fc2ブログ
探偵小説三昧

日々,探偵小説を読みまくり、その感想を書き散らかすブログ


Posted in "海外作家 エスルマン, ローレン・D"

Category: 海外作家 エスルマン, ローレン・D    01 17, 2002
ローレン・D・エスルマン『欺き』(講談社文庫)
 本日の読了本はローレン・D・エスルマン『欺き』。 なんと十年ぶりの私立探偵エイモス・ウォーカーものだ。名無しの探偵、アルバート・サムスン、マット・スカダー、ジョン・マーシャル・タナーなど、同時代のネオハードボイルドの探偵たちがある程度コンスタントに翻訳され続けたのに対し、この作家は実力の割に日本で冷遇された一人といっていいだろう。ハヤカワのポケミスで初紹介された『シュガータウン』からして、ウォー...

« »

04 2024
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

sugata

Author:sugata
ミステリならなんでも好物。特に翻訳ミステリと国内外問わずクラシック全般。
四半世紀勤めていた書籍・WEB等の制作会社を辞め、2021年よりフリーランスの編集者&ライターとしてぼちぼち活動中。

ツリーカテゴリー