fc2ブログ
探偵小説三昧

日々,探偵小説を読みまくり、その感想を書き散らかすブログ


Posted in "海外作家 ベニオフ, デイヴィッド"

Category: 海外作家 ベニオフ, デイヴィッド    08 29, 2010
デイヴィッド・ベニオフ『卵をめぐる祖父の戦争』(ハヤカワミステリ)
 ポケミスの装丁を担当した勝呂忠氏が亡くなったことはまだ記憶に新しいが、それを契機として、ポケミスはこの八月刊行分から装丁のリニューアルを図った。その一発目が、デイヴィッド・ベニオフ『卵をめぐる祖父の戦争』である。  新たに装丁を担当されるのは水戸部功氏。今までの抽象画とは異なり、本書ではタイトルに合わせて卵をモチーフにしたデザインだ。これまでのポケミスも嫌いじゃないが、個人的には正直、こういうほ...

« »

04 2024
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

sugata

Author:sugata
ミステリならなんでも好物。特に翻訳ミステリと国内外問わずクラシック全般。
四半世紀勤めていた書籍・WEB等の制作会社を辞め、2021年よりフリーランスの編集者&ライターとしてぼちぼち活動中。

ツリーカテゴリー