fc2ブログ
ADMIN TITLE LIST
Selected category
All entries of this category were displayed below.

 数日前に突然、瞼の裏側にゴロゴロした痛みと異物感が出た。最初はまつ毛でも入ったかと思っていたのだが、眼を洗っても、一日過ぎても一向に改善しない。我慢できる痛みではあるが、とても落ち着いて本を読めるような状態ではなく、仕方なく眼科にかかる。
 結果はなんと結膜結石との診断。石といってもカルシウムや脂質が固まったもので、これを取ったら嘘のように痛みは引いて、とりあえずはひと安心。しかし傷が付いているとのことで、しばらくは点眼液と眼軟膏をつける羽目になってしまった。
 これがまた厄介で、点眼液はともかく、眼軟膏の方はつけた後、視界が濁ってまったく読書にならないのである。まあ、一週間ほどの我慢でなんとかなるそうだが、目の大切さを改めて感じた次第である。読書家の皆様、くれぐれもご自愛ください。


 そんな状態なので読書ペースがガタッと落ちてしまったが、何とかダニエル・フリードマンの『もう耳は貸さない』を読了。

 こんな話。引退して数十年になる八十九歳の元刑事バック・シャッツ。心身ともに弱り、妻のローズも大病を煩い、今後についての選択を迫られていた。しかし、シャッツの信念が周囲との軋轢を生み、カウンセリングを受ける羽目になる。
 そんな時、ラジオ番組のプロデューサーからシャッツにインタビューの申し込みがあった。シャッツが過去に逮捕し、まもなく死刑を執行されようとしている男が、暴力的に自白を強要されたと主張しているというのだ……。

 もう耳は貸さない

 八十九歳の殺人課元刑事、バック・シャッツを主人公にしたシリーズの三作目である。
 正義を執行するという信念に燃え、若い頃はその荒っぽい捜査方法が非難の的にもなったシャッツだが、確かな結果を残し、周囲からは一目置かれる存在であった。八十九歳の今ではすっかり衰えたものの、それでも精神だけは変わらず、老いた体に鞭打って事件を解決したのが、一作目『もう年はとれない』、二作目『もう過去はいらない』である。
 もちろん“老い”というテーマはあるが、あくまでエンターテインメントとしての印象が強く、むしろハードボイルドのパロディという側面も強かったように思う。

 しかし、三作目となる本作ではかなりシリアスな路線に舵を切った。
 シャッツは認知症まで始まり、妻のローズにも大病が降りかかる。この先二人はどう生きていくべきか、現実を直視するどころか周囲と対立してしまうシャッツに、“老い”という問題の難しさを感じるが、問題はそれだけではない。
 シャッツがかつて捕らえた死刑囚が、シャッツの暴力的な捜査によって虚偽の自白をしたと主張し、それがラジオ番組で流されているのだ。こちらは死刑制度の問題についてクローズアップされており、シャッツの現状を重ね合わせることで、“正義とは何か”というより大きなテーマに踏み込んでいる。
 ストーリーはシャッツの現状と過去の事件の再現、ラジオ番組という三つのシーンで構成されており、これがまた理解を助ける意味で実に効果的。テーマが大きすぎることで明確な答えを導き出せていない恨みはあるが、非常に読み応えがあった。

 惜しむらくはミステリとしてはまったく弱いことだが、三作目にして単なるエンタメから脱却したことで、個人的には忘れられない作品になった。二作目から五年後に書かれた本作だが、著者も相当考えたのではないだろうか。
 ただ、ここまでくると次作はいよいよ最終作になる可能性も高くなり、できればこのまま終わってもらいたい気もするわけで悩ましいところである。


テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌


 今週は仕事が忙しなく読書時間が思ったほど取れず。かろうじてダニエル・フリードマンの『もう過去はいらない』を読み終える。第一作『もう年はとれない』が好評を博した伝説の元殺人課刑事、バック・シャッツを主人公にしたシリーズの第二作である。

 八十八歳となる元メンフィス署の殺人課刑事バック・シャッツ。前回の事件の傷がまだ癒えず、施設でリハビリに励みながらも歩行器を手放せない毎日に苛立ちを募らせている。そんな彼のもとへ、かつて浅からぬ因縁のあった銀行強盗イライジャが訪ねてきた。
 身構えるバックにイライジャが話した内容はまたく意外なものだった。何者かに命を狙われているので、助けてほしいというのだ。
 しかし、そんな言葉を額面通りに受け散るわけにはいかない。思わずバックの脳裏に1965年のあの事件が浮かびあがってきた……。

 もう過去はいらない

 元刑事の老人が主人公、しかもそのキャラクターが徹底的な独自の正義感に支えられたマッチョタイプ、加えてユダヤ系というマイノリティをバックボーンにしていることもあり、前作はとにかくキャラクターが際立った面白いハードボイルドに仕上がっていた。
 ただ”老い”や”正義”といったテーマは魅力的なのだが、いかんせんアプローチがあくまでエンタメの範囲内であり、さらにはここに宗教観や家族の問題までメインストーリーに絡んでくるとやや散漫な印象もあり。
 それはそれでいい面もあるのだが、著者にはやはりもう少しテーマを絞ってもらって、より突っ込んだものを書いてもらいたいというのは、あながち無理な注文というわけでもないだろう。

 著者のダニエル・フリードマンもその辺は意識していたのかもしれない。物語の推進力をキャラクターに任せているところは前作と同様だが、本作ではシリアスの度合いが増し、よりテーマの掘り下げに注力している印象。
 具体的には本当の”正義”というものについて様々な角度から検証を企てている。国家と個人、宗教、親子など、そのアプローチはなかなか多彩。まあ前作でも表面的な要素は似たような感じなのだが、やはりそれぞれの絡め方が粗すぎたり浅かったりという具合で、本作ではこれらが事件とうまくミックスされており、小説としての完成度は上がっている印象だ。
 ミステリとしても過去と現代、二つの事件を並行して描くのは悪くない。ただ、これをあまりやられるとそもそもシリーズ本来のテーマの意味が無くなりそうなので連発は控えてほしいけれど。

 ということで前作から確実にレベルアップした作品。シリアスに進むほどバック・シャッツの個性がやや曇る心配はあるものの、このテーマのまま進めるのは著者にも相当の覚悟が必要なはず。シリーズがあと何作続くかわからないが、ぜひとも期待したいところである(あとがきによると、第四作目までは出る予定らしい)。


テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌


 今年の各種年末ベストテンを見ると当然ながらいくつか気になるものもあり、とりあえずダニエル・フリードマンの『もう年はとれない』を読んでみる。八十七歳の元刑事を主人公にした異色のハードボイルドである。

 元メンフィス署の殺人課刑事バック・シャッツ。伝説の名刑事も遠い昔、今では健康状態が何より重要な御年八十七歳である。
 そんな彼のもとに第二次大戦時の戦友が危篤状態となり、シャッツを呼んでいるとの連絡が入る。しぶしぶ会いにいったシャッツだが、その戦友からシャッツがかつて捕虜収容所で拷問を受けたナチスの将校が生きていると告白される。しかもその将校が金の延べ棒を持っているという話まで持ち上がり、にわかにシャッツの周囲が騒がしく……。

 もう年はとれない

 まあ、これは言うまでもなく設定の勝利だろう。エド・ゴーマンの『夜がまた来る』とかL・A・モースの『オールド・ディック』とか、老人の主人公という設定そのものはそれほど珍しいわけではない。本作ではそういう先輩方の成功例を踏まえつつ、より極端に劇画化したイメージといえる。
 もちろん奇抜な設定だけでは通用しないことも事実。本作ではやや粗っぽいけれど意外性も含めて何とか着地成功したプロット、活きのいい会話やテンポのいいストーリー展開も魅力であり、トータルバランスも悪くない。
 作者の意識には老人問題などもあるだろうが、まずは良くも悪くもエンタメ志行が強い作品に仕上がっており、そのレベルで楽しむのがいいだろう。

 読みどころは当然ながらバック・シャッツの活躍である。
 活躍と入っても今ではパンチ一つ満足に繰り出せないし、記憶力も相当危うくなっている。そんなシャッツが若い頃のように減らず口をたたきながら、ときには老人であることを逆手にとって、調査を進めていく。この痛快さが最大の魅力なのだが、だからといって決して皆が賞賛するようなヒーローではなく、あくまで"くそじじい"の範疇だから楽しい。作者の匙加減が光るところだろう。
 ただ、上でエンタメ志向が強いとも書いたとおり、老人を主人公にした割には若干浅い感じは否めない。そういう物足りなさが、シリーズ化される中でどう変化していくか興味あるところである。


テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2022 探偵小説三昧, All rights reserved.