ADMIN TITLE LIST
Selected category
All entries of this category were displayed below.

 喜国雅彦、国樹由香の『本格力 本棚探偵のミステリ・ブックガイド』を読む。ギャグ漫画家にしてフェチ漫画家、本格ミステリマニアにして古書マニア、そして本棚探偵でもある喜国雅彦氏が、雑誌『メフィスト』に連載した記事をまとめたものだ。

 本格力

 各回の構成は以下のとおり。これらがセットで一回分となる。

・読んで書いて覚える「エンピツでなぞる美しいミステリ」
・本棚探偵が街で見つけた謎「ミステリの風景」
・みすを名言・格言集「ほんかくだもの」
・名作をイラストで紹介「勝手に挿絵」
・本当にお薦めしたい古典ミステリを選ぶ「H-1グランプリ」
・喜国雅彦の本を楽しむ姿を描く「国樹由香の本棚探偵の日常」

 いろいろな企画が盛り込まれており、それはそれで本棚探偵らしいのだが、本書に関してはそれらは単なるにぎやかしレベルに過ぎない。本書の価値はあくまで“本当にお薦めしたい古典ミステリを選ぶ「H-1グランプリ」”にある。
 これは早い話が、海外の古典ミステリのガイドである。テーマを決めて複数冊を読み比べ、毎回、その中から優勝作品を選んでいくという趣向。例えば今回はクリスティの代表作、次回はクイーンのライツヴィルものといった具合である。

 ポイントは大きく二つある。
 ひとつはこれまで本格ミステリの名作・古典と呼ばれてきた作品のぶっちゃけた感想を書いていること。
 ミステリの各種ガイドブックは数あれど、古典に関しては概ねどの本を見ても、その評価は似たようなものである。長い年月にさらされてきたにもかかわらず生き残ってきた作品だから、ある程度は評価が固まってくるのも当然。ただ、同時に欠点だってもちろんあるわけで、喜国氏はそれを普通に書いてみせた。
 ミステリのマニアが集まればあーだこーだと話が盛り上がり、ついつい万人が認める名作をけなすこともあるものだが、喜国氏はそれをそのまま書いているといえばよいだろう。普通のミステリ評論家や書評家が思っていても諸般の事情でなかなか書けないことを、自由な立場でさらっと書いている印象である。

 もうひとつのポイントは、普通のミステリガイドではありえない語りの面白さ。
 こちらは本棚探偵シリーズの本領発揮というべきか、本職のテクニックやノウハウをふんだんに披露し、下ネタも交えつつ、巧みな話芸を披露する。喜国氏お得意のパターンが目白押しで、氏の漫画のファンなら間違いなく楽しめるだろう。
 どんなテーマであっても自分のスタイルを崩さないのはさすがである。

 とりあえずクラシックファン、本格ミステリファンには楽しい一冊であった。
 ただ、喜国氏の本格以外のミステリの嗜好がかなり狭いこと、本格以外でも本格の要素で評価することが多いため、その意見には半分程度しか同意できなかったのだけれど(笑)。


テーマ:評論集 - ジャンル:本・雑誌


 喜国雅彦の『本棚探偵最後の挨拶』を読む。おなじみ本棚探偵シリーズの第四弾、といっても小説ではなく漫画家の喜国雅彦氏が趣味のミステリや古書、本のあれこれについて語ったエッセイ集である。
 ただし、そんな趣味に明け暮れる日常を綴ったエッセイ集ではまったくなくて、ギャグ漫画家がネタやオチ、企画の類を積極的に盛り込む、いわゆる攻めのエッセイであるところが大きな特徴だ。したがって先に挙げたジャンルに興味があれば爆笑ものなのだが、興味がない人にはまったく面白さが理解できないに違いない。

 本棚探偵最後の挨拶

 相変わらず楽しく読めるけれど、四作目ともなるとさすがにネタ的には少々パワーダウン。『〜冒険』や『回想』に比べると物足りなく感じてしまうのは致し方ないところか。
 その中でもやはり傑作なのは日下三蔵氏宅再訪記であろう。目次では「ゴジラ対キングギドラ」とか『エイリアン対プレデター』といったタイトルがつけられているやつ。なんでこんな題名がついているかというと、喜国氏と同行したのがシャーロキアンの北原尚彦氏だから。古書収集家版二大怪獣の激突というイメージだったようだが、いざ蓋を開けてみると日下氏の蔵書のあまりの凄まじさに、さすがの北原氏も毒気を抜かれてしまった感じなのが笑えた。

 このシリーズは装丁や造本にも趣向を凝らしているのが特徴だが、こちらもやり尽くした感があるのか、本書では口絵に月報とややおとなしめ。
 同じ編集を生業としているせいか、他人事ながらいつも費用を心配してしまうのだが、まあ今回程度なら双葉社の担当編集者もおそらく胸をなで下ろしたのではなかろうか(笑)。

 なお、本シリーズはとりあえず本書で完結とのこと。本家には『〜事件簿』があるけれども、創元版で育った著者としてはあまり『〜事件簿』には執着がないらしく、『〜最後の挨拶』をもって〆としたいようだ。
 新潮版で育った管理人としては、『〜事件簿』どころか『〜叡智』まで期待していたんだけどなぁ(笑)。

テーマ:評論集 - ジャンル:本・雑誌


 先日、購入したばかりの喜国雅彦の『本棚探偵の生還』を読む。『本棚探偵の冒険』『本棚探偵の回想』に続く堂々のシリーズ第三巻である。
 念のため、野暮を承知で解説しておくと、本書は確かに漫画家・喜国雅彦の本ではあるが、これはいつものフェチ系漫画ではない。喜国氏はディープな探偵小説マニアにして古書マニアという一面もあり、これは『小説推理』に連載していたそっち方面のエッセイをまとめたものなのだ。探偵小説や古書にはまっている人なら爆笑物のエピソードやネタが詰まった、実に楽しい本なのである。

 本棚探偵の生還

 探偵小説関係のエッセイや古書関係のエッセイは特に珍しいわけでもないが、本書が何より素晴らしいのは、ギャグ漫画家ならではのサービス精神を活かした作りである。
 目に付くところでは、造本自体がバカらしくて素敵。意味もなく函入り二分冊にしてみたり、月報をつけてみたり、その月報が豆本に工作できたり。普通に作るのに比べると相当なコストがかかるわけで、だから定価にも反映してしまうし(なんと2800円だ)、当然、売れ行きにも響いてくる。じゃあ、なんでわざわざこういうことをするかというと、戦前の探偵小説が正にこういう造りであったからであり、探偵小説マニア&漫画家の性とでもいおうか、喜国氏としては、もう自分でそれをやりたくてしょうがないんだろうね(笑)。
 根底は自己満足。ただ、誤解無きようにいっておくが、これは単なる自己満足ではなく、クリエイターが徹底して読者サービスに努めた結果でもある。やはり人に楽しんでもらってなんぼ。この精神があるから本シリーズは面白い。

 内容も相変わらず楽しい。今回は英国の古書フェスタ探訪記や只見線読書の旅といった長編をはじめとして、通常連載分のいわば中編系、あとがきなどをまとめた短篇系と、ボリュームもバラエティに富んでいる。
 個人的にはいつもの企画ネタでカチッとまとめた中編系が好みか。なんというかお笑いに喩えると、オチや構成を計算しつくしたコントのイメージ。文章も読みやすいし何よりテンポもよく、さすがはギャグ漫画家である。

 あと、何より好感が持てるのは、著者ご本人のバランス感覚。これ、意外と大事である。
 エッセイ等で何が気になるといって、著者の常識の度合いである。ここが崩れると共感も出来ないし笑うことも出来ない。「何を偉そうに」とか「金持ちは違うな」となるのも困るし、逆に読者に迎合しすぎるのも嫌だ。喜国氏のエッセイで一番優れているなぁと感じるのは、いつもこのバランス感覚の点なのである。そのうえで、マニアの凄いところ恥ずかしいところを、何のてらいもなくネタにしてしまう。だから面白い。
 思えば、喜国氏より古書や探偵小説に詳しい人は山ほどいるのだが、その魅力をこうして伝えてくれる人はほぼ見当たらないのではないだろうか。実はTwitterである方とそういうやりとりが少しあって、「SFにもそういう人がいたら」と実に残念そうにつぶやいていたのが記憶に残っている。

 なんだか妙に真面目な感想になってしまったが、とりあえず探偵小説マニアや古書マニアで本シリーズを読んだことがないという人がいたら、騙されたと思って一度は読むことをオススメする。こういう楽しみもあったのかと目から鱗である。

テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌


 喜国雅彦の『本棚探偵の回想』読了。
 前作『本棚探偵の冒険』同様凝った作りで、今回は蔵書票が付録。いろいろやってくれます。
 この人の古書に対するスタンスというか接し方は、蒐集するという行為に変な言い訳やてらいがなくてよい。中身も相変わらず面白く、ネタ作りの上手さはさすがギャグ漫画家。以前に『甦る推理雑誌4「妖奇」傑作選』の感想でも似たようなことを書いたが、専門家でない人間が専門分野について語って金を稼ぐ場合は、喜国氏ぐらいの芸を見せてもらいたいものだ。

テーマ:書評 - ジャンル:本・雑誌



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 探偵小説三昧, All rights reserved.
ネット小説