ADMIN TITLE LIST
Selected category
All entries of this category were displayed below.

 本好きの人が抱えている悩みはいろいろあろうけれど、その代表的なところといえば、これはもう本の置き場所である。なかには図書館派の方もおられるだろうが、事情さえ許せば自分の好きな本に囲まれて暮らしたいというのが本音ではないだろうか。
 かくいう管理人も学生の頃から、常にこの悩みとは隣り合わせ。その頃は六畳一間のアパートとかだったから、そもそもスペースが全然ないのだけれど、まあ働き出してからは引っ越しを繰り返し、その度に本を置くスペースを拡充させてきた。そして十五年ほど前に家を買って、ようやくこういう悩みとはサヨナラかと思ったのだが。
 本とはいうのはなぜこうも増えるのでありましょうか。
 結局、十年ほどで家にすべて置くことを断念。なんとレンタル倉庫を借りて、そこに蔵書の一部を突っこむことにした。まあ、レンタル倉庫といっても一坪もないレンタルBOXというタイプなのだが、それでも段ボールにして八十箱ぐらいは楽に入るからとりあえずは重宝する。そして数年。
 本とはいうのはなぜこうも増えるのでありましょうか。
 歴史は繰り返す。レンタル倉庫の収容能力がついに限界に達し、この週末に同じタイプのレンタル倉庫をもうひとつ借りてしまったのであった。本の収納に特化した家に建て替えたいと、真剣に思う今日この頃である。


 さて近況報告はこのぐらいにして(笑)。

 本日の読了本は『変格探偵小説入門 奇想の遺産』。「入門」とは謳っているが、日本の変格探偵小説を俯瞰的に論じた評論であり、少なくともミステリ初心者が手軽に読めるような入門書ではない。もう少しタイトルは考えてもよかったのではないかな。

 変格探偵小説入門

 それはともかく。
 内容は十分に面白い。そもそも変格とは何か、という話になるわけだが、謎解きを主とした本格探偵小説に対し、謎解き以外の要素を重要視した探偵小説という認識でよいだろう。それは怪奇や幻想、SF、冒険などの要素を含んだ多様な小説群である。「本格」に対する「変格」、語感としては本格より一段低いランクというイメージをもった変格ではあるが、日本の探偵小説の歴史は変格に始まり、戦後まではむしろ圧倒的に主流であった。江戸川乱歩に横溝正史、小酒井不木、小栗虫太郎、夢野久作、海野十三、城昌幸、橘外男、渡辺温、久生十蘭などなど。なんと豪華な面子っていうか、戦前のメジャーな探偵作家はほとんど変格なのである。

 探偵小説を探偵小説として認知させた要素は、謎解きでありロジックの面白さである。これらの要素が主であったから、それまでの小説とは異なるジャンルを形成し、市民権を得た。その「謎解き」を主としないミステリは、どうやってミステリとして成立できるのか。
 「本格」と「変格」という語を作りだした甲賀三郎は、この疑問があるが故に、本格と変格を区別したかった。その小説的価値は認めつつも、根本的なところで探偵小説としては認めたくなかったのである。
 ただ、変格の中にも論理はあった。それが非合理の合理主義=非論理の論理とでもいうべきもので、既成文学の枠を超えようとする乱歩の傑作は正にそれを体現したものであった。

 本書はそんな矛盾した存在である変格探偵小説の姿を、あらためて認識するための一冊である。そのものの歴史だけではなく、いくつかの作品を例に挙げつつ、時代の証言を掘り起こし、ときには時代背景や一般文壇も絡め、その文学的意義を掘り下げていく。非常に陳腐な表現だが、面白くてためになるとはこういう本のことか。
 戦前探偵小説のファンならぜひ。


テーマ:評論集 - ジャンル:本・雑誌



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 探偵小説三昧, All rights reserved.
ネット小説