ADMIN TITLE LIST
Selected category
All entries of this category were displayed below.

 帰宅してTwitterを覗いてみると、よくわからんがエアミス研なるものが発足している。どうやらTwitter上でのミステリ研究会ということらしいが、命名がなかなか見事だ。最初はエアロスミス研究会かと思ってしまったが(笑)。
 で、学生時代にはミス研なるものに所属していなかったこともあって、ついつい楽しそうで年がいもなく入会してしまう。他の人のプロフィールを見てると、本当に若い人ばかりなので気が引けるが、まあ遊んでやってください(苦笑)。

 アデスタを吹く冷たい風

 トマス・フラナガンの短編集『アデスタを吹く冷たい風』を読む。ミステリマガジンの復刊希望アンケート45周年と50周年の両方で一位に選ばれた堂々の傑作で、二回も復刊したというのに、世間ではどうやらずっと品切れ状態が続いていたらしい。どんだけ重版部数少ないんだ(苦笑)。
 ま、そういう状況を差し引いても、本書は見たらとりあえず買っておくべき。それぐらい良質の短編集である。まずは収録作から。

The Cold Winds of Adesta「アデスタを吹く冷たい風」
The Lion's Mane「獅子のたてがみ」
The Point of Honor「良心の問題」
The Customs of the Country「国のしきたり」
Suppose You Were on the Jury「もし君が陪審員なら」
This Will Do Nicely「うまくいったようだわね」
The Fine Italian Hand「玉を懐いて罪あり」

 上の四作、「アデスタを吹く冷たい風」から「国のしきたり」までがシリーズ探偵のテナント少佐もの。「もし君が陪審員なら」より下の三作はノンシリーズで、特に「玉を懐いて罪あり」は「北イタリア物語」というタイトルでも知られている傑作。
 ただ、ノンシリーズも悪くないのだが、本書の神髄はテナント少佐ものにあるといってよい。一口ではその魅力というか作風を説明しにくいのだが、逆説的であり諧謔的であり哲学的でもあり、という感じ。一応は謎解きがメインだが、チェスタトンの作品も連想させるといえばわかりやすいか。
 (おそらくは)ファシズム政権下で警察官としての職務にあたるテナント少佐が、犯罪に直面したとき、不条理な世界でなお大義を貫こうとする。その方法論が非常に面白い。
 犯罪をただ解決するのではない。彼には国を憂う心があり、その中でベストの落としどころを求め、手を打ってゆく。読者は事件の真相だけではなく、テナントの行動の理由にも引き込まれてゆくのである。
 どこか憂国の士を連想させる、テナント少佐というキャラクターも相まって、本書のインパクトは想像以上。これはぜひ読んでおきたい一冊である。

テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 探偵小説三昧, All rights reserved.
ネット小説