fc2ブログ
探偵小説三昧

日々,探偵小説を読みまくり、その感想を書き散らかすブログ


Posted in "海外作家 デュレンマット, フリードリヒ"

Category: 海外作家 デュレンマット, フリードリヒ    06 27, 2018
フリードリヒ・デュレンマット『ギリシア人男性、ギリシア人女性を求む』(白水Uブックス)
 フリードリヒ・デュレンマットの『ギリシア人男性、ギリシア人女性を求む』を読む。 著者はスイスを代表する作家・劇作家だが、ミステリ系の作品も残している。その代表作といわれる『約束』を読んだことがあるが、ミステリの手法を借りてはいるものの純粋なミステリというわけではなく、この人の興味はあくまで社会の矛盾や不条理に振り回される人間を描くところにあるようだ。 そこで本作だが、白水Uブックスから出ているこ...

Category: 海外作家 デュレンマット, フリードリヒ    09 16, 2017
フリードリッヒ・デュレンマット『約束』(ハヤカワ文庫)
 フリードリッヒ・デュレンマットの『約束』を読む。 著者はスイスの劇作家にして小説家。彼の作品はこれまで光文社古典新訳文庫から出た短編集『失脚/巫女の死 デュレンマット傑作選』で読んだことがあるが、そのテイストは“奇妙な味”と通ずるところが大きく、ミステリではないにもかかわらず、ミステリファンにも十分楽しめる作品であった。 本書もその期待を裏切らない、実に不思議で魅力的な一冊である。 こんな話。 推...

Category: 海外作家 デュレンマット, フリードリヒ    09 22, 2012
フリードリヒ・デュレンマット『失脚/巫女の死 デュレンマット傑作選』(光文社古典新訳文庫)
 フリードリヒ・デュレンマットの『失脚/巫女の死 デュレンマット傑作選』を読む。デュレンマットといえばスイスを代表する戯作家であり小説家だが、日本での知名度はいまひとつ。とはいえ、この人はミステリも手掛けたことがあるし、犯罪をテーマにした小説も数多く残している。実際、早川書房からも『嫌疑』や『約束』といった作品が翻訳されているので、古いミステリファンには意外に知られているかもしれない。 まあ、そん...

« »

05 2024
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

sugata

Author:sugata
ミステリならなんでも好物。特に翻訳ミステリと国内外問わずクラシック全般。
四半世紀勤めていた書籍・WEB等の制作会社を辞め、2021年よりフリーランスの編集者&ライターとしてぼちぼち活動中。

ツリーカテゴリー