fc2ブログ
探偵小説三昧

日々,探偵小説を読みまくり、その感想を書き散らかすブログ


Posted in "国内作家 大河内常平"

Category: 国内作家 大河内常平    08 09, 2022
大河内常平『銀座不連續殺人事件』(湘南探偵倶楽部)
 大河内常平の短編「銀座不連續殺人事件」を読む。湘南探偵倶楽部さん発行の小冊子。  銀座で小さな商売をやっている嵯峨根から、相談に乗ってくれと呼び出された毎朝新聞の社会部記者、青木。どうやら地元でみかじめを取られているヤクザから、拳銃を無理に売りつけられて困っているという話だった。だが持っているだけでもトラブルの種だといい、嵯峨根は思い切り良く川に拳銃を投げ捨ててしまう。 ところが後日、その拳銃を...

Category: 国内作家 大河内常平    04 14, 2022
大河内常平『海底の情鬼』(湘南探偵倶楽部)
 湘南探偵倶楽部さん発行の小冊子から大河内常平の短篇『海底の情鬼』を読む。 相模灘に面した小さな漁村に似つかわしくないコンクリート造りの別荘があった。主人は東京の資産家の跡取り息子・隆次郎。彼は村人とは関係を持たず、通いの老婆、雑用係の漁師・徳治という若者だけを雇い、専ら魚類の研究に没頭していた。だが、そんな隆次郎の元に許嫁・冴子がやってきたばかりに、彼らの運命は大きく狂い始める……。  冒頭で隆二...

Category: 国内作家 大河内常平    08 08, 2015
大河内常平『九十九本の妖刀』(戎光祥出版)
 戎光祥出版の「ミステリ珍本全集」から大河内常平の『九十九本の妖刀』を読む。 ミステリ珍本全集は知る人ぞ知る怪作・珍作を出してくれる稀有な叢書。そのレア度やトンデモ度の高さは言うまでもないことだが、だからといって魅力はそれだけではなく、大阪圭吉や橘外男の作品など、絶版になっていたのが不思議なくらいの佳作も少なくない。 そこにいよいよ大河内常平の登場である。戦前・戦後にデビューした多くの作家が復刻ブ...

« »

02 2024
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
プロフィール

sugata

Author:sugata
ミステリならなんでも好物。特に翻訳ミステリと国内外問わずクラシック全般。
四半世紀勤めていた書籍・WEB等の制作会社を辞め、2021年よりフリーランスの編集者&ライターとしてぼちぼち活動中。

ツリーカテゴリー