fc2ブログ
探偵小説三昧

日々,探偵小説を読みまくり、その感想を書き散らかすブログ


Posted in "海外作家 バインハート, ラリー"

Category: 海外作家 バインハート, ラリー    07 13, 2009
ラリー・バインハート『図書館員(下)』(ハヤカワ文庫)
 ラリー・バインハートの『図書館員』、下巻も読了。 合衆国大統領選に絡む陰謀、そしてそれに巻き込まれた図書館員の活躍を描いた作品だが、バインハートのこれまでの作品同様、バランスの悪さが気になる作品であった。 上巻の読了時には、下巻でどこまで巻き返せるか、なんてことも書いたのだが、残念なことに低調なまま終了。  まあ、バランスの悪さ、というだけでもアレなので、いくつか例を挙げておくと。 ひとつは主人...

Category: 海外作家 バインハート, ラリー    07 11, 2009
ラリー・バインハート『図書館員(上)』(ハヤカワ文庫)
 ああ、『ドラクエIX』買っちまったよ、読書の最大の敵だっちゅうのに……。  それでも頑張って(笑)、ラリー・バインハートの『図書館員』上巻を読む。 著者のラリー・バインハートには、過去に『ただでは乗れない』『見返りは大きい』『最後に笑うのは誰だ』という邦訳があるが、これらはすべてトニー・カッセーラという私立探偵を主人公にしたハードボイルドのシリーズである。一応すべて読んでいるが、正直、どれも傑作とい...

« »

05 2024
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

sugata

Author:sugata
ミステリならなんでも好物。特に翻訳ミステリと国内外問わずクラシック全般。
四半世紀勤めていた書籍・WEB等の制作会社を辞め、2021年よりフリーランスの編集者&ライターとしてぼちぼち活動中。

ツリーカテゴリー