ADMIN TITLE LIST
Selected category
All entries of this category were displayed below.

 山村正夫/編の『釣りミステリーベスト集成』を読む。
 自慢ではないが、釣りは小学生のとき以来ン十年やったことがない。要は釣りそのものに対してまったく興味がないわけだが、本書はそういった人間にも楽しめる内容である。
 まあ釣りに限らず、何らかの結果が目に見える行為というのは、他者と比較や競争ができるということであり、その内容にかかわらず遊びとして成立しやすい。ましてやアウトドアに絡む行為は、自然との闘い、自分との闘いという側面も強く、求道的な部分や精神性も高い。星の数ほどある娯楽のなかでも、とりわけ多様な楽しみが見いだせるのが「釣り」というわけで、比較的小説のテーマとしても取りあげられやすい所以であろう。
 能書きはさておき。収録作は以下のとおり。

西村京太郎「幻の魚」
皆川博子「海の耀き」
森村誠一「溯死水系」
幾瀬勝彬「幻の魚殺人事件」
西村寿行「海の修羅王」
島田一男「海猫は語らない」
西尾正「海蛇」
山村正夫「指」
西東登「名人死す」
香山滋「怪魚シーラカンス」
久生十蘭「鎌いたち」

 正直なところ、ミステリーとしてはやや弱いけれども、娯楽小説としては十分に楽しめる水準である。確かにミステリー、特に謎解きという観点から見るといまひとつなのだが、そもそも本格自体があまり採られていないわけで、逆にいうとなかなかバラエティに富んだアンソロジーということができる。
 特に気に入ったものとしては、まず皆川博子の「海の耀き」。悪女ものといっていいのか、三角関係の男女が船上で繰り広げるマリン・フィッシングと愛憎のドラマが秀逸である。
 二十キロはあろうかという巨大な石鯛と人間の闘いを描く「海の修羅王」は、さすが寿行先生ならではの迫力。同じ闘いでも幻想的な味つけの西尾正「海蛇」もまたよし。
 そして本書中でも数少ないトリッキーな作品としては、意外にも島田一男の「海猫は語らない」がピカイチ。登場人物たちの個性を際だたせて、見事なオチをつけてくれる。
 香山滋の「怪魚シーラカンス」はさすがにこの中では異色中の異色作。こればかりは釣りミステリーといっていいものかどうか判断に迷うところ。でも久々に読んだ香山滋の短編は実に楽しい。シーラカンス・ネタでロマンスを書き上げるなんざ、なかなか他の作家にはできない芸当である。


テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌


 海をテーマにしたアンソロジー『海洋推理ベスト集成 血ぬられた海域』を読む。
 日本は国土の四方を海に囲まれながら、なぜか海洋文学がそれほど盛んではない。ミステリにおいてもその状況は変わらず、本書のような海洋ミステリのアンソロジーはほとんど出ていないはず。わずかに井上雅彦氏の編纂する「異形コレクション」に幽霊船ものがあった記憶があるが、あれはホラーだしなぁ。まあ、海洋文学が盛んなイギリスでも、メインとなるのは冒険小説だし。
 本書の収録作は以下のとおり。

陳舜臣「港がらす」
戸川昌子「うたかたの航跡」
山田風太郎「戦艦陸奥」
西村京太郎「オートレック号の秘密」
蒼井雄「黒潮殺人事件」
高橋泰邦「天国は近きにあり」
香住春吾「カロリン海盆」
赤松光夫「H工作船」
梶山季之「海の殺戮」
鮎川哲也「貨客船殺人事件」

 メジャーとマイナーがほどよく混じるラインナップ(蒼井雄や香住春吾といったところを入れているのがなかなか)。内容も本格ありサスペンスありハードボイルド系ありと、バラエティに富んでいる。
 個人的には、「船」という閉ざされた空間での殺人を扱った作品が好み(いわば「嵐の山荘」の変形バージョン)。本書でも高橋泰邦の「天国は近きにあり」、香住春吾の「カロリン海盆」、鮎川哲也の「貨客船殺人事件」などがそれに該当する。
 なかでも「天国は近きにあり」は我が国の海洋ミステリの第一人者、高橋泰邦の手になるだけに、さすがにものが違う。時は第二次大戦中、舞台は敵魚雷をくらって沈没が迫っている徴用船。船がいつまで保つのか、脱出用の筏に誰が乗るのかというサスペンスに加え、極限状態で起こった殺人事件の犯人捜しまで加えるという贅沢さだ。しかも作者はただのエンターテインメントに満足することなく、高らかにヒューマニズムも謳いあげており、マイ・フェイバリット。
 ややミステリから外れた作品もあるのだが、その他の作品も総じてレベルが高く、海洋ミステリとかそういうことを気にせず、とりあえず読んでおいて損はないアンソロジーだ。
 残念ながら古本でしか入手できないものの、比較的入手は容易。こまめに探せば百円で見かけることもあるので参考までに。


テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 探偵小説三昧, All rights reserved.
ネット小説