感想を書き散らかすブログ


Posted in "海外作家 デイヴィッドスン, アブラム"

Category: 海外作家 デイヴィッドスン, アブラム    02 01, 2024
アヴラム・デイヴィッドスン『エステルハージ博士の事件簿』(河出書房新社)
 河出文庫からアヴラム・デイヴィッドスン『エステルハージ博士の事件簿』が出るというので、長らく積んであった単行本を引っ張り出して読む。 東欧の架空の小国で起こる不可思議な事件を、博覧強記のエステルハージ博士が解決するという連作短篇集である。収録作は以下のとおり。Polly Charms, the Sleeping Woman「眠れる童女、ポリー・チャームズ」The Crown Jewels of Jerusalem, or The Tell-Tale Head「エルサレムの宝冠 ...

Category: 海外作家 デイヴィッドスン, アブラム    01 23, 2007
アブラム・デイヴィッドスン『どんがらがん』(河出書房新社)
 アブラム・デイヴィッドスンの『どんがらがん』を読む。河出書房新社の「奇想コレクション」の一冊で、この叢書は早川書房の「異色作家短編集」に比べてSF色が強いのが特徴。本日のアブラム・デイヴィッドスンもSFファンには知られた名前なのだろうが、ミステリファンには馴染みが薄いかもしれない。 ただ、この人、『EQMM』の短編コンテストにも入賞しているし、それどころかエラリー・クイーンの代作までやっていた人なので、...

« »

04 2024
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

sugata

Author:sugata
ミステリならなんでも好物。特に翻訳ミステリと国内外問わずクラシック全般。
四半世紀勤めていた書籍・WEB等の制作会社を辞め、2021年よりフリーランスの編集者&ライターとしてぼちぼち活動中。

ツリーカテゴリー