FC2ブログ
ADMIN TITLE LIST
Selected category
All entries of this category were displayed below.

 M・D・ポーストの短編『馬匹九百頭』を読む。湘南探偵倶楽部さんの復刻版だが、本書は「知られざる中短編」という縛りで紹介してくれているもの。このシリーズは意外な拾い物が多くて、いつも楽しみにしているのだが、本書もなかなか小粋な作品であった。

 馬匹九百頭

 ハーグレーヴ青年はロンドンに駐在するニューヨークの宝石商の出張員。ある日、彼が社交場「エンパイア倶楽部」に顔を出すと、顔見知りの刑事部長ヘンリー・マークヰスがある暗号に頭を悩ませていた。それは新聞に掲載された「馬匹九百頭を汽船で積み出した」という広告だったが、そこに犯罪があるとヘンリーは睨んでいた。
 結局、知り合いの博士に解読を依頼するといって、その場を後にしたヘンリー。残されたハーグレーヴが寛いでいると、そこへ高貴な婦人が現れて宝石の鑑定を依頼する……。

 興味の中心は当然ながら暗号にあるのだが、早々に物語はハーグレーヴの宝石鑑定に移っていく。婦人がさる軍人らしき男から宝石を入手したいのだが、取引に残された時間は少ない。そこでハーグレーヴに鑑定と仲介も頼んでくるという展開である。
 読者としてはこの取引に胡散臭いものを感じるものの、宝石はハーグレーヴ自身が確認して紛れもない本物である。ではどこに落とし穴が待っているのか? そもそも暗号の件はどうなったのか?
 本格ミステリというよりはオチで読ませるタイプだが、ストーリーの展開やラストの演出がうまくて思わずニンマリ。ポーストのノンシリーズの短編はいくつか翻訳されているが、このレベルのものが多いのなら、どこかの出版社がまとめてもよいのではないかな。

 ちなみに管理人は本書で初めて知ったのだが、『馬匹九百頭』の「馬匹」は「ばひつ」と読み、意味としては「家畜用の馬」を主に指すらしい。もともと「匹」というのは馬の数え方であり、それが他の動物を数えるときにも転用されたということだ。ではなぜ「匹」が馬から出てきたのか、なぜ今では馬を「頭」と数えるのか、「匹」と「頭」の違いとは? このあたり、ネットで調べるとかなり面白かったので、もし興味ある方は「匹とは」あたりで検索するとよろしいかと。

テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌


 アンクル・アブナーの生みの親、M・D・ポーストの短編「胸の白薔薇」を読む。出典はグランド社が大正十四年に刊行した『探偵傑作集』。わずか二十ページほどの小品で、湘南探偵倶楽部さんが復刻したものだ。

 ある日の朝、マーシュという金貸しの富豪が自宅の屋敷で殺害された。死因は刃物による首への一撃。その日、銀行から引き出したはずの現金が盗まれていた。容疑は死体の発見者でもある、同じ屋敷で暮らす執事だった。執事の娘マリーは父親の無罪を信じるが、弁護士までが執事を見放す始末。
 そんなマリーが街中で呆然としているとき、彼女に話しかける一人の女性があいた。それは今、街で評判の美人女優ミス・ローランであった……。

 胸の白薔薇

 今だったら普通に警察の捜査でも十分解決しそうな事件だし、ちょっと強引な部分もあるのだが、時代やボリュームを考えるとさすがに内容云々をいってもしょうがない。むしろ、それ以外にいろいろ気になるところのある作品だ。
 たとえばポーストはアンクル・アブナー以外にも何人かシリーズ探偵を生み出しているけれど、本作に登場する女優探偵ミス・ローランは本作かぎりの登場なのだろうか。女優ならではの探偵方法というか、美人の売れっ子女優という立場を生かした捜査手段は良くも悪くも現代にも通じるもので、ちょっと気になる存在である。
 また、ポーストの作品にはヒューマニズムを常に感じることができるが、本作でもそれは変わらない。探偵役が裕福な階層というのは少し引っかかるけれども、社会的弱者に向ける著者の目は常に温かく、アメリカのもつ正義感がまだ真っ当な時代だったのだなぁと感じる次第である。

 なお、原作に関する書誌情報が、ネットで調べてもなかなか引っかからないのが残念。ご存知の方がいればぜひご教授を。

テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌


 メルヴィル・デイヴィスン・ポーストの『ランドルフ・メイスンと7つの罪』を読む。
 ポーストといえば、いわゆる〈シャーロック・ホームズのライヴァルの一人〉でもあるアブナー伯父シリーズが知られているが、もう一つ有名なシリーズものがあって、それが本書の主人公でもある悪徳弁護士ランドルフ・メイスンものである。

 このランドルフ・メイスンという探偵役がなかなか振るっている。困っている者を救うべく、その智力を活かすところは他の名探偵と共通だが、悪徳弁護士という誇称が示すとおり、彼は法の抜け道を探り、往々にして罪人すらも救ってしまう。正義感とかいうものはなく、ただただ自分の智力を試したいだけのために、である。
 まあ、よく考えりゃホームズだって似たようなところはあるわけで、メイスンはこういう名探偵のもつ危うい要素を全面的に打ち出したキャラクターというわけだ。
 このシリーズの後、ポーストはアメリカの正義を象徴するような探偵、アブナー伯父を書いていくわけだが、これは要するに裏表の関係であろう。ポーストはもともと法曹界の人間だったので、法のもつ力の恐ろしさや逆にその限界を日常的に実感していたはず。そういったジレンマや可能性を、まったく真逆の視点で描いたのがメイスンものとアブナー伯父ものということになるのだろう。

 ラント#12441;ルフ・メイスンと7つの罪

The Corpus Delicti「罪体」
Two Plungers of Manhattan「マンハッタンの投機家」
Woodford's Partner「ウッドフォードの共同出資者」
The Error of William Van Broom「ウィリアム・バン・ブルームの過ち」
The Men of the Jimmy「バールを持った男たち」
The Sheriff of Gullmore「ガルモアの郡保安官」
The Animus Furandi「犯意」

 収録作は以上。
 意外にバリエーションが少なくて、ほとんどの作品で扱われるのがコン・ゲームというか詐欺的な犯罪である。
 まあ、それはいいのだけれど、問題はメイスンの考える手が法の抜け道という以前に、倫理的には完全に犯罪であるということだ。当時の法体系がまだまだ未整備であり、つけいる隙も多かったのだろうが、法律的根拠がけっこうシンプルなだけに、メイスンがすごいというよりこんな法律で大丈夫かと、そういう感想しか持てない。
 少なくとも今の法律ではほぼ不可能だろうが、当時の事例としてどこまでリアリティがあるのか、本当にそれで法律上OKだったのか、そんなことばかりが気になって何だかスッキリしない読書になってしまった(苦笑)。


テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2020 探偵小説三昧, All rights reserved.