ADMIN TITLE LIST
Selected category
All entries of this category were displayed below.

 昨日はつい飲み過ぎて本日は久々に二日酔い。それでも早めに起きて仕事に出るという嫁さんを車で駅まで送り、午前中は洗濯やら愛犬の散歩などなど。
 午後からは西荻窪へ出かけ、盛林堂さんで予約しておいた三橋一夫の『コショウちゃんとの冒険』と『魔の淵』を購入。『コショウちゃんとの冒険』は盛林堂さんが私家版で発行しているものではあるが、それにしても三橋一夫の新刊が同時に二冊出るとは。いや、すごいこともあるもんだ。『コショウちゃんとの冒険』は500ページ越えの大ボリューム、一方の『魔の淵』はミステリ珍本全集の一冊で安心の日下印だし、どちらも読むのが実に楽しみ。
 ちなみに盛林堂さんで二冊いっしょに買った人には森英俊氏による小冊子「三橋一夫ジュニア小説読本」がついてくる。販促活動としては正しい姿だし、嬉しいおまけではあるのだが、このボリュームなら『コショウちゃんとの冒険』に組み込んでくれてもよかったかな。気がつかずに『魔の淵』だけ別で買ってしまった人はどうしてもいるだろうしなぁ。


 本日の読了本はまたまた先日の『近代日本奇想小説史 入門篇』つながりで、大御所、押川春浪の『險奇探偵小説 ホシナ大探偵 押川春浪ホームズ翻案コレクション』。
 ちなみに本書も今日お邪魔したばかりの盛林堂さんの発行。いや、ほんと頑張ってますな。

 険奇探偵小説ホシナ大探偵

 さて押川春浪は日本SF小説の祖と称せられるが、その作品が武侠小説と呼ばれることもあるとおり、ストーリー展開や主人公の性格設定などはむしろ冒険小説のイメージが強い。その押川春浪があらびっくりホームズものの翻案小説を書いていましたというのが本書である。
 収録作は以下の二篇。

「險奇探偵小説 ホシナ大探偵」
「武侠探偵小説 大那翁(ナポレオン)の金冠」

 ベースになった作品は解説で触れられているが、「~ホシナ大探偵」の方は登場人物の設定やストーリーに至るまで、けっこう原作寄りで書かれている。
 保科(ホームズ)が渡邊(ワトスン)の長靴からその日の行動を推理するなどいかにものシーンがあったり、翻案とはいえ押川春浪にこういう作品があったのかとそれだけでも楽しい。何より普通に面白く読めるというのがあっぱれ。まあ、それはコナン・ドイルの力も大きいんだけど(苦笑)。

 片や「~大那翁の金冠」は二作分をミックスさせた上、登場人物の設定もかなり変更されていて、エピソードだけを借用したという感じだろうか。なんせ探偵役とワトスン役がフランスに渡ってパリ警視庁に探偵として雇われた日本人という設定なので、読んでいてもホームズ色はほとんど感じられない。
 その分、逆に「~ホシナ大探偵」よりは著者らしさが存分に出ていて、最後にはSFになってしまうのが大らかというか何というか(笑)。

 ま、予想以上に楽しめて満足の一冊でありました。

テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌


 ちくま文庫の『押川春浪集 明治探偵冒険小説集3』を読む。タイトルどおり明治の探偵小説や冒険小説をテーマにしたシリーズの一冊で、押川春浪の作品をまとめたもの。ちなみに、1巻は『黒岩涙香集』、2巻が『快楽亭ブラック集』、4巻に『傑作短篇集 露伴から谷崎まで』がある。
 
 さて、押川春浪である。東宝の特撮映画『海底軍艦』の原作者が押川春浪だったことを知ったのも割と最近のことなので、まあ、あまり偉そうなことは言えないが、それでも彼が日本冒険小説の祖、あるいは日本SF小説の祖ともいうべき存在であることはもちろん知っていた。
 明治末期に活躍し、これらのジャンルを確立させるとともに一大ブームを起こした偉大な功労者、押川春浪。だが、性格に豪放磊落すぎるところが多々あり、非常につきあいにくいタイプであったようだ。創作だけでなく雑誌の創刊などにも奮闘したが、やがて酒に溺れ、体力低下から肺炎をこじらせ、三十七歳という若さでこの世を去っているのが如何にも明治の文豪っぽい。
 作風的には、冒険小説とSF小説の要素を合わせたような娯楽もの=武侠小説と呼ばれる作品群で人気を博した。

 とまあ、日本探偵小説史において、その重要度がトップクラスであることは間違いない。探偵小説のブログを標榜しているからには一度は読むべき作家なのだが、ここにきてようやく手に取った次第。
 収録作は以下の三作。「銀山王」は短めの長篇、他は中編といったボリュームである。

「銀山王」
 舞台は港町アデン。町一番の資産家の娘によって恋人を奪われ、希望も財も失った令嬢がある大金持ちの老人の助力を得て、復讐を果たす。

「世界武者修行」
 御曹司にして無銭無家の蛮勇快男児、団金東次(だん・きんとうじ)。如意棒片手に世界へ船出し、勧善懲悪を断行するという物語。

「魔島の奇跡」
 荷担ぎの蘭平が航海王船乗伯爵の目に留まり、酒宴に招かれて伯爵の冒険譚を聞くというお話。春浪には珍しい「船乗りシンドバッド」の翻案。

 押川春浪集 明治探偵冒険小説集3

 うう、正直これは厳しい。残念ながらそこまで面白くは読めなかった。
 それでも割合に楽しめたのは「銀山王」。あとの二つは主人公に頼るところが大きいというか、物語自体に思ったほど力がない。間延びした感が強く、とにかく興味が持続しないのである。物語が浅いこともあるだろうが、一番の原因は語り口だろう。テンポが悪いわけではないのだが、どうにもリズムが合わず、読んでいていちいち躓く。こちらの素養もあるんだろうけれど……ううむ。
 一方、「銀山王」が比較的楽しめたのは、多少なりとも探偵小説的要素が含まれている点が大きいだろう。恋人も財産も一切を失ったヒロインが、どうやって富豪の一族に復讐を遂げるのか。コンゲームといえば褒めすぎだが、ちゃんと計略を用いるのがミソである。
 ただ、令嬢が没落する前半があまりにくどい。その分、後半の反撃パートでのカタルシスに活きればいいのだが、もったいないことに著者自らさっさと計略のネタバレをするのがいやはや何とも。せっかくのサプライズも台無しである(まあ簡単に予想はつくけれど)。

 ということで、いま純粋な娯楽小説として楽しむには、さすがに難しいものがあるのは否めない。とはいえ作品自体はまだまだあるわけなので、その辺り詳しい方、「これを読まないでどうする」というのがあればぜひ御教授いただきたいところである。

テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 探偵小説三昧, All rights reserved.
ネット小説