ADMIN TITLE LIST
Selected category
All entries of this category were displayed below.

 ちくま文庫の文豪怪談傑作選から『室生犀星集 童子』を読む。
 室生犀星については今さら説明の要もないだろう。金沢の生んだ偉大な詩人であり、故郷の自然や生あるものへの慈しみに溢れた作品を数多く残したことで知られている。同時に彼はすぐれた小説家でもあり、詩作で培った感性をそのまま生かしたような、幻想的な作品もまた少なからず残している。本書はそんな室生犀星の幻想的作品や怪談をまとめた一冊。

 室生犀星集童子

「童話」    「童子」
「後の日の童子」「みずうみ」
「蛾」     「天狗」
「ゆめの話」  「不思議な国の話」
「不思議な魚」 「あじゃり」
「三階の家」  「香爐を盗む」
「幻影の都市」 「しゃりこうべ 」

 とまあ、上でわかったような能書きを並べてみたものの、実は室生犀星の小説を読むのはこれが初めてである(爆)。予備知識もほとんどなく読み始めたのだが、いや、これは凄いぞ。
 収録作品は大きく三つのテーマに分けられている。家族や子供をテーマにした怪異譚、民話を素材にした怪談的なもの、今で言う都市伝説を描いたような幻想的作品群である。
 そのどれもが満足できる出来なのだが、とりわけ家族や子供をテーマにした「童話」から「みずうみ」までの四作は尋常ではない。犀星自身、恵まれた出自ではなく、おまけに自らの子供を幼いときに亡くすという体験をもっている。どれもシンプルな構成で物語の筋などあってないような話ばかりなのだが、そういった悲痛な実体験が色濃く反映されているだけに、大きく読み手の精神を揺さぶってくるのだ。
 例えば「童話」などは兄妹や親子の会話だけで、ほぼ話が展開していく。だが、最初は他愛ないとも見えるこの会話の中から、冷たく暗い真実が徐々に炙り出されていく。その語り口が見事。
 いわゆる流れるような文章というのではない。どちらかというと木訥な、しかも一定のトーンで紡がれるような独特のリズムである。相手を驚かせるつもりはなく、ましてやそれほど驚くべき真相でもないのだが、振り子のように繰り返される会話から少しずつ見えてくる真相が、背筋に薄ら寒いものを走らせる。「童子」などはスーパーナチュラルな要素などまったくないのだけれど、やはり怖い。夫婦の感情は一見理解できそうで、実は非常に共感しにくく、早い話が彼らは壊れているとしか思えなくなってくる。まさに紙一重である。

 言ってしまえば、これら家族テーマの作品は、どれもが犀星の暗く澱んだ情念を読まされているといっても過言ではない。通常の怪談の怖さとは違うけれど、読後のダメージは相当なもので(ちなみにカバーの童子のイラストも、読後にあらためて見るとダメージ倍増は必至)、犀星のダークサイドを知るにはもってこいの作品集といえる。ただしデリケートな人は要注意。

テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 探偵小説三昧, All rights reserved.
ネット小説