ADMIN TITLE LIST
Selected category
All entries of this category were displayed below.

 本日の読了本は『山田風太郎 幻妖のロマン』。山田風太郎についてのエッセイ・評論をまとめたアンソロジーである。
 本書の編者は志村有弘という人で、どういう人かはあまり知らないのだが、他にも多くのアンソロジーを編んでいるので名前だけはよくお目にかかる。で、まあ、あまり本書とは直接関係のない話なのだが、どうもネット上でその作品群の評判がよろしくないようなのだ。
 これってなぜ?
 ネット上でのいろいろなページを読んでみると、理由はわからないではない。ブームにのっかっただけのあまり一貫性のない編集方針、書誌などに関しての裏付けの弱さ、まあ、こんなところではないかと思うのだが、それにしても皆さんなぜか語気が荒いというか、何もそこまで言わなくても、と思わずフォローしてあげたくなるぐらいの手厳しい物言いである。
 さすがにプロの方々でそこまで書いている人はいないが、マニア諸氏の書き方のなんとまあ酷いことよ。ああまで叩かれると、逆に変に勘ぐってしまうんだよなぁ。派閥っぽい印象も受けちゃうし。うーん、なんだかなぁ、というお話である。

 おお、忘れるところだったが、本の感想も書いておこう。本書は評論集とはいうものの、レベルそのものは初心者向け。これから山田風太郎を読んでみようかという人や、まだ忍法帖ぐらいしか読んでない人だったら、それなりに次の作品への案内書として使えるのではないか。
 ただ、そういうスタンスの内容なので、より入門者が手に取りやすいよう軽いスタイルで作ればよかったのにと思う。例えば河出から出たようなムック形式とか。読者層・購買層と本の造りが一致しない、ちぐはぐな印象は否めない。
 あ、もしかしたらこっちも似たようなこと書いてるのか?(笑)


テーマ:ブックレビュー - ジャンル:本・雑誌



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 探偵小説三昧, All rights reserved.
ネット小説