ADMIN TITLE LIST
Selected category
All entries of this category were displayed below.

 かつて「外地」と呼ばれた土地を舞台にした探偵小説アンソロジーのシリーズ第三弾、『外地探偵小説集 南方篇』を読む。
 一冊目が満州、二冊目が上海ときて、三冊目の本書は南方が舞台。エリアとしては少々ざくっとした感じだが、本書でいう南方は主に東南アジア諸国、つまりはフィリピン、シンガポール、インドネシアあたりを指し、第二次大戦までは欧米諸国の領土だった場所だ。
 荒漠とした満州、混沌に満ちた国際都市上海とはまた異なり、南方のイメージは熱帯特有のエキゾチシズム&猥雑さだろう。戦記物ならいざ知らず、そんな舞台が果たして探偵小説とどこまでマッチングするのか。そんな興味も含めて読んでみた。

 外地探偵小説集南方篇

山口海旋風「破壊神(シヴァ)の第三の眼」
北村小松 「湖ホテル」
耶止説夫 「南方探偵局」
玉川一郎 「スーツ・ケース」
日影丈吉 「食人鬼」
田中万三記「C・ルメラの死体」
陳舜臣「スマトラに沈む」

 収録作は以上。日影丈吉と陳舜臣はともかくとして、相変わらずこのシリーズはレア度が高い。今回は山口海旋風と玉川一郎がお初のはずで、耶止説夫(歴史作家・八切止夫の別名義)、北村小松、田中万三記もアンソロジー等で短編を読んだことがある程度。レアな作家揃いであることは間違いなく、もうこの時点で満足なのだが、さすがにそれでは終われないので以下感想など。

 「破壊神の第三の眼」はシンガポール海峡のロバム島を舞台にし、宝探しを軸に据えた戦記冒険もの。暗号で味付けをしているところがミソなのだが、そのミソがどうにも低レベルで残念。ただ、1939年という正にその時代に書かれたこと、比較的ボリュームがあることもあって、当時の日本人の南方感を知るには悪くない。

 北村小松の 「湖ホテル」は、フィリピンで起こった殺人事件を描く。日本人のホテルオーナーが容疑者として逮捕され、その危機を救うというものだが、これまた出来としては今ひとつ、いや二つ三つぐらいあるか。

  「南方探偵局」は日本による占領直後のシンガポールが舞台。探偵好きのOLが探偵事務所に就職したのはいいが、仕事がつまらないものばかりだと憤慨。兄の転勤に便乗してシンガポールにやってきては、探偵事務所を開業するという一席。
 内容的にはこれもハズレなのだが、探偵をあえて南方で開業するという設定に着目し、戦時中に探偵小説を書けなくなった日本の探偵小説界にダブらせたのではないかという解説が興味深い。

 玉川一郎の 「スーツ・ケース」は最後にとってつけたようなミステリ仕立てになっているが、その実はユーモア小説。戦時中の日本の愚かさを笑っているようなアイロニーに満ちた作品で、よくこういうものが書けたなと最初は驚いたが、実際に書かれたのは戦後ということで拍子抜け。同時代であればその意欲だけでも相当なものだが、やはりそう簡単にはいかない。

  「食人鬼」は日影丈吉の作品だけあってやはりモノが違う。戦時中にあった食人という問題にアプローチした作品だが、その事実云々ではなく、食人という噂を立てられた帰還兵の追い詰められてゆくさまを描いていてお見事。

 フィリピンのミンダナオ島を舞台にした「C・ルメラの死体」は、本書中で最も探偵小説らしいスタイルをとった作品だ。ミステリとしてのネタは大したことがないけれども、戦時中のフィリピンにおけるスペイン系の人々の生活が描かれ、そんな風土だからこそ発生した殺人事件を描いていて興味深い。南方という舞台と探偵小説がマッチングした好例。

 陳舜臣の「スマトラに沈む」は実在の作家・郁達夫を題材にしたノンフィクション風作品で、出来だけでいえば「食人鬼」と並んで本書の中では頭一つも二つも抜けている。
 ただし内容としてはいいのだが、1965年に発表した作品ということで、このアンソロジーに入れること自体が釈然としない。単に外地の事実を伝えるとか、もしくは南方が舞台のミステリを集めるだけなら、まったく書かれた時代にこだわらなくてもいい。あるいは外地に対する認識の変遷を伝えたいというなら、むしろ平均的に書かれた時代を散らすべきだろう。
 しかし、本書の編集の意図はそうではないはず。それなら戦時中のマイナー作品をわざわざ探し出す必要もないはずだが、本書はあえてそれをやっている。それは(推測にはなるが)あくまで戦時中にリアルタイムで書かれた作品でまとめ、同時代の空気や認識を伝えることの方が重要だからではないか。南方を舞台にする同時代の作品が足りなかったという理由は考えられるが、良質なアンソロジーだけにその点が余計惜しまれる。

 なお、本書の解説では第四弾の”大陸篇”が予定されている旨書かれているが、本書が出たのは六年前ということで、どうやらそれっきり立ち消えになってしまった可能性は高い。とはいえ上海篇と南方篇の間にも四年ほどあったはずなので、もしかするとまだ進行中の可能性もないではない。ううむ。期待したいところではあるのだが。

テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌


 藤田知浩/編『外地探偵小説集 上海篇』を読む。かつて日本で外地と呼ばれた場所を舞台にした探偵小説アンソロジーで、同じ編者による「満洲篇」に続く第二弾である。
 日本が植民地化していた満州と異なり、上海はもともとヨーロッパの列強による干渉があった。アヘン戦争の結果、条約港として開港した上海では、イギリスやフランスが租界を形成し、その後、アメリカや日本が加わっていくことになる。その過程のなかで上海は中国、いや世界でも極めて国際的かつ混沌とした都市へと変貌していった。本書はそんな魔界都市“上海”を舞台とした探偵小説を集めている。

 外地探偵小説集上海編

松本泰 「詐欺師」
米田華舡 「掠奪結婚者の死」
白須賀六郎 「九人目の殺人」
木村荘十 「国際小説 上海」
竹村猛児 「盲腸炎の患者」
冬村温 「赤靴をはいたリル」
戸板康二 「ヘレン・テレスの家」
南條範夫 「変貌」
生島治郎 「鉄の棺」

 何はともあれこのラインナップの凄まじさ。「満洲篇」以上にマイナーどころが並んでおり、半分近くが読んだことのない作家である。
 まあ、この手の企画物の常として、探偵小説としての出来には少々目を瞑るしかないのだが(苦笑)、それでも読後の満足感はなかなかのものだ。
 もちろんその満足感は上海という都市の魅力によるところが大きい。単なる都市の描写が興味深いということだけでなく、街そのものが醸し出す怪しさが堪らないのである。扱われる事件も上海ならではというか、単なる犯罪のように見えても、その背後には何らかの陰謀が隠されているなど、プロットや設定も国際都市ならではの感がある。

 探偵小説としての出来には少々目を瞑るしかない、と先に書いたが、それでも印象に残った作品は少なくない。
 まずは白須賀六郎 「九人目の殺人」。七人のダンスマニアが連続して殺されるという事件がのっけから語られ、どうやって収拾するのかそちらが心配だったが(笑)、サスペンスとしては悪くない。展開は読めるけれど、ラストはちょっとした衝撃である。
 木村荘十「国際小説 上海」は探偵と犯罪組織のボスの駆け引きが、ホームズvsルパンや明智vs二十面相という構造を連想させて楽しい。
 竹村猛児 「盲腸炎の患者」はミステリ的にも医学的にもどうなのかという気はするが、この手のネタが既にこの時代にあったのかという、ちょっとしたトリビアとして興味深かった。
 戸板康二「ヘレン・テレスの家」は謎解き系、 生島治郎「鉄の棺」はハードボイルド系と、それぞれ持ち味は異なれど、さすがに安心して読める。

 ちなみに巻頭には当時の上海の地図をはじめ、風俗や犯罪についての解説が掲載されている。いわば当時の上海の予習というわけである。これを最初に読んでおくだけで、収録作に出てくる特殊な社会状況が頭に入りやすく、非常に便利であった。作品解説も充実しており、そういう意味でも本書の編集方針は実に素晴らしい。


 藤田知浩/編『外地探偵小説集 満洲篇』を読む。かつて日本で外地と呼ばれた地を舞台にした探偵小説を集めたアンソロジーの「満洲篇」である。
 すでに本書に続いて上海篇、南方篇も出ており、そちらも買ってはいるのだが、ふと気がつけばいつのまにか十年ものの積ん読である(苦笑)。本棚でたまたま目について、これではいかんとようやく読み始めた次第。
 まずは収録作。

大庭武年「競馬会前夜」
群司次郎正「踊子オルガ・アルローワ事件」
城田シュレーダー「満洲秘事 天然人参譚」
崎村雅「龍源居の殺人」
宮野叢子「満洲だより」
渡辺啓助「たちあな探検隊」
椿八郎「カメレオン黄金虫」
島田一男「黒い旋風」
石沢英太郎「つるばあ」

 外地探偵小説集満州篇

 満洲は現在の中国の東北部とロシアの極東部の一部を合わせたエリアである。戦前から戦時にかけての一時期、日本が植民地化して傀儡国家を作り上げていたのはご存じのとおりで、もともとの満洲民族はもとより中国人、ロシア人などさまざまな人種が混在し、文化のるつぼと化していた地でもある。
 もちろん多くの日本人も海を渡っていたが、そちらにしても、ひと山あてようと夢を抱く者、日本で挫折し、逃避先として選んだ者など、とにかく非常に混沌とした状況であったことは確かだろう。

 ただ、時を経て、実際の満洲を知る人は少なくなった。満洲は歴史的にも地理的にも近いようで遠い存在となり、私たちの多くは、いつのまにか満洲に対してエキゾチズムや幻想的なイメージを強く抱いているのかも知れない。
 そういったイメージを補完してくれるという意味で、本書はマニアックな一冊ながら、実は探偵小説ファンだけでなく、広くおすすめできる一冊なのではないだろうか。

 もちろん肝心の中身がお寒くてはオススメしようもないのだが、これが実に面白い。
 正直、探偵小説として驚くほどのものはないけれども、上で書いたように満洲の異国情緒や生活文化に対する興味が加味されており、しかもアンソロジーという性質上、作家によってアプローチが異なるから意外なほどバラエティーにも富んでいる。レアどころの作家がずらりと並んでいるのも、探偵小説ファンにとっては嬉しいかぎりだ。
 最後に作品ごとの感想など。

 「競馬会前夜」は論創ミステリ叢書の『大庭武年探偵小説選』にも収録されているので、今となってはありがたみが減ったもの、当時には珍しい本格系の作品。凝った作りではあるが正直いまひとつ。
 おそらく初めて読む作家、群司次郎正の「踊子オルガ・アルローワ事件」はミステリとしてのネタはたいしたことがないけれど、美人の踊り子とせむしの婚約者という構図がまず読者をひきこむ。加えてハルピンの魔窟などの描写も要注目で、雰囲気を楽しむにはもってこいの一作。
 城戸禮の別名と言われる城田シュレーダー「満洲秘事 天然人参譚」は暗号ネタでもあるが、むしろ秘境冒険ものとしてのほうが読みどころである。これも雰囲気で楽しめる一作。
 「龍源居の殺人」の崎村雅も初読の作家。意外に現代的なサスペンス小説でまずまず。
 「満洲だより」も論創ミステリ叢書で既読の一作。書簡形式というスタイルも特徴的だが、宮野村子の作品としては珍しくユーモラスで、結局は内地にいる主人公の妹や母親が事件を解決するという展開が楽しい。伏線もきちんと貼られている(わかりやすいけれど)。
 「たちあな探検隊」は渡辺啓助お得意の秘境冒険ものだが、あまり驚きもなく、出来はやや落ちる。
 「カメレオン黄金虫」は評価が難しい。短い割には展開が激しく、先を読みたくなるという意味では悪くない作品なのだが、少々、グダグダ感もあるのが難。
 島田一男「黒い旋風」はペストの流行を背景にし、そこで起こる殺人事件を描く。殺害方法がトンデモ系だが、それを含めておすすめ。個人的には本書中のベスト。
 「つるばあ」はロシア人や中国人、日本人が共に働く電力会社を舞台にしているという設定がまず目をひく。ミステリ的な驚きは少ないが、満洲という地ならではの人間模様やテーマが印象的だ。

テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 探偵小説三昧, All rights reserved.
ネット小説