fc2ブログ
探偵小説三昧

日々,探偵小説を読みまくり、その感想を書き散らかすブログ


Posted in "海外作家 ハイアセン, カール"

Category: 海外作家 ハイアセン, カール    01 25, 2002
モンタルバーノ&ハイアセン『皇帝の墓場を暴け』(集英社文庫)
 一癖も二癖もある登場人物たちが、フロリダを舞台にドタバタ犯罪劇を繰り広げる。 これが雑誌やネットでの書評などから私が想像している、今のカール・ハイアセンの作風だ。エルモア・レナードをさらに軽くしてひねった感じかな? 彼の作品は中毒性が高いらしく、また、日本でも一定のファンと評価が定着しているようで、とにかく非常に気になる存在である。 で、毎回新刊が出るたびに買い続け、翻訳されたものはすべて持って...

« »

05 2024
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

sugata

Author:sugata
ミステリならなんでも好物。特に翻訳ミステリと国内外問わずクラシック全般。
四半世紀勤めていた書籍・WEB等の制作会社を辞め、2021年よりフリーランスの編集者&ライターとしてぼちぼち活動中。

ツリーカテゴリー