ADMIN TITLE LIST
Selected category
All entries of this category were displayed below.

 論創ミステリ叢書から『山下利三郎探偵小説選II』を読む。
 昨年に読んだ第一巻のほう、『山下利三郎探偵小説選I』では主に前期の作品が採られていた。つまり乱歩が情操派と呼んだ作品の数々だが、以前の記事でも書いたとおり、正直、面白みは薄かった。時代を考えると探偵小説としてのスタイルはまずまず整っているのだが、当時の探偵小説にありがちなぶっとんだ部分が弱く、作品としての魅力には欠けていたように思う。
 一方、第二巻となる本書では、山下利三郎が巻き返しを図るべく「山下平八郎」と改名した後の作品が中心。探偵小説作家として十年あまりのキャリアを積んでいるからある程度も知名度はあったはず。そこを敢えて改名に踏み切った利三郎の覚悟やいかに? 果たしてその作風などに変化はあったのか? その辺りが本書の読みどころのひとつであろう。

 収録作は以下のとおり。利三郎名義の作品で前巻から漏れたものも入っているけれど、基本的には『山下平八郎探偵小説選』といってよい。
 ちなみに下ではあまりの多さにタイトルを省いたけれど、本書では随筆も相当数、収録されている。結果、『山下利三郎探偵小説選I』と合わせればほぼ全集といってよい構成で、いつものことながら見事な仕事ぶりに拍手。

「横顔はたしか彼奴」
「歳末とりとめな記」
「運ちやん行状記」
「見えぬ紙片」
「野呂家の秘密」
「深夜の悲報」
「小奈祇の亡魂」
「越中どの三番勝負」

 山下利三郎探偵小説選II

 肝心の中身だが、がらっというほどではないけれど、やはり第一巻とはだいぶ異なる。
 大雑把にいうと長い作品が多くなり、内容も凝ったものが増えた印象だ。まあ、これだけでは大した違いがないように思えるかもしれないが、もともと著者はアクは少ないけれど丁寧には書く作家である。単純にボリュームが増えるだけで、その持ち味がけっこう生きるようになったのではないだろうか。少なくとも第一巻のような失望感はそれほど感じなかった。
 特に「横顔はたしか彼奴」「見えぬ紙片」「野呂家の秘密」あたりは悪くない。もちろん謎解きなどに成果を期待してはいけないが、「横顔はたしか彼奴」の真っ当さは評価したいし、「見えぬ紙片」などは伝奇小説的な要素も含めて個人的には好み。

 とはいえ諸手を挙げてオススメする気は毛頭ないので念のため(苦笑)。あくまで探偵小説黎明期の息吹を感じたい人だけが読めば十分だろう。


テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌


 寝る前にぼちぼち読んできた論創ミステリ叢書の『山下利三郎探偵小説選I』をようやく読了する。
 山下利三郎は戦前の探偵作家。アンソロジーで短篇をいくつか読んだことはあるはずだが、ほとんど印象に残っておらず、まとまった形で読むのはもちろん初めてである。まずは収録作。

「誘拐者」
「詩人の愛」
「頭の悪い男」
「君子の眼」
「小野さん」
「夜の呪」
「ある哲学者の死」
「裏口から」
「温古想題」
「第一義」
「藻くづ」
「模人」
「正体」
「規則違反」
「流転」
「素晴しや亮吉」
「愚者の罪」
「仔猫と余六」
「虎狼の街」
「亮吉何をする!」
「朱色の祭壇」
「「地球滅亡前」」

 山下利三郎探偵小説選I

 むむう、これは微妙だ(苦笑)。
 作風は思った以上に幅広く、本格ものからサスペンス、ユーモア、果てはSF風までものにする。だが何というか、ひとつひとつの作品にこれといった個性がなく、要は退屈な作品が多い。とはいえ松本泰あたりに比べるとはるかに探偵小説の体は成しているし、むしろ時代を考えれば頑張っている方だとは思うのだが、正直、何を目指していたのかがよくわからない。

 山下利三郎はかの江戸川乱歩が「二銭銅貨」で「新青年」にデビューしたとき、同時に掲載された日本人作家の一人でもある。本書にも収録されている「頭の悪い男」がその作品で、これはそこそこユーモラスで楽しめる方なのだが、「二銭銅貨」と比べてはさすがに分が悪い。結果的に乱歩の露払いを務めるような恰好になったわけで、利三郎自身はその半年ほど前、1922年に既にデビューを飾っていたわけだから、その心中は面白いはずもなかっただろう。
 不幸なことに、その後も利三郎と乱歩は同じ誌面を飾ることも度々だったらしく、技量の差はますます明らかになる。それが理由だったかどうかはともかく、利三郎はやがてメジャーな舞台からフェードアウトしていく。
 利三郎に対し、乱歩は「あなどりがたい」というコメントも残しているらしいが、これはさすがにリップサービスの類であろう。当時のことだから本格ミステリらしきものを書く作家などほとんどいない。そんななかで利三郎は苦戦しながらもなんとか形にはしていったわけで、乱歩なりのエールだったのかとも想像する次第である。


テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 探偵小説三昧, All rights reserved.
ネット小説