fc2ブログ
探偵小説三昧

日々,探偵小説を読みまくり、その感想を書き散らかすブログ


Posted in "国内作家 山下利三郎"

Category: 国内作家 山下利三郎    01 15, 2012
山下利三郎『山下利三郎探偵小説選II』(論創ミステリ叢書)
 論創ミステリ叢書から『山下利三郎探偵小説選II』を読む。 昨年に読んだ第一巻のほう、『山下利三郎探偵小説選I』では主に前期の作品が採られていた。つまり乱歩が情操派と呼んだ作品の数々だが、以前の記事でも書いたとおり、正直、面白みは薄かった。時代を考えると探偵小説としてのスタイルはまずまず整っているのだが、当時の探偵小説にありがちなぶっとんだ部分が弱く、作品としての魅力には欠けていたように思う。 一方...

Category: 国内作家 山下利三郎    10 22, 2011
山下利三郎『山下利三郎探偵小説選I』(論創ミステリ叢書)
 寝る前にぼちぼち読んできた論創ミステリ叢書の『山下利三郎探偵小説選I』をようやく読了する。 山下利三郎は戦前の探偵作家。アンソロジーで短篇をいくつか読んだことはあるはずだが、ほとんど印象に残っておらず、まとまった形で読むのはもちろん初めてである。まずは収録作。「誘拐者」「詩人の愛」「頭の悪い男」「君子の眼」「小野さん」「夜の呪」「ある哲学者の死」「裏口から」「温古想題」「第一義」「藻くづ」「模人...

« »

12 2023
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

sugata

Author:sugata
ミステリならなんでも好物。特に翻訳ミステリと国内外問わずクラシック全般。
四半世紀勤めていた書籍・WEB等の制作会社を辞め、2021年よりフリーランスの編集者&ライターとしてぼちぼち活動中。

ツリーカテゴリー