fc2ブログ
探偵小説三昧

日々,探偵小説を読みまくり、その感想を書き散らかすブログ


Posted in "国内作家 楠田匡介"

Category: 国内作家 楠田匡介    11 21, 2007
楠田匡介『犯罪への招待』(青樹社)
 河出文庫の『楠田匡介名作選 脱獄囚』は実に読み応えのある作品集だった。ただ残念なことに、もっと楠田匡介の本を読みたいと思っても、現役本はこれ一冊。比較的著書は多いのだが、一時期は完全に忘れられた存在となり、ここ数年の復刻ブームで人気が再燃したものの、過去の作品はみな絶版という状態なのである。 まあ人気が再燃したといってもあくまでミステリマニアの間の話であるから、この現状は仕方あるまい。困るのは古...

Category: 国内作家 楠田匡介    08 28, 2007
楠田匡介『楠田匡介名作選 脱獄囚』(河出文庫)
 河出の本格ミステリコレクションから『楠田匡介名作選 脱獄囚』を読む。 楠田匡介といえば、ネット・オークションなどで常に高値を叩き出す人気作家の一人であり、著書のほとんどが入手困難本。いくつかのアンソロジー収録作を除けば、唯一、手軽に読めるのがこの『楠田匡介名作選 脱獄囚』なのである。なんと全収録作が脱獄をテーマにした短編集である。「破獄教科書」「沼の中の家」「法に勝つ者」「上げ潮」「獄衣の抹殺者」...

« »

02 2024
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
プロフィール

sugata

Author:sugata
ミステリならなんでも好物。特に翻訳ミステリと国内外問わずクラシック全般。
四半世紀勤めていた書籍・WEB等の制作会社を辞め、2021年よりフリーランスの編集者&ライターとしてぼちぼち活動中。

ツリーカテゴリー