ADMIN TITLE LIST
Selected category
All entries of this category were displayed below.

 渡辺剣次/編『続・13の密室』を読む。「続」とあるからには当然前作があるわけで、そちらを読んだときには「作品の出来、歴史的な価値、作家の顔ぶれなどを考慮すると、これを越える密室アンソロジーを作るのは至難の業かもしれない」なんて感想を書いたが、ううむ、本書も相当に充実したアンソロジーだ。優れた密室もののアンソロジーなんてそうそう組めないと思っていたが、本書のラインナップをみるとまだまだ歴史的傑作が残っていたことを思い出す。うう、たんにこっちの記憶力が悪いだけか。
 こうしたアンソロジーはどうしても既読率が高くなるのが欠点だが、とりあえず一度は読んでおきたい作品ばかりなので、未読が半分もあるようなら古書店で探す価値はある。
 マイ・フェイバリットは「何者」「坑鬼」「妖婦の宿」「みかん山」あたりか。でも裏ベストは「妖女の足音」だったりして(笑)。

江戸川乱歩「何者」
大阪圭吉「坑鬼」
杉山平一「赤いネクタイ」
双葉十三郎「密室の魔術師」
渡辺啓助「密室のヴィナス」
山村正夫「二重密室の謎」
高木彬光「妖婦の宿」
土屋隆夫「「罪ふかき死」の構図」
楠田匡介「妖女の足音」
多岐川恭「みかん山」
天城一「明日のための犯罪」
斎藤栄「水色の密室」
佐野洋「大密室」

テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌


 仕事で滅多にお目にかかれないようなトラブル勃発。何とか事後処理がうまくいき大事には至らず。原因はうちではなかったが、責任上、お客さんの会社を回って陳謝。つまらない一日である。

 読了本は『13の暗号』。渡辺剣次の編集による「暗号」をテーマにしたアンソロジーで、このシリーズは他にも『13の密室』や『13の凶器』などがある。刊行は1975年なので古くもなく新しくもなく、といったところだが、クラシックのレアどころを中心としたラインナップは当時も今も実に魅力的である。
 ただ、「暗号」というテーマはさすがに一流作家においてもなかなかハードルが高そうで、時代の古いものは暗号自体がいまいち。逆に凝りすぎた暗号は解かれたときの感動に乏しく、ミステリーにおける上質の暗号を作ることの難しさを感じる。そういう意味では乱歩の「二銭銅貨」は(いくつか疵があるにせよ)、当時としては画期的な作品だったといえるだろう。
 気に入った作品は佐野洋「三億円犯人の挑戦」、幾瀬勝彬「紙魚の罠」、鮎川哲也「砂の時計」あたり。下手をすると暗号興味だけで無味乾燥になりがちなところに、プラスアルファの要素を巧みにミックスさせたあたりを評価したい。特に幾瀬勝彬はほとんど読んだことのない作家だが、「紙魚の罠」は余韻が素晴らしい。
 なお、本書は暗号テーマのアンソロジーだが、ダイイング・メッセージものがいくつか入っているのはいただけない。作品の出来とは関係ないが、やはりダイイング・メッセージと暗号はまったく別物でしょう。

江戸川乱歩「二銭銅貨」
甲賀三郎「アラディンのランプ」
水谷準「司馬家崩壊」
海野十三「獏鸚」
大阪圭吉「闖入者」
木々高太郎「虫文字」
岩田賛「風車」
九鬼紫郎「暗号海を渡る」
仁木悦子「粘土の犬」
火野葦平「詫び証文」
佐野洋「三億円犯人の挑戦」
幾瀬勝彬「紙魚の罠」
鮎川哲也「砂の時計」

テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌


 DVDで『SWING GIRL』を観る。かなり話題になったので、説明もそれほど要らないだろうが、要は女子高生がジャズのビッグ・バンドに挑戦するというお話し。それなりに面白いし、感動的だが、ちょっと急ぎすぎな感じ。ベタな演出ももう少し減らしてくれた方がはるかに入り込めるのになぁ。

 本日の読了本は渡辺剣次/編『13の凶器』。変わった凶器を使った犯罪を集めたテーマ別のアンソロジーだ。戦前から戦後にかけて平均的に作品を採っているが、そのいずれもがいわゆる本格探偵小説の香りに満ちた作品ばかり。

江戸川乱歩「夢遊病者の死」
堀辰雄「ネクタイ難」
大阪圭吉「デパートの絞刑史」
海野十三「点眼器殺人事件」
大下宇陀児「鉄管」
木々高太郎「債権」
妹尾アキ夫「密室殺人」
大坪砂男「涅槃雪」
氷川瓏「窓」
狩久「氷山」
松本清張「凶器」
陳舜臣「九雷渓」
都筑道夫「剣のつか(木覇)」

 作品の質は高いレベルで揃っており、なかには「点眼器殺人事件」のような曲者を混ぜていたり、妹尾アキ夫や氷川瓏、狩久といったレアどころも収録している。とりわけ珍しいのはやはり堀辰雄の「ネクタイ難」か。堀辰雄はもちろん『風立ちぬ』等で有名な純文学作家でありこれが唯一のミステリ作品らしい。まあ、堀辰雄がミステリを書いていたことだけでも驚くのだが、さらにビックリしたのは、これがなんとニック・カーターものだという事実。出来はそれほど感心できるものではなかったが、やはり話の種には読んでおきたい。
 読み終えて感じたのは、編者がただのテーマ別アンソロジーを組んだわけではないということ。テーマ別というとどうしても入門者向きのようなイメージがあるが、上で書いたように、本書のラインナップはマニアをも唸らせるだけのものがあるのだ。
 ちなみにこのシリーズ、ほかにも『13の密室』や『13の暗号』などがあり、どれも渡辺剣次の編集だけに粒揃いの作品ばかり。古書店で1000円以下で見かけたら、即購入することをお勧めする。

テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌


 昨日は眠いにもかかわらず、芝居見物のあとに吉祥寺で酒まで呑んでしまい、帰る頃には眠くて眠くてどうしようもなくなる。で、今朝目を覚ますともう午後一時という始末である。子供じゃないんだから寝過ぎだよ。
 特に予定もないので、軽い昼食のあと愛犬を連れて散歩に出かけ、帰りに今さらながらの『アンブレイカブル』をレンタルしてくる。気持ち的には先々週に観た『シックスセンス』つながり。いやいや、それにしてもスタッフ側が『シックスセンス』の成功に気を良くしたのがよくわかる作りだ。テイストやら世界観やら構成がそっくりで、他の人間が作ったら二番煎じの一言で一蹴されそうなぐらい。まあ、本人たちが作っているから、柳の下の方なんでしょうが。でも面白いからOK。これも賛否両論あったそうだが、私的には全然許容範囲である。
 さて本日の読了本は渡辺剣次の編集による『13の密室』。戦前から戦後にかけて発表された国内密室物の短編をタイトルどおり13作集めたアンソロジーだ。収録作は以下のとおり。

江戸川乱歩「火縄銃」
甲賀三郎「蜘蛛」
小栗虫太郎「完全犯罪」
大阪圭吉「石塀幽霊」
飛鳥高「犯罪の場」
天城一「不思議の国の犯罪」
高木彬光「影なき女」
大坪砂男「立春大吉」
鮎川哲也「赤い密室」
加田伶太郎「完全犯罪」
佐野洋「 密室の裏切り」
陳舜臣「梨の花」
中井英夫「聖父子」

 作品の出来、歴史的な価値、作家の顔ぶれなどを考慮すると、これを越える密室アンソロジーを作るのは至難の業かもしれない。あまりにも豪華すぎるラインナップと質の高さは、読み応え満点。先日読んだ同種のアンソロジー『これが密室だ!』も悪くはないが、完成度、そして何より探偵小説の香りが色濃く漂う点で、こちらに軍配をあげたい。まあ、要は好みの問題だけなんだけど。
 とりあえず一度は読んでおきたい作品ばかりだが、強いて好きなものを挙げれば「不思議の国の犯罪」「影なき女」「赤い密室」あたりか。
 ちなみに本書はとっくの昔に絶版だが、古本屋で五百円以下で見つけられたら即購入すべき価値はある。といっても収録作はメジャー級ばかりなので、コストパフォーマンスは悪いかも。私も2/3が既読だったが、世の中には、このアンソロジーで読む前に、全部余所で読んでしまった人も少なくないのでは?

テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌


 ここ1年ぐらいの習慣として、寝る前に読むのは短編集、しかもアンソロジーが中心となっている。以前はアンソロジーなんて中途半端で嫌だったのだが、戦前の国内作家を好んで読むようになってからは、自然と読むようになってしまった。要はごく一部の作家以外、戦前の作家なんてアンソロジーでないと読むことができないからなんだけど。たまには高いお金を出して、古書を買うときもあるが、基本的には安いにこしたことはないから、いきおい戦前作家のアンソロジーに手を出してしまうわけ。
 まあ、最近は復刻・復刊ブームのおかげで以前なら最低でも数千円は出さないといけなかった作品まで、文庫で出たりするから、ほんとにありがたいことである。

 さて、本日の読了本は日本推理作家協会/編『ショート・ミステリー傑作選』(講談社)。前振りでもお察しのとおり、ここ数日間でまったりと就寝前に読んできたものだ。短編の中でもとりわけ短い作品ばかりを編んだアンソロジーで、メンバーがなんとも豪華、というか勢ぞろいですな、これは。
 飛鳥高、鮎川哲也、生島治郎、石川喬司、石沢英太郎、井上ひさし、大谷羊太郎、大貫進、大藪春彦、海渡英祐、笠原卓、片岡義男、加納一郎、川上宗薫、菊村到、樹下太郎、小泉喜美子、河野典生、小鷹信光、小林久三、小松左京、斎藤哲夫、笹沢左保、佐野洋、柴野拓美、島田一男、城昌幸、多岐川恭、滝原満、陳舜臣、筒井康隆、都筑道夫、土屋隆夫、戸板康二、戸川昌子、豊田有恒、中薗英助、夏樹静子、西川清之、半村良、藤村正太、星新一、松尾糸子、眉村卓、宮崎惇、三好徹、武蔵野次郎、森村誠一、山田風太郎、山村正夫、山村美紗、結城昌治、横溝正史、渡辺啓助、和巻耿介。

 つ、つかれた。とりあえず以上が全著者名。
 とりあえず短いという共通項だけで編まれているので、作風もメジャーマイナーも一切関係なし。今までまったく読んだことのない作家も五、六名いるし、名前すら知らない作家もいる。
 まあ、こんな作品集に感想を書くのもヤボ。どれも気軽に読めて適当に面白いものばかり。「なんだかなぁ」というのもけっこうあったりするけど、まあそれはそれでありでしょう。基本的にはおすすめの一冊。古本屋で見かけたら、買っておいて損はないです。

テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 探偵小説三昧, All rights reserved.
ネット小説