fc2ブログ
探偵小説三昧

日々,探偵小説を読みまくり、その感想を書き散らかすブログ


Posted in "海外作家 コッパード, アルフレッド・エドガー"

Category: 海外作家 コッパード, アルフレッド・エドガー    03 29, 2015
A・E・コッパード『郵便局と蛇』(ちくま文庫)
 アルフレッド・エドガー・コッパードの短編集『郵便局と蛇』を読む。コッパードを読むのは光文社の古典新訳文庫で出た『天来の美酒/消えちゃった』以来だが、相変わらず満足度の高い読書を満喫できた。 まずは収録作。国書刊行会版の文庫化だが、ちくま文庫版には「アラベスク 鼠」がボーナス収録されている。Silver Circus「銀色のサーカス」The Post Office and the Serpent「郵便局と蛇」Simple Simon「うすのろサイモン」Th...

Category: 海外作家 コッパード, アルフレッド・エドガー    03 14, 2010
コッパード『天来の美酒/消えちゃった』(光文社古典新訳文庫)
 小説好きの裏をかくようなラインナップ。そんなイメージが定着した光文社の古典新訳文庫から、アルフレッド・エドガー・コッパードの『天来の美酒/消えちゃった』を読む。これもよく出せたな、という一冊である。 そもそもコッパードと言えば、ジャンル的には一応、幻想小説や恐怖小説の範疇。既刊本としては国書刊行会の『郵便局と蛇』があるのみで、その他で読めるものは創元推理文庫の『恐怖の愉しみ』をはじめとしたアンソ...

« »

04 2024
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

sugata

Author:sugata
ミステリならなんでも好物。特に翻訳ミステリと国内外問わずクラシック全般。
四半世紀勤めていた書籍・WEB等の制作会社を辞め、2021年よりフリーランスの編集者&ライターとしてぼちぼち活動中。

ツリーカテゴリー