ADMIN TITLE LIST
Selected category
All entries of this category were displayed below.

 洋泉社MOOKから出た有栖川有栖/監修『図説 密室ミステリの迷宮』に、ひととおり目を通す。
 この洋泉社MOOKというのが、装丁やコンセプトなどが別冊宝島とそっくり。要はサブカル・おたく系のテーマをライトにまとめて解説するというタイプの本だ。
 あざとい商売するなあと思いつつも、ただ宝島はサブカルでもはるかにメジャーどころが主であるのに対し、洋泉社MOOKはよりディープなネタが多い。ミステリが流行っているから一冊作っちまえ、といった会議があったかどうかは知らぬが、そのミステリ本のテーマが今年のベストとかではなく「密室」というのも凄い。
 ジャンル的に見れば、芸術>文学>小説>ミステリ>本格ミステリ>不可能犯罪もの>密室ものという具合に絞り込めるであろう、この密室というテーマ。本格ミステリ好きなら必須かつ魅惑のキーワードではあるけれど、これで一冊本が作れるほど需要があるかどうかは、正直、疑わしい。ミステリ関連本でも、もっといろいろ売れそうなテーマはあるだろうに、あえて密室。そのニッチなテーマに挑んだことにまず拍手を送りたい(笑)。

 また、作りはライトっぽくとも、中身は案外まじめに勝負しているのが好感度大。何より監修の有栖川有栖を初めとして、錚々たるメンバーが寄稿している。
 監修やら書き手、協力者が強力なんだから出来がいいのは当たり前でしょというのは大きな間違いで、こういうライトな入門書やMOOKは編集者の(編者ではない、あくまで編集者)実力次第で如何様にも転ぶ。各記事の方向性にバラツキがあったり、構成がちぐはぐでは、ひとつひとつの記事の質が良くても、結果的に中途半端な出来になったりする。そういう意味では、本書は別冊宝島系のミステリ本の二番煎じには見えるけれども、内容は至極考えられており、丁寧な作りだ。
 まあ、ライトに見せてはいるけれど、どうせコアなファンしか買わないだろうから、下手なことができないのは関係者も承知の上なんだろう。そのコアなファンの期待を裏切ることなく、しかも関係者自身も楽しみながら作っている感じがして気持ちいいのである。

 図説 密室ミステリの迷宮

●序文   密室への誘い/有栖川有栖
      密室の分類を分類する/有栖川有栖
●特別対談 杉江松恋×有栖川有栖 名刺代わりの密室談義――密室というファンタジーを解体する
      二階堂黎人×有栖川有栖 人はなぜ魅了されるのか――? 密室、その見果てぬ夢と謎に迫る
●ミステリのプロが選んだ本当にすごい密室
●海外ミステリの傑作を巡る!万国密室博覧会/森英俊
●特別書き下ろし漫画!「神の密室」/喜国雅彦
●建築現場で密室を想う/安井俊夫
●あなたの彼女を密室好きにする法/青井夏海
●密室トリック仰天映像大全集!/小山正
●密室漫画傑作選/廣澤吉泰
●21世紀型密室の発展型 ビデオゲームと密室ミステリ/巧舟
●『Locked Room Murder』とアーディ/戸川安宣
●架空座談会 神津恭介×星影龍三×森江春策、密室ミステリ進化論を語る/芦辺拓
●インタビュー 空間と時間がひとつになるとき マジシャンDr.Leonに有栖川有栖から質問状!
他、コラムや密室名作ギャラリーなど

 中身はこんな感じ。
 さすがにメイン企画の「ミステリのプロが選んだ本当にすごい密室」は悪くない。50人弱のミステリ作家や評論家からとったアンケートによって選ばれた作品を、ちゃんと密室の見取り図と共に紹介してくれている。
 また、その元になったアンケートの全回答を掲載しているのも、定番企画ながら◎、各人の密室観などがうかがえて楽しい。
 とにかく内容が盛りだくさんで、ぱらぱらやっているだけでも非常に楽しい一冊。このミス的なガイドブックばかりでなく、こういう企画本は早川や創元でもいろいろとチャレンジしてほしいものである。


テーマ:評論集 - ジャンル:本・雑誌


 先日買った本の中から、『密室入門!』をさくっと読む。ミステリ作家・有栖川有栖と建築家・安井俊夫の両氏による密室談義。ミステリに登場する「密室」という存在の意味を明らかにし、それは果たして現実に実現可能なのか、などという話を古今東西のミステリを絡めながらおしゃべりするという内容である。

 密室入門!

 前半は、有栖川有栖が先生役となる密室講義、後半は逆に、主客転倒して安井俊夫による建築講義となるところがミソか。密室の話のみで対談するという思い切った本なので、どうしても内容が単調になりがちなところなのだが、テーマをさらに絞ることで対談にうまくメリハリをつけている。
 内容も正直、予想していたよりは面白かった。こちらもミステリ歴は長いので、密室に関する話はおさらいみたいな感じで読んでいったのだが、後半の建築に関する蘊蓄はミステリに使えそうなネタも多く、有栖川有栖の食いつきもなかなか楽しい。
 例えばエレベーターに人が隠れるぐらいの隠し部屋があるなんて、知っている人、いました? ほかにも床暖房のある家は、その気になれば一瞬で家中のブレイカーを落とせるとか。

 豊富な図解、下段に設けた注釈もいい。これらは内容の補足として役にたつことももちろん大切なのだが、「密室の話さえ載ってりゃいいでしょ」にはしたくない、という制作者のスタンスが垣間見えて好感が持てる。本書のような趣味性100パーセントの本を作る際は、こういうサービス精神が非常に大事だ。ひと手間かけるのを惜しんで、適当に捨てカットでも入れておこう、では読者は離れるのだ。どこの本とは言わないけれど。

 とまあ以上のようなわけで、入門書とはいいながら、それなりに濃い人でも楽しめる一冊といっていいだろう。というか、作品名は明かさないまでもけっこう密室トリックは紹介されているので、むしろミステリ初心者は避けた方が無難かもしれない。一年ぐらいかけてそこそこの名作を読み終え、ひととおり本格ミステリのベースを作ってからの方がおすすめ。
 ひとつだけ注文を付けるとすれば、密室作品のおすすめガイドはもっと充実させた方がよかった。以上。


テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌


 ゴールデンウィーク(つっても今年は小型連休ですが)の谷間のせいか、通勤電車も今日は空いていて読書も快調。本日の読了本は『有栖川有栖の密室大図鑑』。古今東西の密室ミステリから四十作をとりあげ、磯田和一氏のイラストをつけて解説した密室大図鑑だ、ってそのままやん。

 アイデア勝負の本とはいえ、あの『書斎曼陀羅』でもおなじみの、味のあるスケッチを描く磯田氏と、有栖川有栖氏の組み合わせである。たとえ密室の紹介でなくともある程度楽しめるのは保証済み。しかも個人的に、密室が登場するミステリにはすべて見取り図があればいいと思うたちなので(頭の中で間取りがイメージできない人間なんです)、こういう企画はまさに大歓迎。うまくツボをついてくれた感じだ。
 ちなみに企画のもとになったのは、朝日文庫から出ている『名作文学に見る「家」』という本。日本と世界の名作から、その舞台となった家などを、具体的な間取りなどで紹介するという内容で、こっちもおすすめ。別にミステリとは関係ないのだが、それでも十分楽しめる。買う予定もないのに、新聞の不動産のチラシだけはついつい見てしまう、という人はぜひ(笑)。


テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 探偵小説三昧, All rights reserved.
ネット小説