fc2ブログ

探偵小説三昧

天気がいいから今日は探偵小説でも読もうーーある中年編集者が日々探偵小説を読みまくり、その感想を書き散らかすページ。

 

早川書房編集部/編『新・冒険スパイ小説ハンドブック』(ハヤカワ文庫)

 店頭で早川書房編集部/編『新・冒険スパイ小説ハンドブック』を見かけて購入。二十年ほど前に同編集部から出た『冒険・スパイ小説ハンドブック』をリニューアルしたもので、中身の方はタイトルどおり今現在でのおすすめ冒険・スパイ小説を紹介したハンドブック。

 新・冒険スパイ小説ハンドブック

 通常のハンドブックとの大きな違いは、「架空の冒険・スパイ小説全集全二十巻をつくる」というテーマで評論家諸氏が座談会を行い、その収録作を紹介する形をとっていること。全集は一応、二十巻という体裁をとって、その各巻に「裏切り」とか「脱出」のテーマを設け、そのテーマに沿った傑作をラインナップしていく。
 そうした座談会+各作品解説が本作の柱であり、総ページ数の六割ほどを占める。では残りは何かというと、ジャンルを代表する作家の作家論が三割、国内作家のエッセイが一割といったところである。

 さて、メインとなる「架空の冒険・スパイ小説全集全二十巻をつくる」だが、企画は面白いし、座談会という形式も悪くないのだけれど、ルール付けがゆるすぎて正直いまひとつ。
 結局は全集云々ではなく、テーマに沿って冒険・スパイ小説の傑作をどれだけ紹介するかがポイントなのだが、作品を推す根拠があったりなかったり、テーマ別に馴染まない作品を全集とは別に三十五作も並べるなど、選出方法の基準がぐだぐだでお粗末極まりない。まずはハンドブックとして、これは読んでおけという方針をきっちり打ち出すべきだろう。
 国内と海外を混ぜているのもン~という感じ。

 後半の作家論はやることがはっきりしているだけに、さすがに読んでいて面白い。著作リストもついていて親切だし、これで取り上げる作家やページ数が多ければより良かった。

 まあ、ちょっと腐してしまったが、このジャンルが一時期ほどの勢いを失っているのは明らかなので、こういう本をきっかけにまた盛り上がればよいとは思うが、それだけに本の作りが気になった。あ、もちろん紹介されている本は新旧取り混ぜて面白そうなものばかりなので、その点は信頼してよろしいかと。


早川書房編集部/編『ロバート・B・パーカー読本』(早川書房)

 結局、昼休みに慌ただしくまわるぐらいで、ゆっくり見物することもなく、今年の神田古本まつりも終了。この連休に行けないこともなかったが、富士五湖まで紅葉まつりを見物にいってしまった。まったく逆方向だよ。

 スペンサー・シリーズなどで有名なハードボイルド作家、ロバート・B・パーカーのガイドブックが先頃刊行された。その名も『ロバート・B・パーカー読本』。
 昔からガイドブックの類が好きで、もちろんミステリも例外ではない。さすがにいい歳なので、今さら入門書で得るものはあまりないのだが、気になるのは、どういう切り口で構成をまとめているかである。ま、これは趣味というより職業柄か(ミステリとは全然関係ないジャンルですが)。したがって全般的なガイドブックは面白そうなら買う、といったスタンス。
 ただし同じガイドブックでも、作家別のものになると、よほどメジャーな作家でないかぎり本など出ないので、こういう場合は中身に関係なく即購入。入門書から評論まで、ターゲットも本によってさまざまなのだが、さて『ロバート・B・パーカー読本』はどうか。

 ロバート・B・パーカー読本

 内容はというと、パーカーの書いた唯一の短篇といってよい「代理人」が目玉。これに全著作のブックガイド、シリーズ別のエッセイ、登場人物の事典、『スペンサーの料理』の続編、映像化作品の資料などが加わって、一応ひととおりのところは網羅しているようだ。
 残念ながら特に面白い趣向はないが、映像化作品をまとめたものは参考になるし、先に書いたように短篇「代理人」の単行本初収録は意味があろう。ただ、年表や著作リストなど利便性の高い資料は入れておいた方がよかっただろう。
 一番期待はずれだったのはブックガイドの淡泊さ、コラム・エッセイの物足りなさ。全般に無難なものばかりで、もう少し思い切ったツッコミがあってもいいのではないか。作品評価、ミステリにおける位置づけなど、ロバート・B・パーカーあたりになるとほぼ評価は固まっているわけで、今さらそれを繰り返されても面白くはない。手練れの評論家も寄稿しているのだから、そこはもう少し工夫がほしい。わずかに池上冬樹氏がスペンサー・シリーズの構成要素の洗い出しをやっていて、それ自体は悪くないが、そこからどうするというところで結論をさらっと流している。好きな評論家だけに物足りない思いだけが残り、ちょっと残念だった。

 こういう入門的なガイドブックというのは、アプローチの方法はいくらでもある。したがって編集時のコンセプトというか立ち位置を明確にするところから作業が始まるわけで、ここがあやふやだと何とも締まりのないものが出来上がってしまう。本書がそうだとは言わないが、本の造りを見れば、もう少し本格的なものを期待するのは当然。巻末では「『新・ロバート・B・パーカー読本』でお会いしましょう」と締められているが、それは編集部の頑張り次第だな(笑)。


早川書房編集部/編『アガサ・クリスティー99の謎』(ハヤカワ文庫)

 早川書房から1年がかりで刊行されてきたクリスティー文庫がめでたく完結。ええ、全部買いましたとも(笑)。しかし、未だに一冊も読んでないというのもいかがなものか、というわけで遂に一冊読んでみることにした。早川書房編集部/編『アガサ・クリスティー99の謎』である。ううむ、クリスティーを読んだうちに入らんな、これでは<(_ _)>。
 ネタ的には主に初心者向けのクリスティー・トリビア本で、クリスティー作品のうちおそらく半数を読んでいる私にとって取るに足らぬ知識ばかりかと思っていたが(笑)、いかんせんクリスティーを何年も読んでいないものだから、けっこう忘れていたり、それどころか知らないことも多かったり。老後の楽しみ、という予感がしないでもないが、そのうちにデビュー作から順番に読むことにしよう。

 終わる叢書があれば始まる叢書もあるというわけで、あの「論創ミステリ叢書」というマニアックな国産クラシック探偵小説を刊行して一部好事家を唸らせている論創社が、なんと海外クラシックにも乗り出すという。そのラインナップが凄まじい。

第一回配本
ジョン・クリーシー『トフ氏と黒衣の女』
モリス・ハーシュマン『片目の追跡者』
E・W・ホーナング『二人で泥棒を~ラッフルズとバニー』
第二回配本
F・W・クロフツ『フレンチ警部と漂う死体』
リチャード・S・プラザー『ハリウッドで二度吊せ!』
ジョン・ウェルカム『訣別の弔鐘』
第三回配本
E・W・ホーナング『またまた二人で泥棒を(仮)~ラッフルズとバニー2』 
マージェリー・アリンガム『検屍官の領分』
ミニョン・G・エバハート『死を呼ぶスカーフ』

 アリンガムやクロフツ、ホーナングというところでも相当なものだが、ジョン・クリーシーなんて新訳で読める日がくるとは夢にも思わなかった。第一、月三冊という恐るべき刊行ペースはいったい何なのだ。論創社、頼むから無茶はせず、月イチでいいからこのシリーズを成就してくれい。


プロフィール

sugata

Author:sugata
ミステリならなんでも好物。特に翻訳ミステリと国内外問わずクラシック全般。
四半世紀勤めていた書籍・WEB等の制作会社を辞め、2021年よりフリーランスの編集者&ライターとしてぼちぼち活動中。

ツリーカテゴリー