fc2ブログ
探偵小説三昧

日々,探偵小説を読みまくり、その感想を書き散らかすブログ


Posted in "国内作家 南部樹未子"

Category: 国内作家 南部樹未子    07 12, 2008
南部樹未子『砕かれた女』(徳間文庫)
 思いのほか『乳色の墓標』が素晴らしい作品だったので、もう一冊南部樹未子を読んでみることにした。徳間文庫から1983年に出た『砕かれた女』である。なお、元版は東都書房で1962年に刊行されたものだ。  北陸のとある地方都市で、放送局に記者として勤める山村。そしてその妻、道子。二人の関係は互いの不倫のために崩壊寸前であった。その崩壊を唯一くい止めているのが、娘、由紀子の存在であった。 ところがある日、その由...

Category: 国内作家 南部樹未子    07 06, 2008
南部樹未子『乳色の墓標』(徳間文庫)
 前回の日記で読書リハビリ云々なんてことを書いたが、その甲斐もなく、相変わらず本調子とはいかない日々。仕事の状況はそうそう変わるとも思えないので、この状態で読書をする時間と体調を作らなければならないのだが、ううむ、これは難しい。サラリーマンには貴重な読書の場とも言える通勤電車でも、最近は疲れて寝てばかりだし。 土日で読み終えたのが、南部樹未子の『乳色の墓標』。初出はかの東都ミステリー、1961年の作品...

« »

03 2024
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

sugata

Author:sugata
ミステリならなんでも好物。特に翻訳ミステリと国内外問わずクラシック全般。
四半世紀勤めていた書籍・WEB等の制作会社を辞め、2021年よりフリーランスの編集者&ライターとしてぼちぼち活動中。

ツリーカテゴリー