ADMIN TITLE LIST
Selected category
All entries of this category were displayed below.

 ポケミスの装丁を担当した勝呂忠氏が亡くなったことはまだ記憶に新しいが、それを契機として、ポケミスはこの八月刊行分から装丁のリニューアルを図った。その一発目が、デイヴィッド・ベニオフ『卵をめぐる祖父の戦争』である。

 卵をめぐる祖父の戦争

 新たに装丁を担当されるのは水戸部功氏。今までの抽象画とは異なり、本書ではタイトルに合わせて卵をモチーフにしたデザインだ。これまでのポケミスも嫌いじゃないが、個人的には正直、こういうほうが好み(笑)。ただ、今後は特に方向性を決めず、写真を使ったり具象画だったり、作品に合わせていろいろとやっていくそうな。
 ちょっと気になったのは、表紙からではこれがポケミスというのが伝わりにくいのではないかということ。せめてひとつ目印になる部分があればいいのだけれど、これではポケミスを知らない人だと、書店で見逃しやすいかもしれない。実は帯をとれば、今までどおりの「HAYAKAWA POCKET MYSTERY BOOK」という白ヌキ文字が踊っているのだけれど、普通は帯があるから、見えないんだよなぁ。

 ま、それはともかく。中身の方にまいりましょう。
 舞台は第二次世界大戦中のレニングラード。ドイツ軍のレニングラード侵攻が始まり、市内には戒厳令が敷かれていた。疎開する者も多く、市民は最低限の配給に頼る生活が続く。
 詩人の父をもっていたレフはそのとき十七歳。たまたま発見したドイツ兵の死体から、所持品を盗んだところを兵隊に捕まってしまう。そして命と引き替えに命じられたのは、なんと卵の調達。軍の大佐の娘の結婚式に使うケーキに必要なのだという。饒舌な脱走兵コーリャを相棒に、二人は卵を求めて最前線へ踏み出してゆく……。

 おお、久々にいい冒険小説を読んだ。語り口はけっこうユーモラスで、そもそも卵を手に入れるという設定が人をくっている。主人公の内気な青年、そして饒舌でセックスに目がない脱走兵という組み合わせも非常に魅力的で、彼らの道中でのやりとり自体が本筋以上に面白くて、いくらでも本作を深読みできるという結構である。
 とはいえ、そこは戦争がベースの冒険小説。内容自体は基本的に重く、凄惨な場面も多い。だからこそ、その悲劇を通して青年は成長し、読後に素晴らしい余韻を残す。
 純粋なミステリではないけれど、これは幅広くオススメできる一冊。


テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 探偵小説三昧, All rights reserved.
ネット小説