fc2ブログ
探偵小説三昧

日々,探偵小説を読みまくり、その感想を書き散らかすブログ


Posted in "海外作家 カミ, ピエール"

Category: 海外作家 カミ, ピエール    09 26, 2018
カミ『ルーフォック・オルメスの事件簿』(盛林堂ミステリアス文庫)
 先日読んだ『怪人ジキル』はまあとにかく怪書というにふさわしい一冊だったが、とりわけ殺人タンスの存在は衝撃的であった。さらに驚いたことには、この殺人タンスの元ネタがカミのルーフォック・オルメスものの一作であり、しかもその作品が盛林堂ミステリアス文庫で刊行される『ルーフォック・オルメスの事件簿』に収録される予定だと(※当時はまだ刊行予定だった)解説にあるではないか。 それはさっそく確かめてみなければ...

Category: 海外作家 カミ, ピエール    10 20, 2016
カミ『ルーフォック・オルメスの冒険』(創元推理文庫)
 『ルーフォック・オルメスの冒険』を読む。『エッフェル塔の潜水夫』や『機械探偵クリク・ロボット』で知られるフランスのユーモ作家、ピエール=アンリ・カミが書いた、同時代の名探偵シャーロック・ホームズをネタにしたパロディである。 まずは収録作。第一部 Loufock-Holmès contre tous「ルーフォック・オルメス、向かうところ敵なし」L'Assassinat de l'Accordeur「校正者殺人事件」La Tragique Affaire des Somnambules...

Category: 海外作家 カミ, ピエール    04 07, 2012
カミ『機械探偵クリク・ロボット』(ハヤカワミステリ)
 『エッフェル塔の潜水夫』で知られるフランスのユーモア作家、カミ。そのカミが残した探偵といえば、シャーロック・ホームズのパロディであるルーフォック・オルメスが有名だが、実はもう一人、いやもう一体というべきか、彼は探偵を創出していた。 本日の読了本は、カミの『機械探偵クリク・ロボット』。  クリク・ロボットはミステリ史上初のロボット探偵。四角い頭に鋼鉄の身体は無骨なれども、チェックのスーツと小粋なチ...

« »

04 2024
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

sugata

Author:sugata
ミステリならなんでも好物。特に翻訳ミステリと国内外問わずクラシック全般。
四半世紀勤めていた書籍・WEB等の制作会社を辞め、2021年よりフリーランスの編集者&ライターとしてぼちぼち活動中。

ツリーカテゴリー