fc2ブログ
探偵小説三昧

日々,探偵小説を読みまくり、その感想を書き散らかすブログ


Posted in "国内作家 妹尾アキ夫"

Category: 国内作家 妹尾アキ夫    05 02, 2020
妹尾アキ夫『人肉の腸詰』(湘南探偵倶楽部)
 湘南探偵倶楽部さんの復刻本から妹尾アキ夫の短編『人肉の腸詰(ソーセイジ)』を読む。湘南探偵倶楽部さんの復刻本はレアな作品が多いので、もう大して確かめもせずに注文を入れているのだが、今回はちょっと失敗。調べたら「人肉の腸詰」を収録している本を、すでに論創ミステリ叢書『妹尾アキ夫探偵小説選』と春陽堂書店『創作探偵小説選集 第3輯』の二冊も持っているではないか。でも中身はほとんど忘れていたので、まあいい...

Category: 国内作家 妹尾アキ夫    09 28, 2014
妹尾アキ夫『妹尾アキ夫探偵小説選』(論創ミステリ叢書)
 論創ミステリ叢書から『妹尾アキ夫探偵小説選』を読む。 妹尾アキ夫といえば探偵小説の作者というよりは翻訳者としてのイメージが強いのだが、昭和に入るあたりから創作にも手を染めており、実は四十作ほどの短篇も残している。本書はその中から短篇二十作、加えて評論や随筆をかなりの数、収録したものだ。 収録作(創作のみ)は以下のとおり。「十時」「ピストル強盗」「スヰートピー」「人肉の腸詰(「楠田匡介の悪党振り」...

« »

04 2024
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

sugata

Author:sugata
ミステリならなんでも好物。特に翻訳ミステリと国内外問わずクラシック全般。
四半世紀勤めていた書籍・WEB等の制作会社を辞め、2021年よりフリーランスの編集者&ライターとしてぼちぼち活動中。

ツリーカテゴリー