ADMIN TITLE LIST
Selected category
All entries of this category were displayed below.

 本日の読了本はアンソロジー『怖い食卓』。
 食をテーマにしたアンソロジーで、採り上げられている作品のレベルは高い。ただし、和洋ごちゃ混ぜ、時代もバラバラ、食というテーマ以外は一切お構いなしの編集。しかも編者などの表記はなし、初出や解説も一切なしという、とことん誠意の感じられない体裁。なぜこんないいかげんな仕事をするのか不思議でしょうがない。
 でも最初に書いたように、収録されている作品はすばらしい。

「定年食」筒井康隆
「とっておきの特別料理」チャールズ・マージェンダール
「 恋人を喰べる話」水谷準
「魔法のチョーク」安部公房
「家のなかの絵」ハワード・P・ラヴクラフト
「出口」吉行淳之介
「美食倶楽部」谷崎潤一郎
「みどりの想い」ジョン・コリアー
「めずらしい蘭の花が咲く」ハーバート・G・ウェルズ
「死屍を食う男」葉山嘉樹
「恋人を食う」妹尾アキ夫
「悪魔の舌」村山槐多

 以上、定番からあまりほかではお目にかかれないものまで充実の作品群。村山槐多や葉山嘉樹あたりが載っているのも珍しくて○。個人的には吉行淳之介 の「出口」が不思議な余韻を残して味わい深い。
 おすすめのアンソロジーだとは思うが、食がテーマだからといって、食前食後に読むのはおすすめできない。理由は……読めばわかります。

テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 探偵小説三昧, All rights reserved.
ネット小説