ADMIN TITLE LIST
Selected category
All entries of this category were displayed below.

 ヘレン・マクロイの『ささやく真実』を読む。まずはストーリーから。

 誰もが認める美女ながら、悪趣味ないたずらで騒動ばかり起こしているクローディア。そんな彼女が知人の科学者から盗み出したのが、新発明の自白剤。彼女は自宅のパーティーでカクテルにこれを混ぜ、皆にふるまおうというのだ。
 そしてパーティー本番。クローディアの企みは見事に成、宴は暴露大会と化すが、その報いか、彼女は何者かに殺害される。その直後に現場を訪れた精神科医ウィリング博士は、犯人が物音に気づいて逃走したことから推理を展開させてゆく……。

 ささやく真実

 精神科医ベイジル・ウィリング博士のシリーズ第三作目ということで、比較的初期の作品。まだこの頃は後期のようなトリッキーさも感じられず、どちらかというとオーソドックスな本格ミステリの雰囲気である。
 そのなかにあって自白剤によって秘密を暴露するという設定だけは少々突飛なのだが、これもぎりぎり許せる範囲か。全体的にはおとなしめのストーリーながら、自白剤によって巻き起こるドタバタや人間模様が物語の芯になっており、それがいい味付けとなっている。
 また、謎解きについては“音”の扱いがなかなか巧い。こういうネタだけで二転三転させ、しかもストーリーを引っ張ってくれるのはやはり実力者の証。決してマクロイのなかでは上位にくる作品というわけではないが、フーダニットとしては十分に楽しめる作品といえるだろう。

 とりあえず本作も満足。マクロイはまだまだ未訳が残っているが、このぐらいのペースでよいのでぼちぼち紹介が進んでいくと嬉しいねぇ。


テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌


 ちくま文庫版ヘレン・マクロイの第二弾、『二人のウィリング』を読む。

 まずはストーリー。
 精神科医のベイジル・ウィリング博士が自宅近くの煙草屋に入ったときのこと。あとから店に入ってきた男が、自分はベイジル・ウィリングだと名乗り、タクシーで去っていった。
 驚いたウィリングは男の後を追い、ある屋敷で行われているパーティーに潜入する。参加しているのは主催者の精神科医ツィンマー博士をはじめ、盲目の婦人、詩人、土建業者、クラブオーナーなどのセレブたち。
 やがて偽のウィリングを見つけたウィリングは二人でパーティーを抜け出し、名前を騙った理由を問いただそうとする。だが男は突然に苦しみだし、「鳴く鳥がいなかった」という謎の言葉を残して息をひきとってしまう……。

 二人のウィリング

 相変わらず安定した出来栄え。マクロイは本当にハズレがない。本作もマクロイお得意の精神分析を取り混ぜつつ、コンパクトにまとめた佳作である。
 偽ウィリングの正体とは? なぜ彼が殺されなければならなかったのか? さらには「鳴く鳥がいなかった」というダイイングメッセージの秘密とは? 立て続けに提示される魅力的な謎と、パーティーの主催者ツィンマー博士とその招待客を襲う連続殺人というサスペンスで、やや短めの長篇を一気に引っ張っていく。

 正直、謎ひとつひとつの種明かしはさほどでもないのだ。しかし、事件そのものの構図と真相が驚くべきもので、あらためてマクロイのプロット作りの上手さ、語り&騙りの妙に酔わされる。
 とりわけ巧いなと思ったのは、終盤近くで事件関係者が再びパーティーに招待される場面である。関係者それぞれの反応を順番に描き、いかにもこの中に犯人がいるんですよと言わんばかりの演出で、確か似たような趣向は『あなたは誰?』にもあったような気がするが、ここはマクロイの自信と稚気の表れとも取れるだろう。
 傑作、とまではいかないが十分にオススメできる一作。


テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌


 ヘレン・マクロイの『あなたは誰?』を読了。珍しやちくま文庫からの刊行だが、以前こそ戦前国産探偵小説を出してくれたこともあったが、翻訳物となると最近ではチェスタトンがあるぐらいで、他はとんと思いつかない。チェスタトンにしても純粋なミステリは少ないし。
 どういう経緯があったかは知らぬが、この先の展開が気になるところではある。

 まあ、それはともかく。本作は精神科医のベイジル・ウィリング博士を探偵役とするシリーズの一冊。マクロイ初期の本格探偵小説ということで、これは読む前から期待が膨らむ。

 こんな話。ナイトクラブの歌手・フリーダは精神科医の卵であるアーチーと婚約し、二人はお披露目のため、アーチーの故郷ウィロウ・スプリングへ向かうことになった。ところがその矢先、フリーダのもとに「ウィロウ・スプリングには行くな」という警告の電話が入る。
 不安はそれだけではない。この婚約を快く思わないアーチーの母・イヴ、いつかはアーチーと結ばれることを夢見ていた幼馴染のエリス、ヨーリッパから突然やってきた一族の厄介者イヴの従兄弟・チョークリー。小さな火種がくすぶる中、到着早々にフリーダの部屋が荒らされる事件が起き、そして隣人のマーク上院議員の家で催されたパーティでついに殺人事件が起こる……。

 あなたは誰?

 おお、これはいいではないか。物語の興味はストレートなフーダニット。いったい誰が殺人事件の犯人なのか、ということだが、それと並行して描かれるフリーダを脅迫する人物の存在が面白い。
 二つの事件の犯人は同一犯なのか、それとも別人なのか。それぞれの動機は何なのか。状況からどちらの事件も犯人は内部のものに限られている。しかもその容疑者はごくごく少数。この極めて難易度の高い状況で、マクロイは周到な仕掛けを講じ、伏線を張りまくる。

 特に感心したのはメインの仕掛けである。この仕掛けが事件全体を構築しているといってもよいのだが、マクロイはその仕掛けをストレートに真相につなげるのではなく、そこから一捻り加えており、ここが巧いのである。ネタの性格上、曖昧にしか書けないのが歯がゆいかぎりだが、これはまあ読んで驚いてほしいとしか言いようがない。
 実を言うと、この仕掛けは今ではそれほど珍しくもないのだが、それを1943年の時点で、この完成度で成立させているのが素晴らしい。

 ちなみにタイトルの『あなたは誰?』の原題は『Who’s Calling?』。
 冒頭ですぐにその意味するところが理解できるだろうけれど、実は本当の意味は別のところにある。読後、そのタイトルのつけ方の巧さにも唸らされるわけで、いやあ、マクロイの作品はどこをとっても面白い。おすすめ。


テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌


 ヘレン・マクロイの『逃げる幻』を読む。1940年代の中頃、『ひとりで歩く女』や『暗い鏡の中に』などの佳作をばんばん世に送り出しておいた時期に書かれた作品で、これは期待するなという方が無理な話である。

 まずはストーリー。精神科医でもある予備役のダンバー大尉は、ある秘密の任務を帯びてハイランド地方を訪れた。ところが旅の途中で知り合ったネス卿から、家出を繰り返す少年が荒野の真ん中で消失したという話を聞かされ、興味を覚える。その夜、宿泊先で偶然その少年を見つけたダンバーは、彼が異様なほど何かを怖れていることに気づく。そして、二日後、悲劇は起こった……。

 逃げる幻

 いやあ、面白い。これはまた非常にマクロイらしい作品である。マクロイのいいところと悪いところが明確に顕れているというか。いや、悪いところはマクロイの計算尽くだと思いたいので、ここはむしろマクロイの狙いどおりに驚かされ、考えさせられた作品といっておこう。

 ぶっちゃけ悪いところというのは表面的なトリックの部分である。すなわち少年の消失と密室殺人。この二つがかなり腰砕けで、マクロイを読み慣れていない一見さんだと「何じゃこりゃ」ということにもなるのだろうが、もちろん著者の狙いはそこではない。
 本作における最大の謎は"なぜ少年は何度も家出を繰り返すのか"なのであり、先のトリックそのものが、この謎を活かすための壮大なカモフラージュになっているといったら褒めすぎだろうか。
 だが、それぐらいこの謎の結構は鮮やかであり、しかも、それが解き明かされたとき本書のテーマが読む者の胸に迫ってくる。こういう小説としての企みが何よりマクロイは巧いのである。そしてそれを実現させる描写の確かさがある。

 特に感心したのは、このサプライズのための仕掛けである。伏線が巧妙に張られているのはもちろんだが、それを誤誘導する手並みがまた鮮やかなのだ。
 人間消失を序盤から盛大にアピールしているのもその一つだし、語り手をダンバーという精神科医に設定しているのも巧い。ダンバーは精神科医という職業柄、相手を極めて客観的かつ冷静に分析する。その断定的な分析が逆に……というところもあり、加えてダンバーが担う秘密任務がいったいどういうふうに絡むのかという興味もあって、これが忘れた頃にドカンとくるから堪らない。

 ちなみにシリーズ探偵のベイジル・ウィリング博士の登場も、本書三分の二あたりからと少々遅いタイミングである。この登場シーンも含め、事件が一気に動く終盤は至福の時間であった。テーマから謎解きに至るまで、実にマクロイらしさに溢れた一作。おすすめ。


テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌


 本日の読了本はヘレン・マクロイの『小鬼の市』。
 以前はサスペンスの書き手だと思われていたマクロイだが、ここ数年の紹介で、実は本格メインであることがようやく定着してきた。サスペンスやスリラーに移行した時代もあったのだが、どんな作品であっても常にトリッキーな味つけがなされており、しかもアベレージが高い。日本でのブレイクがここまで遅れたのか不思議なくらいの、実にハイレベルな作家なのである。

 こんな話。時は第二次大戦下、舞台はカリブ海に浮かぶ島国サンタ・テレサ。アメリカの新聞社〈オクシデンタル通信〉の支局長として働くハロランが、仕事中に不慮の死を遂げる。職を探していたアメリカ人放浪者のスタークは、その機に乗じて支局長の後釜に座ることに成功するが、ハロランの死に不審なものを感じて調査を開始する。

 小鬼の市

 上でも書いたようにマクロイにはサスペンス志向の作品も少なくはないのだが、これはまたとりわけ異色である。冒頭から殺人事件は起こるにせよ、全体を包むのは戦時色。そこを素性の知れぬアメリカ人が記者として行動するうち、何やら背後に潜む陰謀が浮かび上がるといった寸法で、いわば冒険サスペンスものといった体。正直、予備知識がなければマクロイの作品とはわからない。
 ただし、同時に本格風味も強いのが、やはりマクロイ流か。真相の解き明かし方、暗号の使い方、時局と事件の絡ませ方など見るべきところは多く、これらが明らかになるラストはやはり本格ミステリの楽しみと共通のものである。ついでにいえば、タイトルのつけ方も相変わらず上手い。
 『幽霊の2/3』や『殺す者と殺される者』などの傑作群と比べるとやや落ちるが、十分にオススメできる一作である。

 最後に蛇の足。帯にある惹句は完全に編集側の勇み足。できれば帯は極力見ないで読むことをお勧めします。


テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌


 ヘレン・マクロイの『暗い鏡の中に』を読む。マクロイの最高傑作といわれながら、ハヤカワ文庫で長らく品切れだった同書の復刊である。まずはストーリーから。

 ブレアトン女子学院に勤める女性教師フォスティーナ。同校に勤め始めてまだ五週間の彼女だったが、校長から突然、解雇を言い渡されてしまう。しかも解雇の理由すら告げられぬまま。
 落ち込むフォスティーナに同僚のギゼラも同情し、犯罪捜査に詳しい恋人の精神科医、ベイジル・ウィリング博士に相談する。さっそく彼女の代理人として調査に赴いたベイジルだったが、そこで知らされた解雇の理由は驚くべきものだった……。

 暗い鏡の中に

 いやー、ほんとにようやるわ、というのが第一印象。もちろん褒めてる(笑)。
 マクロイの醍醐味のひとつに、大向こうを唸らせるケレン味があるのだが、本作はとりわけハッタリのかまし度合いが激しい。しかも変にいろいろなネタをつっこまず、ほぼメインの仕掛け一本で勝負する。もちろん犯人やトリックの意外性も十分なのだが、まずはこういうテーマでシンプルに勝負しているところを評価すべきである(ちなみに、このテーマは前半で明らかにはなるものの、これ自体が驚きのひとつなので、初めて読む人のためにここでは触れません)。

 ややもするとバカミスに転びかねないこのテーマ。それをしっかりサスペンスとして踏みとどまらせているのが、マクロイのプロット作りの巧さであろう。特に感心したのは興味の引っ張り方。変に謎を引っ張りすぎることもなく、ほどよくサスペンスを盛り上げておいていったん花火を上げ、また次の興味につないでゆく、そのタイミングの巧さである。読者をほんの少しだけ焦らせるタイミングといってもよいだろう。結果としてリーダビリティはすこぶる高い。

 ただ、ラストの締め方は賛否両論かもしれない。本格志向が強ければ、当然ながらすっきりしない人もいるだろうことは予想できる。とはいえ本作のテーマにうまく絡めたエンディングであることもまた確かで、この何ともいえない余韻を味わうことも、本書の楽しみのひとつではないだろうか。

 とにかくマクロイは素晴らしい。未訳作品がたっぷり残っているのが実にもったいない限りだ。あ、これこそ論創社さんにお願いすればいいのか(笑)。


テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌


 『ミステリマガジン』4月号購入。特別増大号とかでかなりのボリューム。値段も1700円と、もはや雑誌の域を超えている気がするが、中身はかなり充実しているので許す。目玉は先般発見されたという幻の短編を軸にしたクリスティー大特集であり、即ち「犬のボール」&「ケルベロスの捕獲」の二編、さらには戯曲版『ホロー荘の殺人』一挙掲載、その他エッセイ等諸々。大充実。
 加えてビッグなニュースも二つ。この未訳短編が記されていたというクリスティーの創作ノートが、この春に刊行されるらしい。しかもこの機に乗じて「アガサ・クリスティー展」が有楽町の国際フォーラムで開催されるという予告まで。暗いニュース続きのミステリ界だが、これは久々に派手な展開で楽しめそうだ。
 ただ、そうはいってもクリスティー、最近読んでないなぁ。たぶん半分は読み残している。いつかはイッキ読みにチャレンジしたいものだがいつになるやら。



 ヘレン・マクロイの『殺す者と殺される者』を読む。『幽霊の2/3』と同様、長らく絶版だったものが、ついに復刻されたという超曰くつきの作品。『幽霊の2/3』ではなぜこれが絶版?というぐらい秀逸な作品だったが、本作もそれに続くか、というのがやはり要注目である。

 こんな話。大学で教鞭をとるハリー・ディーンは伯父の遺産を相続するという知らせを受ける。だがその直後、ハリーは道で足を滑らせ、頭を負傷して記憶の一部を失ってしまう。やがて怪我から回復したハリーは、その事故を機に職を退き、母の故郷で過ごすことを決意。それは若き日のハリーが暮らした町であり、彼がかつて愛したシーリアが住む町でもあった。だが、ハリーの新たな生活には不思議な出来事が頻発し、やがて痛ましい事件へと発展する……。

 殺す者と殺される者




※以下、本文はネタバレになる可能性を含んでいます。できるだけ注意して書いてはおりますが、察しのいい人だとこれでも危険。
 未読の方はくれぐれも御注意ください。






 うむ、悪くないです。途中までは若干の不安もあったのだが、読み終えた今は十分に納得である。個人的には『幽霊の2/3』に軍配を挙げてしまうけれど、それは相手が悪いからで、本作も十分楽しめる一作。
 ぶっちゃけ書いてしまうと、メインのネタは今となってはさすがに古いし、あざとい。少々ミステリを読み慣れている者なら、すぐに仕掛けが読めるはずだ。だいたいからして伏線が強すぎる。まるで気づいてくださいといわんばかりの書き方なのである。しかも後半に入った辺りで惜しげもなく、そのネタをばらす。
 ここで気づく。あ、もしかしてこれは確信犯かなと。読者があっと驚いてくれたらそれでよし、ネタが割れたら割れたで読者はそのテクニカルな部分に注目できる。描写はすこぶる丁寧で、不安感を煽る心理描写&真相をカモフラージュするテクニックが見事に両立している。
 その最たる例がラストへの持っていき方。最後の一行までたっぷりと主人公の心理を味わえるこの物語は、極めて上質のサスペンスといえるだろう。

 なお、『幽霊の2/3』もそうだったが、この『殺す者と殺される者』という題名も実にいい。


テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌


 長らく名のみ知られていたヘレン・マクロイの幻の傑作『幽霊の2/3』が遂に新訳で登場、というわけで、さっそく読んでみたのだが、いやあ、これは確かに面白いわ。こんな話。

 突如、文壇に現れた新人作家エイモス・コットル。処女作のヒットを皮切りにベストセラーを次々と発表し、一躍、文壇の寵児に躍り出た。その一方でエイモスは金にうるさい映画女優と結婚してしまい、彼の本を扱う出版社の社長やエージェントは気が気ではない。そんななか出版社社長の自宅でパーティーが催されることになる。関係者が集うなか、余興のゲーム「幽霊の2/3」の最中に、エイモスが毒殺されるという事件が起こる……。

 幽霊の2-3

 トリッキーなサスペンスものが著者の真骨頂。本作もメイントリックは意外と他愛ないし、構成もどちらかというとサスペンスタッチだけれども、物語を終始貫いている謎、つまりエイモスという男はいったい何者なのかという興味で、ぐいぐい引っ張ってゆく。最後に明かされる事件の真相も十分に意外なもので、こういう手があったかという新鮮な驚きを味わった。
 また、サスペンスタッチとは書いたが、ここ数年で紹介された作品が証明しているとおり、本格マインドをけっこう備えているのも事実。特に終盤の「気づいた点リスト」などを見れば、著者がいかに伏線等に気を配っているかがわかる。
 さらには出版業界の内幕物という側面すら仕掛けの一つとして機能させるテクニック。『幽霊の2/3』という絶妙なタイトルも含め、マクロイを語るときに忘れてはいけない一作といえるだろう。


テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌


 ヘレン・マクロイの『割れたひづめ』を読む。こんな話。
 吹雪のため道に迷ってしまったベイジル・ウィリング夫妻。彼らがたどりついたのは翔鴉館(クロウズ・フライト)と呼ばれる古い一軒家だった。その屋敷には、泊まった者が死体となって発見されるという開かずの部屋があり、子供たちのあるいたずらがきっかけで、男たちの一人がその部屋で一晩を過ごすことになる。そして翌朝、皆の不安を裏付けるかのように、死体が発見された……。

 物語の背景にあるのはオカルト趣味ではあるが、子供たちが事件をかき回すかのように行動するため、ファースの風味も強い。死者の出る開かずの部屋という設定も含めて、何やらディクスン・カーを彷彿とさせるお話ではある。
 しかし、開かずの部屋の密室殺人、オカルト現象、犯人なども含めて、全般的にややネタが読まれやすいというか、あまり謎のレベルは高くないのが欠点か。本来マクロイは本格の人ではないので、これも致し方ないところなのだろう。とはいうものの、さすがに雰囲気作りはお手の物で、とりわけ子供たちの活躍する部分は達者なものである。
 『ひとりで歩く女』や『家蠅とカナリア』といった傑作を期待するとあれだが、普通に楽しむ分には十分な出来映え。個人的にはまずまず楽しめた。


テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌


 論創海外ミステリからヘレン・マクロイの『死の舞踏』を読む。
 除雪作業が進む雪のマンハッタン。路肩の雪をトラックに積み込む作業中、雪のなかから女性の死体が発見された。だが不思議なことに、その死体は雪の中に埋もれていたにもかかわらず、おびただしい熱をもっていたのだ。やがて警察から協力を要請された精神分析医ベイジル・ウィリングは被害者の顔に見覚えがあることに気づく……。

 本作はマクロイのデビュー作。やがてファンを驚かせるようになる切れのいい変化球はまだ影を潜め、ストレートで押している頃の作品である。構成的にもかなり本格然とした組み方だが、冒頭から中盤までの一気の展開は悪くない。
 そして何といっても特徴的なのは、心理分析を多用した推理。これは先例がいくつかあるにせよ、注目しておいていいだろう。ただ加減を知らないマクロイが難しく書きすぎているので、もうひとつその面白さが伝わりにくいのが残念。とはいえ伏線の数々を心理分析によって解説する謎解き部分は、さすがにひきこまれた。
 結論としては、絶賛、とまではいかないものの、見るべきところは多い作品といえるだろう。ファンならもちろん買い。


テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌



| HOME | Next

Design by mi104c.
Copyright © 2017 探偵小説三昧, All rights reserved.
ネット小説