ADMIN TITLE LIST
Selected category
All entries of this category were displayed below.

 ぼちぼちと読みすすめていたフランシス・M・ネヴィンズの『エラリー・クイーン 推理の芸術』をやっと読了。いやあ、さすがに読みごたえがあった。

 本書はアメリカを代表する偉大な本格ミステリ作家、エラリー・クイーンに関する評伝である。以前に早川書房からも同様の評伝『エラリイ・クイーンの世界』が出ていたが、こちらは同じ著者による増補改訂版。
 著者のフランシス・M・ネヴィンズはほかにも評伝『コーネル・ウールリッチの生涯』を著すなど、ミステリ研究に関しては大家といえる人物だから、もちろん傑作だろうとは想像していたが、なんと日本版では独自の修正+αも加えられており、まさにクイーンファン必携の決定版である。

 エラリー・クイーン 推理の芸術

 クイーンは言うまでもなくフレデリック・ダネイとマンフレッド・リーという従兄弟同士の二人による合作ペンネーム。本書はその二人の生涯を追うというよりは、時系列に沿って数々の業績をひとつひとつ分析し、論評していくものとなっている。
 何より素晴らしいのは、小説はもちろん、名義貸しのペイパーバック作品や、ラジオドラマ化や映像化されたもの、さらにはダネイが中心となって進めた雑誌やアンソロジー等の編集者としての業績まで網羅していること。
 また、そうした業績だけでなく、二人の関係性の変遷や合作の内幕、時代との関わりなども掘り下げており、その内容には本当に圧倒される。
 二人の私生活や考え方が、仕事にどのような影響を与えていたのか。そしてその仕事の結果が、逆に生き方へどのような影響を与えたのか。この作用反作用がそのときどきで変化し、それこそエラリー・クイーンという謎を解くような気持ちにさせてくれるのである。

 とりわけ興味深かったのは二人の関係性。仕事の分担やある程度の経歴は、そこそこのファンなら常識だろうが、より深い部分での人間的な関係性にまで踏み込んでいる。単なる趣味を同じくする従兄弟同士という単純なものではなく、愛憎半ばする複雑な部分が決して小さくなかったというのは、なかなかに衝撃的だった。これはダネイと親交が深かったという著者ならではの成果だろう。
 いわゆるテーマや項目で系統立ててまとめた評論やガイドとは違い、気になる項目をピンポイントで探すという作業などには向かないのだけれど、それを補って余りあるのは読み物としての面白さ。これはやはり評伝というスタイルならではだろう。

 ちなみに海外のミステリ関係の作家の評伝は出ているようで意外に少なく、思いつくだけで、E ・A・ポオ、ヴァン・ダイン、ジョン・ディクスン・カー、コーネル・ウールリッチ、アガサ・クリスティ、コナン・ドイル、E・S・ガードナー、レイモンド・チャンドラー、ダシール・ハメットぐらいか。ポオあたりは別にミステリ枠でもなんでもないけれど(笑)、このクラスでないと評伝など出版(翻訳)されないということだろう。
 個人的にはロス・マクドナルドやモーリス・ルブラン、F・W・クロフツ、アントニイ・バークリー、ドロシー・セイヤーズあたりもぜひ読んでみたいものだが。


テーマ:評論集 - ジャンル:本・雑誌


 『コーネル・ウールリッチの生涯(下)』読了。
タイトルどおりウールリッチの生涯をまとめた伝記だが、いやはやこれは力作だ。今まであまり語られることのなかったウールリッチの生涯を出来うるかぎり掘り起こし、まとめただけでも素晴らしいのだが、さらに偉いのは、作品そのものについてもしっかりした解説を加えていることだ。
長編はもちろん短編についてもかなりの数について触れており、作品の評論集としても機能する。さらには映像になった作品やラジオドラマなどにも触れられており、資料関係も豊富だ。

 ウールリッチについては同性愛者だったとか、生涯ホテル暮らしだったとか、引きこもりであったとか、とにかく断片的な情報はいろいろ知られているが、ではなぜそのような暮らしをしていたのか、どういう人物だったのか、本質的な事柄は意外に知られていない。
作品と作者は関係ないという考え方もあるが、ウールリッチの作風はあまりに独特であり、作品のバックボーンを知りたいと思うのは、普通の欲求であろう。そういう意味で、本書はこれまでベールに包まれていた部分を明るみに出してくれると同時に、幻想を打ち砕く力をも持っている。

 ペンネームだと思っていたアイリッシュが、実は本名だったとか(なんと正式に改名しているのである)、ウールリッチの未完の伝記が嘘だらけだとか、あのプロンジーニとの共作でも知られるSF作家のマルツバーグが最後まで世話をしていたとか、トリビア系のネタも豊富。とにかく充実の一冊なのである。


テーマ:書評 - ジャンル:本・雑誌


 じんま疹と薬の副作用がひどく、本日も欠勤。

 フランシス・M・ネヴィンズJr.の『コーネル・ウールリッチの生涯』の上巻読了。詳しい感想は下巻読了時になるが、これは凄い本である。


テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 探偵小説三昧, All rights reserved.
ネット小説