FC2ブログ
ADMIN TITLE LIST
Selected category
All entries of this category were displayed below.

 『みんな大好き塊魂』というゲームにはまっている。止められない自分が恐ろしい。

 読了本は河出文庫の『京都ミステリー傑作選』。河出文庫の御当地シリーズはいろいろあるが、ちゃんとその地方に住んでいる作家が書いている率はそうそう高くないだろう。その意味では、京都在住作家は割と多く、それだけに濃い京都観が垣間見れて面白かった。収録作は以下のとおり。

山村美紗「ミステリアス京都!」(序文)
山村美紗「祇園祭殺人事件」
阿刀田高「靴の行方」
小林久三「雪の花火」
赤江瀑「京の毒・陶の変」
和久峻三「濡れ手に粟」
小松左京「昔の女」
山川方夫「菊」
戸板康二「滝に誘う女」

 普段あまり読まない作家ばかりだが、それでも阿刀田高、赤江瀑、小松左京あたりは20年ほど前にはまった作家だ。で、あらためて本書を読むと、気に入ったものが阿刀田高「靴の行方」、赤江瀑「京の毒・陶の変」、小松左京「昔の女」という結果になり、あまり自分の嗜好が変わっていないことに気づく。考えたら今でもイーリイなどを喜んで読んでいるので、「奇妙な味」趣味というのは自分の根っこにあるものかもしれない。


テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌


 久々の読了本は『新宿ミステリー傑作選』。まずは収録作から。

半村良「新宿に漂う哀愁」(エッセイ)
田中小実昌「たたけよさらば」
河野典生「深夜+2」
胡桃沢耕史「涙のヴァイオリン弾き」
柴田錬三郎「老優が自殺した」
藤原審爾「真夜中の狩人」
木谷恭介「墜ちて来た夜」
半村良「昔ごっこ」

 本作は河出文庫の御当地ものからの一冊だが、その他の傑作選と大きく違うのは、ハードボイルドや犯罪小説の比率が圧倒的に高いことだ。これは作者の顔ぶれを見てもわかるとおり、純粋な本格系の人は皆無である。結果として謎解き的興味が薄くなるのは致し方あるまい。そもそも新宿というダークゾーン、そしてそのダークゾーンに生きる人々を描くことに、作者たちの主眼は置かれているのだから。もちろん編者の意図もそこにあるはずだ。
 作品的には手練れの書き手が並ぶだけに失望することはない。だが比較的ライトな作風の作品が多く、「深夜+2」のように最初から遊び要素を打ち出しているものはともかくとして、もう少し苦いものや重いものを混ぜても良かったのではないか。確かにこの軽妙さも「新宿」の一面ではあると思う。しかし新宿が持つ怖さを前面に出した作品も読みたかった。大沢在昌の『新宿鮫』や馳星周の『不夜城』とまではいかないまでも。


テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌


 仕事納め。会社の大掃除を午後2時頃までに終わらせ、残りは納会……なんてことはなく通常業務を引き続き行う。休暇は1週間あるが、その間に出勤する人間も多く、零細企業の辛いところである。

 読了本は河出文庫の『博多ミステリー傑作選』。まずは収録作から。

夏樹静子「断崖からの声」
小林久三「赤い蛇」
夢野久作「空飛ぶパラソル」
夢座海二「どんたく囃子」
大貫進「死の配達夫」
久丸修「殺意を呼ぶ映像」
石沢英太郎「福岡・親不孝殺人事件」

 一見すると気軽に読めるトラベルミステリー・アンソロジーだが、これはなかなかハイレベル。夢野久作は別格としても、その他の作品も粒ぞろいだ。とりわけ夢座海二の「どんたく囃子」は、主人公が幼かった頃に関係した事件を溯ってゆく過程が抒情豊かに描かれた佳作。博多が舞台であることの必然性も備えている点もよい。トラベル・ミステリーと銘打っておきながら、ただ観光名所を描写するだけで、舞台を余所に移しても成り立つような小説も少なくない。そういう意味でも「どんたく囃子」は、トラベルミステリーのお手本になるような作品であろう。
 他には、大貫進や久丸修といったマイナー作家の作品も悪くなかった。大貫進の「死の配達夫」は、家の購入資金のために殺人を犯す決意をする主婦の心理を描き、その生々しさが秀逸。久丸修の「殺意を呼ぶ映像」は、失踪した同僚の行方を追うテレビマンの話だが、ラストのひねりが見事に決まっている。今ではそれほど驚くようなオチでもないが、変にどんでん返しを繰り返す昨今のミステリーよりは、本作のように一発でピシッと決めてくれた方がかえって好印象だと思う。


テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌


 河出文庫はかつてミステリーのアンソロジーをよく編んでいた。今でも現役の『犬のミステリー傑作選』とか、少しマニアックな『不思議の国のアリス・ミステリー傑作選』とか『文豪ミステリー傑作選』とか。まあ、何でもありって感じもするが、極めつけは何といっても新宿とか札幌とかの地名でまとめた御当地ミステリーものだろう。
 基本的には普段ミステリーを読まない人に向けた、入門書的な位置づけなのだろうが、これが意外に馬鹿にできない。編者のこだわりなのだろうが、ちょっとすれっからしのミステリーファンが気になるような作品をたいてい一、二編採っているのがミソなのである。いかんせん今ではほとんどが品切れだが、まだまだブックオフ等の新古書店でもお目にかかることができる。神保町辺りでは「正気か」と思うような値付けをしている店もあるので、興味がある人はいまのうちか。
 そんなわけで本日は、河出文庫の御当地ミステリーから『鎌倉ミステリー傑作選』。収録作はこんなところ。

久能啓二「“鎌倉もの”物語の陰鬱」(序文)
西村京太郎「江ノ電の中の目撃者」
久能啓二「死者の旅路」
鷹羽十九哉「殺るっきゃないわ」
石井竜生・井原まなみ「死を賭けて走れ」
石沢英太郎「レズビアン殺人行」
笹沢左保「自殺」
鮎川哲也「材木座の殺人」

 上で「ミステリファンが気になるような作品をたいてい一、二編採っている」と書いたが、本作は例外か(笑)。鎌倉云々というまえにミステリとして弱いものが多く、どちらかというと中間小説っぽい。強いていえば久能啓二「死者の旅路」がベター。鮎川哲也も入ってはいるが、「材木座の殺人」ってアンソロジーに採るようなレベルか、という疑問が先に立つばかり。ううむ、なんとも物足りない一冊であった。


テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌


 河出文庫の御当地ミステリー集から『東京銀座ミステリー傑作選』を読む。横溝正史や大下宇陀児、日影丈吉あたりを目当てに買ったもので、他の作家も大御所揃い。さすが文壇の方々だけに銀座は皆詳しそうだ。収録作品は以下のとおりだが、横溝正史と三好徹による銀座に関するエッセイを二篇載せているのが、ちょっとおまけっぽくてよい。
 ただ、全体的にはいまいち低調である。銀座もあくまで小道具にすぎず、ミステリとしても弱い。以前に読んだ『紀州ミステリー傑作選』や『沖縄ミステリー傑作選』あたりに比べると完全に一枚落ちる出来であろう。

横溝正史「銀座小景 或は、貧しきクリスマス・プレゼント」(エッセイ)
三好徹「魅惑の街・銀座」(エッセイ)
日影丈吉「美人通り魔」
大下宇陀児「銀座綺譚」
横溝正史「霧の中の女」
菊村到「ふしぎな紳士」
加納一朗「怪談銀座稲荷」
黒岩重吾「青ざめた装飾」
梶山季之「銀座祭り殺人事件」
赤川次郎「「通」」
三好徹「銀座心中」


テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌


 河出文庫の御当地ミステリー集から『紀州ミステリー傑作選』を読了。
 紀州については未だ訪ねたこともないが、大学時代の友人に和歌山出身の連中が多く、話自体はいろいろ聞いており、その後は中上健次の著作で特殊なイメージ(笑)だけは持っている。
 それらは本書の序文で津本陽が書いているような明るい軽はずみな気質、というのとはまた別の種類のもので、意外に粘着質なところがあるのではないか、とも感じている。まあ、完全に個人的なイメージなので、和歌山県の人、間違っていたらごめんなさい。

津本陽「明るい風土」(序文)
笹沢左保「純愛碑」
宮脇俊三「殺意の風景」
蒼井雄「黒潮殺人事件」
西村寿行「痩牛鬼」
岡田義之「夜の吊橋」
黒岩重吾「墓地の俳優」
津本陽「財布の行方」

 収録作は以上のとおり。ミステリ色の強い作品は少なく、蒼井雄の「黒潮殺人事件」はダントツに本格だが、その他はどちらかというと人に焦点を絞った佳作が多い。笹沢左保の「純愛碑」、宮脇俊三「殺意の風景」、西村寿行「痩牛鬼」、岡田義之「夜の吊橋」などは正にその典型で、事件と呼ぶほどでもない些細な出来事なのに、強烈な印象を与えることに成功している。
 特に西村寿行の「痩牛鬼」は絶品。エロスとバイオレンスのみ注目される西村寿行だが、そもそもデビュー時は社会派であり、加えて動物文学の第一人者という一面も持つ。そのあまり知られざる面を理解するには格好の一篇。


テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌


 ゴールデンウィークのど真ん中で出社。先日のデータ破損による被害などをあらためてまとめたり、急ぎの仕事をこなしているとアッという間に午前様。しかし本日は車で出社したので、終電も気にならず。ガラガラってほどでもないが、いつもよりは全然空いている都心の道を気持ちよく飛ばして帰る。

 読了本は『軽井沢ミステリー傑作選』。収録作は以下のとおり。

土屋隆夫「異説・軽井沢心中」
大坪砂男「天狗」
鮎川哲也「白い盲点」
戸川昌子「嬬恋木乃伊」
梶龍雄「色欲の迷彩」
内田康夫「シゴキは人のためならず」
大沢在昌「冬の保安官」
栗本薫「軽井沢心中」

 タイトルどおり軽井沢に関係あるミステリーを集めたアンソロジーだが、作品集としての出来は低調である。さすがに大坪砂男の「天狗」は別格だが、土屋隆夫、鮎川哲也の作品もこの二人の水準作からは少し落ちる気がするし、その他の作品はさらに落ちる。「シゴキは人のためならず」なんてあほくさくて無理矢理読んだほどだ。
 なお、謎に関する部分はイマイチだが、トータルな魅力では戸川昌子の「嬬恋木乃伊」は悪くない。女史お得意のエロチック・サスペンスで、何とも奇抜な設定が馬鹿らしくもあり妖しくもあり。


テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌


 天気もよいので埼玉の森林公園に出かける。うちからだとクルマで2時間以上かかるが、行っただけの甲斐はある。お目当ては愛犬を放して遊ぶことができるドッグラン。いくつかドッグランには行ったことがあるが、施設の充実ぶりや広さ、清潔さを総合するとここが圧倒的にベストである。駐車場からドッグランまでが少々遠いが、人間にもいい運動になるからヨシとしましょう。でも帰りの運転はさすがに疲れた。

 本日の読了本は沖縄をテーマにしたアンソロジー。『沖縄ミステリー傑作選』だ。1980年の半ば、河出書房新社がなぜか力を入れていた御当地ミステリのアンソロジーのひとつである。とりあえず収録作は以下のとおり。

西村京太郎「南神威島」
大城立裕「逆行のなかで」
三好徹「遠い島の女」
森詠「ジュークボックス」
佐木隆三「星の降る夜」
南部樹未子「ニライカナイの島で」
田中光二「幻魚の島」

 御当地ミステリは観光情報を全面に押し出しすぎて肝心のミステリとして弱いのではという先入観があることから、今まであまり手を出してはこなかった。ではなぜ今回に限って手をつけたかというと、ほとんど理由が思い浮かばない。しいていえばなんとなく。
 買った理由は割とはっきりしていて南部樹未子が載っているから。南部樹未子は以前から気になる作家で、短編をちらほら読んだだけだが、なかなか人間の見方が意地悪くて興味を惹かれていたのだ。
 逆にそれ以外の作家については代表作と呼ばれるものを二〜三冊読んではいたが(未読は大城立裕のみ)、正直あまり興味が続かなかった。今回は沖縄テーマの観光ノベルという偏見もあり、あまり期待しないで読み始めたのだが……。

 一読して驚いた。これってミステリとは言い難い作品もあるけれど、スゴく上質な作品集ではないか。青い空、青い海なんてイメージはどこへやら、戦争や先住者、返還問題をテーマにした重いものが多い。
 解説にも書いてあるが、沖縄をテーマにした小説は少なくないが、ミステリだと途端に少なくなる。それも沖縄の歴史が抱える重さゆえではないか。単なる娯楽作品であればミステリの舞台などどこでもよい(ちょっと暴論ですが)。沖縄だって東京だってよいわけである。しかしあえて沖縄を選んだからには、作家もそれなりの覚悟をもって臨まなければならない。上っ面だけでは済ませられない問題を今も沖縄は内包しているのである。

 このアンソロジーに載る作品はそんな沖縄を舞台にしただけあってどれも読み応えがあるが、お好みはまず巻頭の西村京太郎「南神威島」。似たような話が割とあるが、終盤の種明かしがお見事。全編をおおう怪しい雰囲気もよい。
 佐木隆三「星の降る夜」はミステリとはいえないが、ノンフィクションタッチで当時の沖縄の若者の、素直でいながらどこかねじれた複雑な心理を描き出している。これも雰囲気がすごくよい。
 南部樹未子「ニライカナイの島で」は期待に違わぬサスペンス。ある沖縄ツアーで遭遇した女性3人の比較が見事で、ラストの破滅へ持っていくまでの心理描写などがさすがだ。
 とにかくこんな御当地ミステリならもっと読んでみたい。そんな気にさせる優れたアンソロジーだ。


テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌



Prev | HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2020 探偵小説三昧, All rights reserved.